WHO/WPROの動きと
経穴部位標準化の今後
筑波技術大学保健科学部保健学科
鍼灸学専攻
形井秀一
WHO/WPROの動き
WHO/WPRO(西太平洋事務局)の推進する標
準化
1.経穴部位標準化
2.用語標準化(IST)
3.医療情報標準化(IS)
・MeSH(検索用の語句 )
・オントロジー(メタデータを記述する用語の定義)
・ICD対応電子カルテ用標準病名集
4.鍼灸研究法ガイドライン作成
現在の経穴標準化決定状況と今後
今後の検討事項
①361穴の中国語表記の確認
②361穴の英語表記の作成および決定
③関係各国に3カ国案の検討依頼
④10月31日~11月2日の公式会議決定
つくば市、10カ国前後、25~30名の参加予定
⑤WHOの公式本の出版;2007年予定
⑥各国語本の出版;WHO公式本出版以降
⑦普及本、経穴掛け図、経穴人形等の製作
2006年の会議
1.2006年3月(東京)
経穴部位標準化非公式会議
2.2006年6月27日~29日(韓国、大田)
経穴部位標準化特別会議
3.2006年10月31日~11月2日(つくば市)
経穴部位標準化公式会議
公式部位決定後の課題
1.国内教育機関、関係組織・機関への内容周知
2.国内での内容の検討
・古典の再検討
・解剖生理学的検討
・臨床的検討
3.普及のための国内版書籍等の出版
3.世界横断的検討
4.継続的見直し
ツボ研究の方法
1.文献学的研究
2.形態学的研究
①ツボの形態学的研究
②経絡の解剖学的研究
3.機能的研究
4.臨床的研究
今後のツボ研究の方向性
鍼灸全体の現状を分析し、
将来を見据えた計画を建てることが必要。
 それを踏まえて、
ツボ研究の方向性を明確にする。
 他の分野との関係を明確にした研究が必要。
①経穴と基礎研究
②経穴と臨床研究
③経穴と形態解剖学的研究

ダウンロード

スライド(パワーポイント)