少子高齢化について



李
海
燕
2 商
3 学
0 部
7
0
6
8
はじめに

もともと高齢化社会とは人の寿命が延びる
ことであり、それ自体は悪いことではないが、
先進国の場合、生まれることもの数が減る
という「少子化」が「高齢化」と同時に進み、
大きな問題になっている。「出生率の低下」
と「平均寿命の伸長」が原因となり、「高齢者
比率の上昇」が加速するなかで、遠からず
「人口の減少」という事態に確実に直面する
と思う。
少子高齢化とは

少子高齢化とは、出生率の低下や、平均
寿命の伸びが原因で、人口に占める子供
の割合が減り、同時に高齢者の割合が増
えることをいう。
少子高齢化の原因



出生率の持速的な低下である。
経済発展に比例して出世率が低下することの基
本的な要因は、所得の増加以上に「子育てのコ
スト」が高まるためと考えられる。
高齢化の要因として、国民一人当たりの所得水
準の向上や医療サービスの充実等が高齢者の
平均余命の著しい伸長をもたらしたことも挙げら
れる。
少子高齢化進行の要因の背景

少子高齢化の進行は、戦後日本の急速な経済
発展と密接に関連しており、特に少子化の要因
の背景として、先程の報告書は、「経済社会の成
長の過程で見られる個人の多様な生き方の現わ
れ」、「女性の社会進出とそれを阻む固定的な男
女の役割分業意識と雇用慣行、さらにそれを支
える企業風土の存在」、「快適な生活の下での自
立に対するためらい」、「現在、そして将来に対す
る不安感」が関連しているとしている。
少子高齢化の影響



経済面への影響
貯蓄への影響
社会面への影響
少子高齢化への対応



少子化の要因への対応
経済面の影響への対応
社会面の影響への対応
中国高齢化の推移
終わりに

高齢者をはじめとする生活者が安心して豊かな
長寿社会を享受する高齢社会を築き上げていく
ためには、雇用、年金、医療、福祉、教育、社会
参加、生活環境等に係る社会のシステムが高齢
社会にふさわしいものとなるよう、不断に見直し、
適切なものとしていく必要があり、そのためには、
国及び地方公共団体はもとより、企業、地域社
会、家庭及び個人が相互に協力しながらそれぞ
れの役割を積極的に果たしていくことが必要であ
る。
参考文献















注1八代尚宏 少子・高齢化の経済学(市場重視の構造改革)
注2:阿藤 誠 講演「少子社会の現状と課題」(平成9年)
注3:阿藤 誠 講演「少子社会の現状と課題」(平成9年)
注4: https://www.jri.co.jp/RIM/2004/10asean.html
注5:八代尚宏 編「高齢化社会の生活保障システム」(平成8年)
注6八代尚宏「人口高齢化のマクロ経済的影響」(平成8年 NIRA VOL.9 NO.11)
注7八代尚宏「人口高齢化のマクロ経済的影響」(平成8年 NIRA VOL.9 NO.11)
注8八代尚宏「人口高齢化のマクロ経済的影響」(平成8年 NIRA VOL.9 NO.11)
注9:八代尚宏 少子・高齢化の経済学(市場重視の構造改革)
注10:阿藤 誠 講演「少子社会の現状と課題」(平成9年)(本稿p.149)
注11:吉田正己「少子化・高齢化の影響」(平成10年 NIRA VOL.11 NO.1)
注12:吉田正己「少子化・高齢化の影響」(平成10年NIRA VOL.11 NO.1)
注13: https://www.jri.co.jp/RIM/2004/10asean.html
注14 http://www.keieiken.co.jp/monthly/repo0307/03071-2.html
注15 :http://www.jaas.or.jp/pdf/52-2/p95-112.pdf#search='中国の少子高齢化'
注16 http://www.keieiken.co.jp/monthly/repo0307/03071-2.html
ダウンロード

少子高齢化について