消化器系のしくみと働き
1
消化器系のしくみと働き (→一方通行)
1.栄養素(炭水化物、蛋白質、脂質)の消化・吸収
2.消化管ホルモンの産生・分泌
3.免疫機能とバリア機構
2
①口腔内消化
食べ物が咀嚼され小さな塊に。体内の消化液と混ざ
りやすくする。
唾液(プチアリン)により炭水化物(でんぷんなど)を
麦芽糖に分解。(1gででんぷん5tを15分で溶か
す。)


3
②嚥下
口腔内消化後に喉頭の喉頭蓋が閉じ食物が食道に
送られる延髄の中枢で行われる無意識の運動→嚥
下反射

4
③消化管における消化
消化の主体は胃から十二指腸まで。完全に吸収可
能な栄養素。
胃→胃の中で筋肉運動で胃液(ペプシン、塩酸pH12)と混ざり食物は粥状に。
十二指腸→肝臓・胆のう・膵臓からの消化液と腸液
食物が入る時だけ開く
で最終段階の消化。
•
•
•
蠕動運動
食道の通過時間
・食べ物:5~6秒
・飲み物:1秒程度
消化は行われない
括約筋からなり
中性か弱酸性
になると開く
粘膜
5
•
•
胃
ペプシン→タンパク質を分解
十二指腸
腸液
肝臓、胆嚢、膵臓からの液
→炭水化物はブドウ糖。
蛋白質はアミノ酸。
脂質はカイロミクロンに分解。
蛋白質と結合し、血中を流れる(中性脂肪)。
6
④消化管における吸収
•
小腸→十二指腸、空腸(口側2/5)、回腸(残り)
全長約6-7m、1秒間に2.5㎝という速度で進む
内部の繊毛によって栄養素を吸収し、血管の中に運
び込んで全身へ送りこむ。
大腸
(水分を吸収する)
小腸
(主たる栄養素を吸収する)
7
肛
門
ダウンロード

PPT