Solar-Bによる自己相似
リコネクションモデルの検証
新田伸也(総研大・葉山高等研究センター)
目的:天体現象としてふさわしい新しい磁気
リコネクション・モデルを観測的に検証する。
天体現象としてのリコネクション:時間発展過程
例)太陽フレア:7桁の拡大
・空間スケールの巨大なダイナミックレンジで拡大する
グローバル・モデルが必要。
⇩
・自己相似的に拡大する新しい時間発展解
を発見した。(新田他01,02年、新田04年)
今回の発表:
フレア時のDimmingに注目して、Solar-Bによる本モデル
の観測的実証を目指す。
観測的検証の可能性
・Dimming
太陽フレア時に X-point の周囲が暗くな
る現象
自己相似モデルによる解釈:
『FRWによる密度の低下』
⇨ VA0で拡大し、inflowが存在する
はず!
2
~ 10 [s] の現象
1
~ 10 [km / s]
Solar-B でなら
時間分解可能 (cadence ~2[s] )
速度構造も観測可能
検証は可能!
Emission Measure
1.00
0.80
1.000
y
0.60
0.930
0.40
1.040
0.20
1.185
0.00 0.715
0.00 0.20 0.40 0.60 0.80 1.00
x
自己相似モデルの現象論
例)太陽フレア
最終的なスケール 8
Alfven速度
~ 10 [m]
6
磁場エネルギー ~10 [m /s]
25
~の典型例について
10 [J]
時間[s]
0  10
ス ケ ール[m]
出
0 10 ( t)
4
2
10  10 10  10 ( t) 0  1
4
10  10
2
2
4
2
8
~ 10
8
1
ダウンロード

PPT