実践情報社会論I
(デジタル時代の著作権とオープン化)
野口祐子
渡辺智暁
第4回 講義
2010.5.12
担当:渡辺
(*本資料のライセンスについては、最後のページをご覧下さい。)
今回のねらい
第一部
・「取引コスト」から見た著作権制度、ライセンス
・ライセンスとパブリックライセンスの違い
・オープンライセンス
・ライセンスの標準化・互換性確立の意味
第二部
・ライセンス互換性確立の事例:ウィキペディアの
ライセンス切り替え、フリーソフトウェア財団とク
リエイティブ・コモンズの摩擦
(要点先取り)
・著作物の加工や流通を促進させるためには、
(GPLやCCライセンスなど)オープンライセンス
を使うことはとても有効
・「いちいち個別に許諾をとらなくていいから便
利」という点が特に重要
・実はこの利便性は他にもいろいろな形で実現
されうるもの。
取引コストから見た著作権
著作権の原則:「許諾がなければ、利用してはいけ
ない。」
→著作権者から同意をもらわないと、複製、二次著
作物の創作、頒布などはしてはいけない
・例外はある。日本の著作権法のいわゆる権利制
限条項
・著作物性のないコンテンツもある(あるサイトの閲
覧回数、など)
・保護期間が切れたものは自由に利用可能
軋轢
・自由に利用できるような技術的環境(PC、デジ
タル機器、通信ネットワーク)
・無料で作品を提供し、利用してもらうことも歓
迎するような多数のクリエーター
・違法コピーに悩み、無料コンテンツとの競争圧
力に晒され、従来の複製・流通事業の将来を
案じるコンテンツ諸業界
DRMと取引費用
・権利者側の指定によるコントロールが可能
・デジタル技術がもたらす「利便性」を制限し、
権利者にとって安心できる環境を整える
・回避するのは違法
著作権法の目的
・著作物の「公正な利用」と「権利保護」を通じて、
「文化の発展に寄与」することが目的
→より強い保護、DRMや強力な執行を実施しな
ければ、文化の発展が阻害されるのでは?
→逆に、より軽い保護、自由な利用を促進する
方が文化の発展に寄与しやすい環境になっ
たのでは?
取引コストを減らす法と制度
1.作品・権利者のデータベース作成
(誰に許諾をもらえばいいか、わかりやすい)
2.権利者への連絡可能な、作品・権利者DB作成
(どこに連絡したらいいか、わかる/連絡できる)
3.権利の集中管理組織を設置/権利の原始帰属先一本化
(多くの作品/多くの権利者の許諾を簡単にもらえる 予算
が立てやすい)
4.強制許諾制度/権利制限/補償金制度
(交渉不要。許諾なしで使える)
※このような制度がなければ、許諾を得る作業は非常に大き
な負担になりかねない。 (cf. 前回の裁定制度の説明)
取引コストとライセンス
相対交渉の結果作成される利用許諾書(ライセ
ンス)
→当事者双方の事情、力関係が反映されてい
る。
…毎回条件交渉するのはお互い大変
法的有効性を確保するために、弁護士を雇うこ
とも。(= コスト)
ライセンスの雛形
・レディーメイドのライセンス
自分が以前使ったライセンスを使いまわす
(あるいは雛形を使い、細部は変更する)
→弁護士の介在も減り、低コスト。
パブリック・ライセンス
・「誰でもこの条件に従う限り利用できます」とい
うライセンス
・個別の交渉を省略できることになる。
・権利者が行方不明になっても、交渉が不要な
ので、問題なく利用できる場合も多い。
→著作物の流通を促進する上では、かなり強
力な手段。
取引コスト
・多数の権利者が、作品をパブリックライセンス
型の許諾の下で提供すると、その条件を満た
せる範囲の利用について交渉は一切不要に
なる。
…が、そもそも許諾される利用行為の範囲が狭
かったり、条件が厳しければ不都合が残る。
取引コストとオープンライセンス
・誰にでも利用を許諾する(パブリックライセンスである)
・複製と再配布を許諾する
・改変も許諾する
・商業利用も許諾する
・改変に必要なソースコードを提供する
(ソフトウェアの場合)
自由な利用を許諾するライセンス。
実質的に「他人による作品の改良・配布」の自由を担保。
→流通を強く後押しする効果がある。
が、まだ問題が。。
ライセンスの種類
オープンソース・ソフトウェアの場合、非常に頻
繁に用いられるのはGPLとBSD。
オープンソフトウェア・イニシアチブが、その他
のライセンスの認定作業を担当している。
現在66種類のライセンスが認定されている。
Mozilla Public License 1.1 (MPL)
W3C License
Ricoh Source Code Public License
NASA Open Source Agreement 1.3
Microsoft Public License (Ms-PL)
IBM Public License
…
利用者側の不都合
・ライセンスは数が少ない方がいい
・内容もわかりやすく書いてある方がいい
・異なるオープンライセンスがついているコンテ
ンツを組み合わせることはできるのか? (個
別に検討しなければならないのは大変)
→オープンライセンスが増えることで生じる、こ
れまでにはない種類のコスト
標準化・互換性確立
標準化
・オープンライセンスの数を減らし、利用者がライセ
ンスを理解・解釈する手間を減らせる
→かなり大掛かりな取り組みになる
互換性確立
・ライセンスの数はそのままに、「ほとんど同じ主旨
のライセンス」下にあるものを組み合わせて使え
るようにする
→個別のライセンスの改訂によってかなり実現可
能
何故オープンライセンスなのか?
・ソフトウェアやコンテンツを自由に利用できる
環境(PC、ネット)があるし、喜んで提供するク
リエイターもいる。
・自分たちに都合のより法制度は、権利保護が
もっと緩く、許諾を求めずに使えるような制度
・改正をしようと思うと、コンテンツ事業者などの
ロビー活動と正面衝突することに
→法制度はそのままに、自由な環境を立ち上
げるために、オープンライセンスを使う。
両刃の剣としての“Viral”な条項
「この作品を利用して二次著作物を作成したら、
その二次著作物も、この作品と同じライセン
スで提供しなければならない」
→様々に利用されるにつれて、同一ライセンス
下にある作品が増えていく
ところが、この条項を持ったオープンライセンス
が増えると、オープンライセンス間の断絶(組
み合わせ不可能性)が深刻に…
日本でも…
・ニコニコモンズ :対応サイトのみの自由利用向けのも
のもある。非営利の範囲は未定義。
・ピアプロ :サイト内のみの自由利用。
・NHKクリエイティブ・ライブラリー :非営利のみの場合
は、個人の宣伝もNG。;不法行為全般の禁止規定が
あり、反すると許諾取り消し。
・GFDL :改変履歴を保存しなければNG;ライセンス全文
を同封する義務;営利も許諾;Viral条項入り。
・CC :非営利の範囲は未定義。
・(Pixivコモンズも?)
参考資料
Open Software Initiative “The Open Source Definition”
http://www.opensource.org/docs/osd
Erik Möller et al. “Definition of Free Cultural Works”
http://freedomdefined.org/Definition
NHK クリエイティブ・ライブラリー 「利用のルール」
http://cgi4.nhk.or.jp/creative/cgi/page/Static.cgi?filename=rule.html
ニコニ・コモンズ「作品利用者向けガイドライン」
http://help.nicovideo.jp/niconicommons/use_guideline/
ピアプロ「はじめにお読みください」
http://piapro.jp/intro/
ピアプロ「キャラクター利用のガイドライン」
http://piapro.jp/license/character_guideline
渡辺&野口(2010)「オープンアクセスの法的側面:オープンアクセスの法的課
題:ライセンスとその標準化・互換性を中心に」情報の科学と技術 60(4).
pp.151-155.
ウィキペディアのライセンス事情
・ウィキペディア 2001年1月に開始
・当時はCCライセンスが存在しなかった。(CC ver.1.0は
2002年)
・GFDLを採用 (GPLを作成したフリーソフトウェア財団
によるライセンス)
・GFDLは本来はソフトウェアのマニュアル等を想定した
ライセンス(GNU Free Documentation License)->ウィ
キを想定して作成されていない
GFDLを使いたくないという意見
・文書を想定しているので使いづらい(表紙、裏表紙、
題扉、などの構造を持つコンテンツ向け)
・悪用されにくいように保護が固いが、悪用でない利用
も禁止するケースがある。
・CC-BY-SAの方が読んでわかりやすい
・柔軟な規定もある。
組合せをめぐる問題
・CC-BYやCC-BY-SAライセンスがついているFlickrの
写真を、ウィキペディアに掲載してもいいのか?
→GFDLとCCライセンスそれぞれの解釈による
→ウィキペディアがCCライセンスを採用していたら問題
なかった
主な選択肢
・別のライセンスで始めから出直し
→数年間の蓄積が活かせない
・ライセンスつけかえについて投稿者から許諾をとる
→どこにいるかもわからない投稿者も。本人確認のとり
ようがない匿名投稿も。
・ライセンス改訂を経た移行
→蓄積を活かせ、簡単な解決方法
(…と思ったが、実際には4年+の取組みに)
何に時間がかかったのか?
・ライセンスの改訂にはそもそも時間がかかる
・2005年に対立が先鋭化。ストールマンから見て「最低
限の自由を保護しない」ライセンスをCCが作成した。ス
トールマンはCCへの支持を撤回。
FSFとCCの溝
• ストールマンは信念の人
実現されるべき自由を念頭にライセンスを作成
• クリエイティブ・コモンズは実利重視、多くの異なる
考えの人を巻き込んだ連合を形成
多様なニーズのために多様なライセンスを作成する。
→摩擦に
主な経緯
・2005.11 ccLab発足。互換性の公式な模索
・2006.8 ウィキマニアでレッシグ=モグレン会合
・2006.9 GFDL 2.0 ドラフトが登場
・2007.12 ウィキメディア財団の決議
・2008.11. GFDL ver.1.3が登場
・フリーソフトウェア財団との交渉の結果、ウィキメディ
ア財団は2つのライセンスの併用に
・2009.1.-5. 全プロジェクトでの議論と投票
・2009.6. ライセンス変更の実現
考察:失敗しないライセンス選び
・多数がコラボレーションするようなサイト/コンテンツの
ライセンスを一度選ぶと、あとから付け替えることはと
ても難しい。
(ウィキペディアは運がよかった)
・ライセンスの改訂権を自ら持っておくことは、問題解
決につながるが、サイトの投稿者にとっては不安材料
にもなる。(「サイトが売却されたら/運営方針が変わっ
たらライセンスが大きく変わってしまうのでは?」「いい
ように利用(搾取)されるのでは?」)
考察(承前)
→「外部の信頼できる第三者が開発・改訂しているライ
センス」と「自前ライセンス」の併用がひとつの解決か
・サイトや集団ごとの文化・慣習があるので、それに即
したライセンスを開発すると、集団内では最も納得でき
る内容にしやすい
・ところが、それではサイト間の還流ができなくなる。
考察:コンテンツの還流のために
・サイト間のコンテンツの還流を簡便にするには、各サ
イトの共通ライセンスが鍵に。
・ライセンスの開発・改訂をしている団体間の連携が広
い範囲に受け入れられやすいライセンスを作る鍵に。
・「万人向けなので誰にとっても少し不便」なものができ
る問題もある。コミュニティ独自のこだわり、慣習などは、
「普遍」を目指すライセンスには組み込みにくい。
おさらい
・「取引コスト」から見た著作権制度、ライセンス
・ライセンスとパブリックライセンスの違い
・オープンライセンスの特徴
・ライセンスの標準化・互換性確立の意味
・事例:ウィキペディアのライセンス切り替え;フ
リーソフトウェア財団とクリエイティブ・コモン
ズ
参考資料:ライセンスおよびその解説
Mia Garlick, "Version 3.0 Launched " February 23, 2007
http://creativecommons.org/weblog/entry/7249
Creative Commons "Creative Commons Licenses"
http://creativecommons.org/licenses/
Free Software Foundation “GNU Free Documentation License”
(November 10, 2008更新版) http://www.fsf.org/licensing/licenses/fdl1.3.html
Free Software Foundation "FDL 1.3 FAQ" (December 21, 2008更新版)
http://www.gnu.org/licenses/fdl-1.3-faq.html
Free Software Foundation "FSF Releases New Version of GNU Free
Documentation License" November 3, 2008
http://www.fsf.org/news/fdl-1.3-pr.html
参考資料:互換性について
Lawrence Lessig "CC in Review: Lawrence Lessig on
Compatibility" November 30, 2005,
http://creativecommons.org/weblog/entry/5709
"An open response to Chris Frey regarding GFDL 1.3"
December 3, 2008
http://www.fsf.org/blogs/licensing/2008-12-fdl-open-letter
Eben Moglen “Document Licenses and the Future of Free
Culture” August 4, 2006, Wikimedia Conference
(Wikisource英語版保管分, September 25, 2008版)
http://en.wikisource.org/wiki/Document_Licenses_and_th
e_Future_of_Free_Culture
参考資料:ウィキメディア、ウィキペディア
での議論等
Erik Moeller “[Foundation-l] GFDL 1.3 Release” November 3, 2008
http://lists.wikimedia.org/pipermail/foundation-l/2008November/046996.html
Wikimedia Foundation “Resolution:License update” May 8, 2008版
http://wikimediafoundation.org/wiki/Resolution:License_update
Eloquence et al “Licensing_update/Questions_and_Answers” Meta Wikimedia,
January 22, 2009版
http://meta.wikimedia.org/wiki/Licensing_update/Questions_and_Answers
Eloquence et al “Licensing_update” Meta Wikimedia, January 25, 2009
http://meta.wikimedia.org/wiki/Licensing_update
Crazyeddie et al “Wikipedia talk:GFDL upgrade” English Wikipedia , August 6,
2004版 http://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia_talk:GFDL_upgrade
“Wikipedia:Wikipedia Signpost/2007-12-03/License compatibility” English
Wikipedia, January 18, 2008版
http://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:Wikipedia_Signpost/2007-1203/License_compatibility
参考資料:CCとFSFの摩擦
Benjamin Mako Hill “Towards a Standard of Freedom: Creative Commons and
the Free Software Movement”
July 29, 2005 http://mako.cc/writing/toward_a_standard_of_freedom.html
“rms vs creative commons @ copyright2005” dose, July 4, 2005
http://dosemagazine.blogsome.com/2005/07/04/stallman-et-al-atcopyright2005/
Richard Stallman “16 September 2005 (BBC Creative Commons)” Political Notes,
September 16, 2005 http://www.stallman.org/archives/2005-sepdec.html#16%20September%202005%20(BBC%20Creative%20Commons)
Richard Stallman “The Free Software Movement and the Future of Freedom”
March 9th 2006 http://www.fsfeurope.org/documents/rms-fs-2006-0309.en.html
参考資料:全般
David Bollier (2009) “Viral Spiral: How the
Commoners Built a Digital Republic of Their Own.”
New Press. (http://www.viralspiral.cc )
ライセンス
この発表資料を2種類のライセンスで提供し、利用者が選べるようにするために、利用許諾に関する注
意書きを以下に記します。
・ この発表資料は、CC-BY 2.1 JP (http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/ )でライセンスされて
います。
・ この発表資料は、CC-BY-SA 2.1 JP (http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/ )でライセンスされ
ています。
参考までに、本作品のタイトルは「ウィキメディア・プロジェクトにおける著作権とライセンス
展望と課題」で、原著作者は渡辺智暁です。本作品に係る著作権表示はなく、許諾者が本作品に
添付するよう指定したURIもありません。
ダウンロード

オープンライセンスと参加型コンテンツ・流通