セッション3
情報モラル教育の基本理念と指導
情報モラル指導者養成研修検討委員会
1
情報モラルを指導するために求められること
基本的な理念の理解
•情報モラルの範囲
•情報モラルの内容
•情報モラルの目的
基本的な理論の理解
•発達段階に応じた系統的な指導内容
•具体的な指導方法
•授業設計
2
情報モラルとは
情報モラル
中教審第一次答申1996年で初めて文科省で使われた
情報モラルの定義
「情報社会で適正な活動を行うための基になる考え方と態度」
(高等学校学習指導要領解説情報編 2000年3月)
3
「情報モラル」という言葉の内容
「情報モラル」の二領域
情報倫理(心を磨く領域)
•「相手を思いやる気持ち」
•「自分の言動(発信)に責任を持つ」など
情報安全(知恵を磨く領域)
•「個人情報の保護」
•「なりすましの危険から身を守る」など
4
なぜ情報モラルが必要とされるのか(1)
従来の日常モラルでは解決できない新たな課題やより慎重な
判断を要する局面が生まれる
→情報社会で求められる新しい課題への対応
「技術開発の進歩のスピードが急速なために,既存の法律や
社会制度では想定されていなかった新たな場面に直面する機
会が増えている。このような状況の下で社会の一員として適正
に活動していくためには,既存のルールやマナーを理解するこ
とに加えて,新たな場面に対応して新しいルールやマナーの
在り方などを考えていける力を養う必要がある。」
「新情報教育に関する手引き」(2002)
5
なぜ情報モラルが必要とされるのか(2)
道徳の徳目
•気持ちのよいあいさつ、言葉遣い、動作などに心掛けて、明るく
接する。(低)
•礼儀の大切さを知り、だれに対しても真心を持って接する。(中)
•時と場をわきまえて、礼儀正しく真心を持って接する。(高)
(小学校学習指導要領解説道徳編)
•不審なメールが届いた
•知らない人から書き込みがあった
•ネットで知り合った人から会いたいと言われた
新たな対応が求められる
6
なぜ情報モラルが必要とされるのか(3)
新しいコミュニケーションツールの登場による新たな課題
情報発信(ホムペやブログ、プロフ)
•個人情報の保護
•著作権の保護
•肖像権の保護
•人権侵害を防ぐ
情報の交流(メールや掲示板、チャット)
•ネットいじめ
•誹謗中傷
•不審者対応
•なりすましの危険
7
情報モラルの内容(1)
情報教育の目的
「情報活用能力」の育成
•
•
•
「情報活用の実践力」
「情報の科学的理解」
「情報社会に参画する態度」
(情報モラル)
8
情報モラルの内容(2)
情報倫理(心を磨く)
•情報機器を介したコミュニケーションの際に
「相手を思いやる気持ち」を大切にする
•メールや掲示板を使って情報を発信する際に
自分の発信内容に責任を持つ
情報安全(知恵を磨く)
•個人情報の保護
•なりすましの危険から身を守る
土台(情報の科学的理解)
情報社会における情報の特性やコミュニケーションに対する理解
9
情報モラルの内容(3)
情報モラルの内容と目的
情報倫理(心を磨く)
相手を思いやり発信に責任を持つ
ルールやマナーを守る
正しい判断力
情報モラルの実践力
情報安全(知恵を磨く)
情報社会の特性の理解
情報と安全に向き合う方法
10
情報社会における情報の特性(1)
1:情報の量と速さと集積密度
高密度の情報が瞬く間に地球を駆けめぐり,一瞬のミスが大
量の情報漏洩を引き起こす。情報の持つ社会的影響力の大きさ
を知る。
11
情報社会における情報の特性(2)
1:情報の量と速さと集積密度
高密度の情報が瞬く間に地球を駆けめぐり,一瞬のミスが大
量の情報漏洩を引き起こす。情報の持つ社会的影響力の大きさ
を知る。
2:情報の複製の容易さ
情報は容易に同じ物が複製される。そのため,一度ネットワ
ークに発信された情報は複製され続け,取り戻すことができな
い。
12
情報社会における情報の特性(3)
1:情報の量と速さと集積密度
高密度の情報が瞬く間に地球を駆けめぐり,一瞬のミスが大
量の情報漏洩を引き起こす。情報の持つ社会的影響力の大きさ
を知る。
2:情報の複製の容易さ
情報は容易に同じ物が複製される。そのため,一度ネットワ
ークに発信された情報は複製され続け,取り戻すことができな
い。
3:情報の可塑性
情報は次々とその形を変える。アンケートに答えただけなの
に,WEBページに載ったり,学校の学習活動の写真が不審な
サイトに掲載されたりする。
13
情報社会における情報の特性(4)
1:情報の量と速さと集積密度
高密度の情報が瞬く間に地球を駆けめぐり,一瞬のミスが大
量の情報漏洩を引き起こす。情報の持つ社会的影響力の大きさ
を知る。
2:情報の複製の容易さ
情報は容易に同じ物が複製される。そのため,一度ネットワ
ークに発信された情報は複製され続け,取り戻すことができな
い。
3:情報の可塑性
情報は次々とその形を変える。アンケートに答えただけなの
に,WEBページに載ったり,学校の学習活動の写真が不審な
サイトに掲載されたりする。
4:情報の双方向性
情報を受け取るだけでなく,誰もが情報を発信することが可
能になった。訓練を受けていない子どもたちのブレーキのかか
14
らない情報発信が始まっている。
情報モラルの指導内容(1)
15
情報モラルの指導内容(2)
モデルカリキュラムとその構成
情報モラル指導モデルカリキュラム表
16
情報モラルの指導内容(3)
情報モラルの5つの内容
1.情報社会の倫理
2.法の理解と遵守
3.安全への知恵
4.情報セキュリティ
5.公共的なネットワーク社会の構築
17
情報モラルの指導内容(4)
情報倫理(心を磨く)
情報社会の倫理
法の理解と遵守
公共的なネットワーク社会の構築
情報安全(知恵を磨く)
安全への知恵
情報セキュリティ
18
情報モラルの指導内容(5)
19
情報モラルの指導内容(6)
20
情報モラルの指導内容(7)
21
情報モラルの指導内容(8)
22
情報モラルの指導内容(9)
23
情報モラルの指導内容(10)
24
情報モラルの指導内容(10)
小学校
低学年
25
情報モラルの指導内容(10)
小学校
中学年
26
情報モラルの指導内容(10)
小学校
高学年
27
新学習指導要領に記載される小学校の情報モラル
28
情報モラルの指導内容(10)
中学校
29
新学習指導要領に記載される中学校の情報モラル
30
情報モラルの指導内容(10)
高校
31
目的に応じた多様な学習活動の実施
コミュニケーション実習
ケーススタディー
資料読解の学習
32
温度差の解消と系統的な指導の必要性(1)
33
温度差の解消と系統的な指導の必要性(2)
C小学校
B小学校
A小学校
34
保護者・地域との連携と啓発
「学校・家庭・地域が連携し,身近な 大人が児童生徒を見守る
体制づくりを行う必要がある」
文科省「学校における携帯電話の取扱い等について(通知)」
•学校便りや学校のWEBページ,学級通信等を用いて定期的
に情報モラルに関する取組を紹介
•フィルタリングや不正請求への対応などの必要な情報を提供
•保護者懇談会やPTAの研修会,地域の防犯組織の研修会
等の機会を利用して家庭及び地域への啓発を図る
点から線へ,線から面へと情報モラルの指導を広げる
35
ダウンロード

情報モラルの指導内容(10)