〔Ⅰ〕モデルロケットライセンス取得方法
モデルロケットは、化学、物理、数学、技術、コンピューターによる設計や情報処理など、総合理科、
総合学習教育教材です。
使用する目的によりロケットの機種が異なりますので、目的により機種を選択して下さい。モデルロケ
ットは、旧通商産業省環境立地局通達第 499 号(現経済産業省)の主旨により、取り扱いに際しては、協会が
行う自主保安教育を受講するか、安全な打ち上げ実績を行い、従事者登録をしていただきます。
〔Ⅱ〕デルロケットライセンス登録方法
自主保安教育(ロケット教室)を受講することが、場所・時間の都合により受けられない方は、緊急措置
として、下記の方法で安全な打ち上げ実績を行いライセンス登録をして下さい。
(1)A8-3型エンジンとスターターセットを入手し、協会から送られたモデルロケット基礎知識を参
考に3回以上安全な打ち上げを行います。
(2)A8-3エンジンに添付されている協会検査合格シール(右図参照)、登録申請書、
登録費用を同封し現金書留、郵便振替、郵便為替のいずれかの方法で協会へ送付し
てください。当協会よりライセンスが送付されます。
御注意: 安価なエンジンが出回っているという情報を得ておりますが、簒証検査を受け
ていない可能性がございます。必ず当協会認証シールの有無をご確認くださ
い。認証シールがありませんと、ツイセンス登録が出来ません。
なお、ライセンス登録番号により、取り扱える範囲のモデルロケットエンジンが購入できます。教材用
機体は、ライセンスの提示が無くても購入できます。
〔Ⅲ〕初年度ライセンス(従事者証)登録費
ライセンス
1年
3年分前納
取り扱いできるエンジン
第4級ライセンス
3,500円
7,300円
A型、B型、C型
第3級ライセンス
3,500円
7,300円
A型、B型、C型、D型、E型、F型、G型
(1) 第3級ライセンスの取得方法
4級ライセンス取得後、協会の検定試験を受け、一定の成績により取得できます。
(2) 検定試験の受験方法
① 試験用紙の入手
返信用封筒(82円切手を貼ってください。)と「3級試験用紙希望」と記入したメモを入れて当
教会までお送りください。
②
検定試験の受験
教会から送られた試験用紙をご自宅等で受験してください。制限時間は定めていません。
③
解答用紙の返送
ご自宅等で受験が終了したら解答用紙を当教会にお送りください。
当教会で採点して合否をご連絡いたします。合格された方は、第3級のライセンスの手続きが可能
1/5
です。(手続きの方法は、合格のご連絡をしたときお伝えします。)
〔Ⅳ〕スターターセット購入方法
(1)当教会ホームページまたは、カタログより選び、注文書に記入して、
(スターターセット)
現金書留、郵便振替、郵便為替のいずれかの方法で協会へお送り下さ
い。
(2)モデルロケットを打ち上げるためには、スターターセット一式の他、
次のものが必要です。
① 006P電池(アルカリ電池以上の性能を有するもの)、②A8-3
エンジン(1 パック3個入り、イグナイターも付属しています。)、③ リ
カバリーワディング(1 パック
約 20 回打ち上げ分
パラシュートを溶かさないために、エンジンと
パラシュートの間に入れる難燃紙)が必要となります。
)
(電池・006P)
(エンジン・8-3)
(イグナイター)
〔Ⅴ〕協会ホームページ
http://www.ja-r.net/
特定非営利活動法人
日本モデルロケット協会
〒356-8691
埼玉県ふじみ野市上福岡 1-5-23 青柳ビル 4F
電話:049-266-5188
FAX:049-266-5198
2/5
(リカバリーワディング)
Japan
Association
of
Rocketry
特定非営利活動法人
日本モデルロケット協会役員一覧(平成26年度)
最高顧問
斉藤 成文
工学博士
東京大学名誉教授
元宇宙開発委員会委員長代理
東京大学名誉教授
顧問
吉田 忠雄
工学博士
元宇宙開発委員会安全評価部会長
学校法人 足利工業大学法人顧問
理事:会長
山田
誠
国際航空連盟 CIAM 日本委員
理事:副会長
桐生
亮
日本模型航空連盟理事
理事
西村
純
理学博士
東京大学名誉教授
元文部省宇宙科学研究所長
北海道宇宙科学技術創成センター会長
理事
秋葉
鐐二郎
工学博士
東京大学名誉教授
元文部省宇宙科学研究所長
NPO 子ども・宇宙・未来の会 会長
理事
的川
泰宜
工学博士
理事
森田
泰弘
工学博士
理事
天本
淳司
理事
和地 英麿
元(株)ロケットシステム専務取締役
理事
西條 寿雄
日本モデルロケット協会技術委員会委員
理事
濱田 修光
株式会社IHIエアロスペース
監事
雛田 元紀
監事
桝谷
評議員
安部 隆士
評議員
中村 久良
JAXA 宇宙航空研究開発機構名誉教授・技術参与
AXA 宇宙航空研究開発機構
宇宙科学研究所教授
イプシロンロケット・プロジェクトマネージャー
SED 宇宙技術開発(株)代表取締役副社長
工学博士
利男
宇宙科学研究所名誉教授
財団法人日本宇宙少年団監事
工学博士
東京大学教授
JAXA 宇宙科学研究本部教授
株式会社ナリカ取締役会長
(※元の表記の場合は、当時の所属組織名にて記載してあります。)
3/5
《 講 習 ご参 加 及ぴ従 事者 の皆 様ヘ 》
(1) モデルロケット発射台/コントローラー購入のご案内
下記の機材があれば何度でも(ただし確実に回収すれば)打ち上げることが可能です。
①
アルフア III スターターセット
¥9,800
(セットにはA8-3エンジンは含まれていません。)
スターターセットには、発射台、点火用のコントローラ、6回分のリカバリーワデイング、
ロケットキット一式が含まれています。
(2ページの図を参照してくだしください。)
発射台とコントローラーは全ロケットキットに使用できます。
ロケットを打ち上げるために別途購入が必要なものは、
・電池(006P) 注:アルカリ電池以上の性能のものを使用してください。
・エンジン(A8-3)
注:エンジン3本、イグナイター3個で1パックです。
・イグナイター(エンジンを購入すると含まれています。)予備イグナイター ¥970
・・リカバリーワディング
(1パック:6個入り)
(2)モデルロケットエンジンの購入について
① ライセンス未登録の方は、A型エンジンのみ購入することができます。
②
ライセンス登録され、モデルロケット第4級従事者証を取得された方は、経済産業省(旧通
産省)通達第 499 号の主旨による当協会の自主消費基準により、推力がA型エンジン(2.5 ニ
ュートン・秒)の4倍あるC型エンジン(10 ニュートン・秒)まで購入取り扱いが認められます。
(当協会傘下の従事者の方は、当協会自主消費基準を遵守するとともに、協会が検査した認証マーク
(右図参照)つきのエンジンを必ず使用して下さい。)
A8-3エンジン ¥1,850(1 パック、エンジン3個、イグナイター3 個入り)
B4-4エンジン ¥2,380(上と同様)
C6-3エンジン ¥2,730(上と同様)
(3) 教材は当協会ホームページの協会認定販売店より購入してください。すべて検査済みの認証
された教材です。なお、協会でも購入できます。
各種スターターセット、各種エンジン、ライセンス登録はすべて下記へお申し込み下さい。
〒356-8691
埼玉県ふじみ野市上福岡1-5-23
青柳ビル 4階
特定非営利活動法人
日本モデルロケット協会
電話:049-266-5188 FAX:049-266-519
TEL049-266-5188 FAX049-266-5198
(4)アルフア III スターターセット購入例
アルフア III スターターセット¥9,800 十 エンジン(A8-3)¥1,850
十 リカバリーワディング¥980 + 送料 = 送金額
4/5
第 4級 従 事 者 申 請 書
特定非営利活動法人
日本モデルロケット協会 殿
モデルロケット従事者登録を行うため、「模型ロケット白主総合教育講習制度に関する規程」第三条及
び第四条の主旨に従い、第八条の講習代替学習として協会指定の第4級用テキスト「ロケットを飛ばそう
モデルロケットエ学基礎知識」による安全な打ちあげ回収を3回行いました。
実績を担保する協会認証シール(下図)、登録費を添えて申請いたします。
第4級従事者登録票
打ち上げ実施日
20
年
〒
住
所
月
日 打ち上げ場所
-
都 道
区 市
府 県
町 村
アパート・マンション・寮等の名称:
ふ
り
が
氏
な
名
(姓)
(西暦)
性
別
(名)
男 ・ 女
Rh
生
年
月
日
電
話
番
号
年
月
日
血液型
+
E-mail
・
ABO
-
@
目本モデルロケット協会認定クラブ所属の方は、
クラブ名を記入して下さい
(1) 登録期間と送金方法(どちらかを囲んで下さい)
① 登録期間
(ア) 1年間 3,500円
(イ) 3年間
7,300円
② 送金方法
(ア) 現金書留 (イ) 郵使振替(送金費用が安い)
(郵便振替番号:00150-7-166254 口座名:日本モデルロケット協会)
(2) 送付先
〒356-8691
埼玉県ふじみ野市上福岡1-5-23 青柳ビル4階
特定非営利活動法人 目本モデルロケット協会
電話:049-266-5188
FAX:049-266-5198
5/5
型
ダウンロード

モデルロケットライセンス取得方法