ドゥモアゼルは、ヴランケン・ポメリー・モノポール社が
エレガンスとフェミニンをコンセプトに独自開発し、1985
年からリリースしているプレミアム・ブランドです。
ドゥモアゼルはフランス語で‘とんぼ’という意味も併せ
持っており、このブランドネームは、
ランスのレ・ドゥモアゼル地区にある、カステーニュ城の
庭園を飛びかうとんぼに由来しています。
Demoiselle Tête de Cuvée Brut
ドゥモアゼル・テート・ドゥ・キュヴェ・ブリュット
Chardonnay 80%, Pinot Noir 20%
上質なシャルドネのキュヴェのみを80%使用する
ことにより柔らかでエレガントかつフェミニンな
味わいを実現しています。
色はナチュラルな麦藁色を帯びており、パンの
トースト香と熟成感、爽やかな柑橘系フルーツの
風味があり、心地よい余韻が長く続きます。
1906年にアール・ヌーヴォー様式で建てられた「ヴィラ・ドゥモアゼル」の再建が終了し、
ドゥモアゼルシャンパンの製造拠点もエペルネからランスに移される予定です。
今後はシェフや芸術家を招き様々なイヴェントを展開し、ライフスタイルを提案する場所と
しての活用が期待されています。
ボトル下部にあしらわれたエンボスは、アール・ヌーヴォーのイメージを
デザインしたものです。
アール・ヌーヴォーは,1890-1914にフランスで生まれ、近代の技術と素材
を融合し、後に世界中へ広まりました。
シェフ・ド・カーヴを務めるドミニク・ピシャール氏は、
ヴランケン社に25年在籍するベテランです。
93%以上のクリュと言う素晴らしい品質を背景に、それぞれ
特徴のあるシャルドネをアッサンブラージュすることで、
上品でエレガントかつ複雑みのある味わいを実現しています。