本邦における肺移植の現状
―肺および心肺移植研究会 Registry Report―
第26回
2010年1月30日
肺および心肺移植研究会
(発表:獨協医科大学
2010/1/30
第26回 肺および心肺移植研究会
Registry Report
呼吸器外科 千田雅之)
肺および心肺移植研究会Registry Report
目的
本邦全体の肺移植の現状の把握,問題点の解析,移植施設間での
データの共有,移植施設外へのデータの公表
方法
•
肺・心肺移植研究会事務局でデータ収集
•
ファイルメーカーでデータベースを作成,各施設で入力したデータを
一括して集積・保存
•
2004年1月より,肺および心肺移植研究会で報告
•
2005年10月より「移植」誌上に報告
•
2009年末までの集計
2010/1/30
第26回 肺および心肺移植研究会
Registry Report
日本臓器移植ネットワーク登録患者数推移
60
56
50
42
42
46
44
45
38
40
33
27
30
20
20
10
14
6
0
2010/1/30
第26回 肺および心肺移植研究会
Registry Report
患者数
肺移植数年次推移
25
20
11
15
11
9
4
8
10
12
0
1
0
3
2010/1/30
第26回 肺および心肺移植研究会
Registry Report
3
1
3
2
0
1
3
2
1
1
3
4
2
4
心肺同時
8
11
9
4
5
生体
10
3
6
3
脳死両側
脳死片肺
7
適応疾患(脳死片肺移植) n=37
肺リンパ脈管筋腫症
1
4
特発性間質性肺炎
2
その他の間質性肺炎
6
20
閉塞性細気管支炎
肺気腫
4
2010/1/30
第26回 肺および心肺移植研究会
Registry Report
塵肺
適応疾患(脳死両側片肺移植) n=25
原発性肺高血圧症
2
1
肺リンパ脈管筋腫症
1
気管支拡張症/DPB
1
Eisenmenger症候群
12
心肺同時移植
1例を含む
閉塞性細気管支炎
3
肺気腫
その他の間質性肺炎
2
その他
3
2010/1/30
第26回 肺および心肺移植研究会
Registry Report
適応疾患(生体肺移植) n=88
生体肺移植の適応疾患
原発性肺高血圧症
11
1
1
特発性間質性肺炎
25
2
閉塞性細気管支炎
7
肺リンパ脈管筋腫症
気管支拡張症/DPB
肺気腫
7
その他の間質性肺炎
16
18
2010/1/30
第26回 肺および心肺移植研究会
Registry Report
Eisenmenger症候群
その他
活動性の状況
活動性の状況(H-J)
100%
1
2
90%
4
0
1
0
18
80%
70%
11
60%
V
IV
50%
III
II
40%
46
30%
27
20%
10%
0%
脳死
2010/1/30
第26回 肺および心肺移植研究会
Registry Report
生体
I
就労状況
移植後の就労状況
100%
1
0
6
90%
12
14
80%
70%
1
入院中
60%
自宅療養
50%
16
22
通学
家事就労
40%
30%
パートタイム就労
3
フルタイム就労
11
20%
10%
12
12
0%
脳死
2010/1/30
第26回 肺および心肺移植研究会
Registry Report
生体
移植後死因
移植後の死因
100%
1
90%
1
4
80%
2
70%
その他
1
60%
5
50%
40%
拒絶反応
3
30%
20%
10%
PTLD
1
感染
2
移植肺機能不全
2
2
3
0%
脳死
2010/1/30
第26回 肺および心肺移植研究会
Registry Report
手術関連死
生体
日本の術式別肺移植生存率
(%)
5年生存率
生体肺葉移植: 80.2%
脳死片肺移植: 74.9%
脳死両側肺移植:66.1%
5
年
100
累積生存率
生体肺葉移植
80
脳死片肺移植
脳死両側肺移植
(心肺移植1例を含む)
60
40
20
0
0
500
2010/1/30
第26回 肺および心肺移植研究会
Registry Report
1000
1500
2000
2500
生存期間(日)
3000
3500
4000
日本の肺移植施行例(2008年12月31日現在)
東北大学
獨協大学
京都大学
大阪大学
岡山大学
福岡大学
長崎大学
2010/1/30
第26回 肺および心肺移植研究会
Registry Report
脳死
生体
23
1
5
14
16
3
0
7
0
11
11
55
2
2
30
1
16
25
71
5
2
ダウンロード

本邦における肺移植の現状 ―肺および心肺移植研究会Registry Report―