行動モデル夏の学校
モデル発表
愛媛大学 1班
福嶋 浩人 山本 朋広
吉良 北斗 春木 信二
分析方針




使用ソフト
使用データ
構築するモデル
使用したモデル型
R
買い物トリップのデータ
買い物施設選択モデル
MNL
基礎集計 年代
100%
1
90%
7
10
80%
70%
60%
1
5
6
43
17
40%
3
6
9
14
50%
30%
1
6
22
14
26
32
20%
10%
7
0%
0
ジャスコ松山
3
3
0
ジョープラ
12
13
フジグラン松山店 伊予鉄高島屋
2
3
三越 松山店
60代以上
50代
40代
30代
20代
10代
基礎集計 職業
100%
90%
9
80%
1
70%
7
19
7
11
5
20
13
7
17
29
4
1
1
60%
50%
40%
30%
5
9
1
20%
10%
11
18
0
1
7
2
4
14
2
13
35
5
1
5
0%
ジャスコ松山
ジョープラ
フジグラン松山店 伊予鉄高島屋
三越 松山店
その他
無職
アルバイト・パート
学生
主婦
自営業
会社員
基礎集計 曜日
100%
90%
7
6
4
12
28
80%
70%
60%
50%
40%
3
4
6
30%
20%
12
10
3
4
5
11
4
5
8
20
7
10
3
13
7
11
5
6
三越 松山店
6
3
3
3
4
7
8
ジャスコ松山
ジョープラ
フジグラン松山店
伊予鉄高島屋
10%
0%
10
8
日曜
土曜
金曜
木曜
水曜
火曜
月曜
基礎集計 出発施設属性
100%
90%
8
80%
70%
60%
7
6
1
2
2
8
50%
30%
20%
10%
23
37
2
2
3
2
1
2
1
1
2
1
16
8
1
1
3
2
5
1
1
3
9
4
1
1
2
5
40%
10
4
3
1
2
4
1
1
1
4
3
1
1
2
1
1
2
4
0%
ジャスコ松山店
ジョー・プラ
13
3
1
4
1
1
1
7
1
4
1
1
2
フジグラン松山店 伊予鉄高島屋
買い物施設
5
三越 松山店
自宅
勤務・通学・ハ ゙イト先
事務所・会社
個人宅
デハ ゚ー ト・モー ル
ス ー ハ ゚ー ・食料品店
娯楽施設
飲食店・喫茶店
本・文具・C D ショップ
洋品・雑貨・ス ホ ゚ー ツ
電気店・ホ ー ム セ ンター
床屋・美容室・サ ロン
ホ テル ・温泉・民宿
その他の商業施設
金融機関・郵便局
病院・医療施設
公共施設
公園・道の駅
駅
バス停
その他
推定結果
説明変数
推定値
t値
定数項
0.19
0.64
定数項
-0.28
-0.97
定数項
-0.23
-0.72
定数項
-0.26
-0.87
OD距離 (km)
-0.99
-9.78
会社員ダミー
0.69
2.30
パート・アルバイトダミー
1.95
2.59
男性ダミー
-1.31
-1.83
火曜日ダミー
1.88
3.83
出発地自宅ダミー
1.17
3.43
出発地スーパー・食料品店ダミー
1.67
2.56
60歳以上ダミー
1.82
2.65
20歳代ダミー
0.91
1.97
N
266
ρ2
0.266
2
0.236
ρ
Vtakashi

Vmitsuko

V f _ matu

V jasuko
V joepla

 1   5 xdistsance ,t   6 xkaisyain  11 xori _ home
  2   5 xdistsance ,m  13 xover60
  3   5 xdistsance , f  11 xori _ home  14 x20 age
  4   5 xdistsance , ja   7 x ptj  10 xtuesday

 5 xdistsance , jo   8 xman  12 xori _ super
•OD距離のt値が負に大きく作用している
•ジャスコで行われているイベントの影響
•他店から、ジョープラへの流入が多い
•60歳以上の人は、三越に訪れやすい
まとめ
基礎集計を行い、説明変数を吟味しつつMNL型
の買い物施設選択モデルの構築を行った。
今回は、吟味しすぎて政策に反映できるほどの
モデルには至らなかった。
ダウンロード

行動モデル夏の学校 モデル発表