Intercultural Collaboration Experiment
ICE 2002
京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻
(財)科学技術振興事業団
(株) NTT コミュニケーション科学基礎研究所
アジアにおける
インターネット利用者人口の急増
• 2000年のアジアのインターネット利用者数
– 7800万人
• 日本 2440万人 韓国 1670万人 中国 1460万人 台湾460
万人
• 1999年から65%の増加
• 2003年のアジアインターネット人口予測
– 1億8330万人
– アメリカ16280 万人
– 欧州1億6220万人
(http://cyberatlas.internet.com/big_picture/geographics/print/0,,5911_ 861481,00.html)
インターネット普及による
アジアの異文化コラボレーション促進
– WEBを通じた情報入手の増加
– email, BBSによる異文化コミュニケーションの機会の
増加, etc.
 アジアにおける真のパートナーシップ構築の可能性
の高まり
北米・ヨーロッパにおける連携に呼応するような提携
アジアの異文化コラボレーションをさえぎる壁
言語と文化の多様性
異文化を尊重した国際協力体制
• グローバリゼーションの傾向
– 第1フェーズ:プラットフォームの標準化
• e.g., 英語の国際共通語化
– 第2フェーズ:各国文化を尊重し、その中から
異文化コミュニケーションを通して、協力体制
を模索.
機械翻訳サービス利用による
言語バリア軽減の可能性
Webの多言語機械翻訳サービスの利用は,
異文化コミュニケーション促進に大きな役
割を果たす可能性を持つ.
arcnet/sangenjaya by
NTT Cyber Space Laboratories,
NTT Corporation
J-server by
日本語の記事を
マレーシア人は
マレー語で読む
WWW
translation
Japanese
Famous news site
www.asahi.com
by arcnetTM
Web
site
of Siti Nurhaliza
英語
日本語
Malay

English
by arcnetTM
他国の文化を日本語で
TransWEB
多言語コミュニケーションツール(I)
日本語,韓国語,中国語,
マレー語,英語間の翻訳機能
を持つWeb翻訳ツール
NTT Cyber Space Laboratories,
NTT Corporation
Copyright (C) 2002 Japan Science and Technology Corporation.
TransBBS
多言語コミュニケーションツール (II)
日本語, 韓国語,中国語,
マレー語, 英語の翻訳機能を
持つBBS
NTT Cyber Space Laboratories,
NTT Corporation
Copyright (C) 2002 Japan Science and
Technology Corporation.
Intercultural Collaboration Experiment
2002
東アジア諸国の大学間提携による異文化コ
ラボレーション実験
–
–
–
–
上海交通大学(中国)
ソウル国立大学, ハンドン大学(韓国)
マラヤ大学 (マレーシア)
京都大学 (日本)
実験のゴール
– 異文化コラボレーションソフトウェアの開発
とリリース
ICE2002 の特徴
母国語を用いてコミュニケーションし, 協同で異文化コ
ラボレーションソフトウェアを開発!
– アジアの多国籍ソフトウェア開発チーム!
– チームメンバは, 一度も対面することなくネット上で協力
してソフトウェアを開発!
• コミュニケーションスペースとスタイル
– コミュニケーションスペース: 多言語コミュニケーションツ
ールTransWEB and TransBBS.
– コミュニケーションスタイル: 基本的に自らの母国語を用
いて会話.
ICE2002 のチーム構成
• チーム構成
– 中国, 韓国, マレーシア, 日本から一グループ
ずつ. 計4グループで1チームを構成.
• 各国のグループ構成
– アドヴァイザ一人: 教員.
– リーダ一人: 大学院生もしくは若手教員.
– 二人以上のチームメンバ: 計算機科学の学部
学生もしくは大学院生. および, 異文化コラボ
レーションに興味を持つ社会科学の大学院生.
ICE2002 の二つのフェーズ
• Phase 1: ソフトウェアデザインフェーズ
– チームメンバに公開されたTransWEBと
TransBBSのプログラムソースをベースにした異
文化コラボレーションソフトウェアの設計.
– ゴール: システムデザインの提出.
• Phase 2: ソフトウェア実装フェーズ
– Phase1で提出された設計案をもとにしたソフト
ウェア開発.
– ゴール: 異文化コラボレーションソフトウェアの
完成とリリース.
ICE2002 のスケジュール
第1トラック
Phase 1: 2002年5月20日から4週間
アドヴァイザミーティングなどの調整期間1週間
Phase2: 2002年7月19日から4週間
第2トラック
Phase 1: 2002年10月6日から4週間
アドヴァイザミーティングなどの調整期間2週間
Phase2: 200211月17日から4週間
ICE2002 の成果公開方法
• 実験で開発された異文化コラボレーション
ソフトウェア
 2004年にWeb上で公開
• 実験を通じた分析結果など
 国際会議やジャーナルで発表
ICE2002 への参加方法
• オリジナルWebサイトを作成し, URLを提
出!
– アドヴァイザ,リーダ,メンバのプロフィールなど
を [email protected]
に!
• プロフィールの例:
– 性別, 年齢, 学部・専攻, 学年, 写真など
– 興味のある研究分野
– 言語の能力
第1トラック
参加者
We hope your join to the
Intercultural Collaboration
Experiment!
[email protected]
ダウンロード

TransAsiaプロジェクト構想