糖尿病連携
-糖尿病と歯周炎の関係-
岩手県歯科医師会
口腔保健センター運営委員会
糖尿病の人は増えている
わが国における糖尿病患者数の推移
kcal/day
2300
g/day
×106
20
総エネルギー量(kcal/day)
90
2000
10
人口
千人対
16
タンパク量(g/day)
10
車の保有台数(×106)
50
5
脂肪量(g/day)
0
有病率(人口千人対)
5
10
1950
1970
1990
ライオン歯科研究所 編「歯周病と全身の健康を考える」医歯薬出版 2004 を一部改変
糖尿病(Diabetes Mellitus:DM)とは
インスリン作用不足 による慢性の高血糖状態
を主徴とする代謝疾患群
・インスリン供給不足(Ⅰ型糖尿病)
※ 膵臓のインスリン産生細胞(β細胞)のインスリン分泌不全
※ 小児や若年層に多く発病し、わが国では全糖尿病患者の5%以下
・インスリン抵抗性の増大(Ⅱ型糖尿病)
※ インスリンの標的細胞での作用不全の結果生じる糖代謝異常
※ 全糖尿病患者の90%以上を占め、いわゆる生活習慣病
糖尿病の合併症
1.細小血管障害(三大合併症)
1)糖尿病性網膜症
2)糖尿病性腎症
3)糖尿病性神経障害
2.大血管障害
1)脳血管障害
2)虚血性心疾患
3)糖尿病性壊疽
3.その他
高脂血症,慢性感染症など
この中に歯周病も含まれる
糖尿病の検査
1. 血糖検査
1)随時血糖検査:血液中のブドウ糖の濃度を測る.
2)空腹時血糖検査:空腹時における血液中のブドウ糖濃度
を測る.
3)ブドウ糖負荷試験:空腹時に75gのブドウ糖入りジュースを
摂取し,時間を追って血糖値を測る.耐糖能を調べる.
2. 糖化ヘモグロビン(HbA1c)
1)血液中の糖化ヘモグロビンA1cを測定する.血糖のコントロー
ル状態がわかる.
3. 尿糖検査
1)尿中に排泄されたブドウ糖を調べる.
日本歯科医師会ホームページより
血糖コントロールの指標と評価
指標
優
良
HbA1c(%)
5.8未満
5.8~6.5未満
FPG
80~110未満
110~130未満
2h-PG
80~140未満
140~180未満
糖尿病患者に対する歯周病治療ガイドライン
指標
不十分
不良
不可
HbA1c(%)
6.0~7.0未満
7.0~8.0未満
8.0以上
FPG
130~160未満
160以上
2h-PG
180~220未満
220以上
HbA1c:グリコヘモグロビン(%) 、FGP:早朝空腹時血糖値(mg/dL)
2h-PG:食後2時間血糖値(mg/dL)
化学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 改訂第2版 2007
インスリンの作用(血糖値を下げる)
グリコーゲン
血管
糖
肝臓
グリコーゲン
糖
糖
細胞
細胞
血液中のブドウ糖を筋肉や脂
肪などの細胞へ送り込む
筋肉
ブドウ糖が肝臓や筋肉で「グリコー
ゲン」 に合成されるのを助ける
グリコーゲン
脂肪
肝臓
糖
脂肪細胞
脂肪細胞でブドウ糖が脂肪
に合成され るのを促進する
糖
肝臓のグリコーゲンがブドウ糖に
分解されるのを抑える
インスリンの作用不足の状態
①インスリンの分泌がほとんど無くなってしまう
②分泌されるインスリンの量が少ない
③分泌されるインスリンのタイミングが悪い
④インスリンの働きが悪くなる(インスリン分泌に異常なし)
インスリンを受け入れ細胞(インスリン受容体)の問題
⇓
インスリンが効かなくなる状態を「インスリン抵抗性」という
インスリン受容体の働きが悪くなる原因
・ 肥満により脂肪細胞に多くの中性脂肪がたまることで
インスリン受容体の数が減り、インスリンの効きが悪く
なる。
・ 脂肪細胞からインスリンの働きを悪くする「遊離脂肪酸」、
腫瘍壊死因子(Tumor Necrosis Factor-α : TNF-α)が
分泌される。
・ インスリン受容体や細胞の中の情報を伝達する経路に
異常がある場合もある。
糖尿病とTNF-α
インシュリン
糖
血管
糖
インシュリン
TNF-α
血管
糖
P
ILR
受容体
基質
P
ILR
受容体
基質
P
PI3
kinase
GLUT4
細胞
糖
PI3
kinase
GLUT4
細胞
歯周病と糖尿病の類似点
慢性歯周炎
2型糖尿病
初期症状
ほとんど無兆候
ほとんど無兆候
年齢
35歳以上に多い
40歳以上に多い
生活習慣病とし
ての側面
あり
あり
自己管理
プラークコントロール
食事療法・運動
糖尿病が歯周病に及ぼす影響のメカニズム
網膜症
神経障害
腎障害
血管壁
血糖値上昇
糖
糖
糖
糖
糖
末梢血管障害
糖
糖
尿
病
性
合
併
症
大血管障害
コラーゲン合成阻害
歯根膜線維芽細胞の機能異常
微小循環障害
AGE の炎症性組織破壊
アディポサイトカインの炎症への関与
歯
周
組
織
の
障
害
ライオン歯科研究所 編「歯周病と全身の健康を考える」医歯薬出版 2004 を一部改変
歯周病が糖尿病に与える影響
慢性疾患(歯周炎)の存在
↓
炎症性物質のTNF-αが
多量に分泌
↓
TNF-αがインスリンの
働きを抑制
↓
血糖コントロールが悪化
↓
高血糖状態
ダウンロード

糖尿病と歯周炎の関係 (H24/2/1発表)