「生物リサイクル工学特論」について
2015年4月9日
大学院生命体工学研究科
生体機能専攻
白井義人
講義の目的
廃棄物のリサイクルと資源化について生物機能を模倣、利用して合理的な
方法論を知らしめること。
講義の方法
毎回、廃棄物のリサイクルと資源化に関するトピックス的話題を提供し、生
物機能(代謝、競争、共生、寄生、進化等)と比較しつつ、合理的なリサイク
ル・資源化法について学生諸君と共に考察する。
講義予定
4月9日 講義方法の説明。リサイクルに関する基本的な考え方
「生ゴミからプラスチックの生産」
‐都市の肝臓‐
4月9日 ケミカルリサイクルについて
「グリーンプラスチックのケミカルリサイクル」
‐都市の食物連鎖‐
4月10日 地球温暖化とヒートアイランド
「生ゴミ肥料とビル緑化」
‐都市の共生‐
4月10日 都市ゴミ発電(バイオ発電)
「RDF発電の問題点とその解決」
‐都市のエネルギー代謝‐
5月14日 都市における廃棄物の輸送
「メタン発酵と下水官」
‐都市の循環系‐
5月14日 リサイクルにおける経済性とは?
「空き缶デポジットくじ」
‐都市の競争‐
5月14日 温暖化ガス削減と国際的取り組み
「パームオイル産業におけるメタンの削減」
‐地球規模の共生‐
5月15日 沙漠緑化と新エネルギー
「沙漠における太陽電池発電と水素エネルギー」
‐地球規模の競争と進化‐
5月15日 ゼロエミッション社会について
「廃棄物の資源化とゼロエミッション」
‐都市における競争、寄生と共生のための共進化‐
5月21日 公益社団法人日本工学アカデミー 九州支部講演会
「資源開発に関する国際活動と工学の役割」
13時30分~17時
北九州学術研究都市 遠隔講義室1(学術情報センター 1階)
「南米におけるリチウム資源開発プロジェクト」
北九州市立大学国際環境工学部 教授 吉塚和治
「九州工大マレーシア拠点(MSSC)におけるバイオマス再資源化プロジェクト」
九州工業大学大学院生命体工学研究科 教授 白井義人
「チリ共和国シエラゴルダ鉱山を例にした最近の銅鉱山開発について」
住友金属鉱山株式会社シエラゴルダ推進本部 技術部長 佐藤涼一
5月22日 ゼロエミッション社会実現シナリオ
「都市のゼロエミッションと環境産業」
‐都市の進化‐
5月22日 リサイクル社会批判
「これまでのリサイクル議論について」
‐進化した生態系としての都市‐
5月22日 目指すべき21世紀型環境都市
「生物リサイクル工学とは何か」
‐さらなる都市進化の方向性‐
6月11日 生物リサイクル工学討論会
6月11日 生物リサイクル工学討論会2
6月11日 生物リサイクル工学討論会3
成績と評価
出席と提出レポート及び生物リサイクル工学討論会における発言内容に
より評価する。特に、生物リサイクル工学の確立に貢献した意見や提案の
あったレポートには高い評価をつける。
国際的な環境問題について(1)
地球温暖化
酸性雨
沙漠化
オゾンホール
有害物輸出
海洋汚染
森林消失
・
・
産業構造、広域、政治
産業構造、広域、技術
産業構造、広域、経済格差
産業構造、広域、技術
産業構造、経済格差、モラル
産業構造、広域、政治
産業構造、広域、経済格差
キーワード
産業構造、広域性、経済格差
戦略目標
産業構造を経済格差を縮めつつ地球環境重視に!
戦略目標
産業構造を経済格差を縮めつつ地球環境重視に!
戦 術
・
・
・
・
・
・
・
・
省エネルギー
省資源
新エネルギー開発
技術開発
技術援助
経済援助
3Rの促進
廃棄物排出の低減
・
・
・
・
・
・
文化的常識の違い
経済的常識の違い
時間的常識の違い
政治的常識の違い
法的常識の違い
知識水準の問題
これら障壁に当たってしまう
さまざまな地域との積極的交流による
相互理解が重要かつ必須
次へ
ダウンロード

7thlecture