SETAC Asia Pacific 2012 Meeting
The Society of Environmental Toxicology and Chemistry
Learning from History and Applying Advancing Science
to Build a Safer and Sustainable Environment
期間
2012年9月24(月)~27日(木)
会場
熊本全日空ホテル ニュースカイ
参加者
国内・アジア・欧米から計2,000名(4日間)
共催
国立水俣病総合研究センター、日本環境化学会、日本環境毒性学会、
日本水環境学会、大気環境学会(予定)
後援等
環境省(予定)、熊本県、熊本市(予定)、環境ホルモン学会
熊本県立大学
会場は、JR熊本駅から徒歩5分。JR博多駅~JR熊本駅は、新幹線みずほで35分。
演題〆切 2012年3月31日<ただいま受付中>
SETAC A.P 2012 meeting
会長 有薗 幸司(熊本県立大学 教授)
〒862-8502 熊本市月出3-1-100
Tel & Fax / 096-383-6062
熊本県立大学 環境共生学部 有薗研究室内
E-mail / [email protected]
http://www.setac-kumamoto2012.org/
SETACとは
SETAC(The Society of Environmental Toxicology and Chemistry :シィータック)は、環境問題の分析と解決、
天然資源の管理と規制、関連研究開発および環境教育に貢献する個人および研究機関によって構成される
非営利目的の国際的な団体です。
環境汚染物質および環境負荷に関する科学研究の促進と応用、環境科学教育および環境政策と政策意志
決定において科学を活用した活動をしています。
SETACの歴史は、1979年にSETAC North Americaが設立され、その後SETAC Europe(1989年), SETAC
Asia/Pacific(1997年), SETAC Latin America(1999年)が設立されました。
会員は全米、カナダおよびその他70カ国から構成され、会員数は約5,000名で、環境化学と環境毒性に関す
る学会としては世界最大の規模です。また、ここで発表される研究成果は、参加国の環境政策に大きな影響
を与えています。
セッション
1
2
3
4
5
6
7
8
9
a Air pollution
b Aerosol physics and chemistry
Aquatic toxicology
Bioaccumulation of organics and metals
Bioavailability
a Emerging chemicals
b Pesticides
An Exploration of the Safety of Major Surfactant Classes in the
c
Environment
Endocrine disrupting chemicals: monitoring and effect detection
a Environmental analytical techniques
Investigation of detection method about anti-malarial drugs in
b
environmental water
a Environmental chemistry & environmental biogeochemistry
b E-waste in Asia
c Rare earth environmental chemistry
a Environmental fate and processes
Understanding partitioning, sorption, and bioaccumulation processes of
b
organic contaminants Experimental methods and models
c Sorption and desorption processes
10 Environmental Omics
a
b
a
12
b
11
Environmental remediation
Remediation of contaminant sites
Fate and effects of pharmaceuticals and personal care products(PPCPs)
Pharmaceuticals and personal care products in the environment
13 Life cycle assessment and sustainability improvement;
a Marine and coastal pollution
14
b Conservation of Coral Diversity and Marine Health Assessment
15 Passive sampling in environmental monitoring
16 Pollution impacts and climate change
17 Manufactured nanomaterials
18 Human exposure and risk assessment
a Wildlife ecotoxicology
19
b Amphibian and Reptile Ecotoxicology
c Statistics in ecotoxicology
20 Challenges associated with intensive aquaculture
Risk assessment and management
21 a Integrated Risk Assessment and Management of Multiple Stressors
b Advancement in environmental risk assessment modeling of chemicals
22 Sediment/soil toxicology
23
a Environmental laws and regulations
b Water and sediment quality criteria (or Environmental Quality Standards)
Current Topics in Risk Evaluation and Risk Management of
a
24 Methylmercury
b Mercury and Heavy Metal Pollution, Science, and Policy
25 Others
学会参加費
事前申込
(8月24日迄)
8月24日以降
通常
学生
通常
学生
SETACまたは
共催学会会員
\50,000
\25,000
\60,000
\30,000
一般
\80,000
\40,000
\100,000
\50,000
参加は、事前にホームページから登録下さい。支払いは、クレジットカードが利用できます。
http://www.setac-kumamoto2012.org/
ダウンロード

2012年9月24(月)