現代社会と現代法
自由権から社会権へ
そして・・・
1
貧困とロシア革命
 1917年 3月 ロシア三月革命
第一次世界大戦に疲弊したロシア
の労働者のデモが発端
・「パンをよこせ」
・「戦争反対」
1917年 4月 レーニンによるソビエト構想
⇒労働者・農業労働者・農民に
よる会議
1917年 11月 社会主義革命
2
貧困とドイツ革命と社会権
 1918年10月 水兵・兵士の反乱
水平の特攻命令拒否が引き金
 1918年11月10日 新政府樹立
社会主義共和国を目指す
1919年1月 革命派の鎮圧
1919年2月6日 ワイマール共和国樹立
ワイマール憲法=社会権規定
3
【参考】労働歌としての革命歌
 “インターナショナル”とは
→万国の労働者の連帯による抑圧から
の解放と革命への想い

http://www.geocities.co.jp/HeartLandNamiki/3684/kaihou/inter.htm
4
貧困の拡大と資本主義の修正
 1929年
ウオール街の株の暴落と
世界大恐慌
 1935年
(米)社会保障法制定
5
20世紀人権としての社会権
 第二次世界大戦後
~社会権の国際的承認~
1948年 世界人権宣言
・欠乏からの自由
1966年 国際人権規約
・社会権規定
6
世界人権宣言(外務省HPより)
7
国際人権規約(外務省HPより)
8
21世紀の資本主義国の法は?

1970年代からの不況と新自由主義の台頭

福祉の後退と個人責任=非福祉国家化?

中南米を中心とする社会主義国との比較は?
キューバ、ベネズエラなど
→Bolivarian Alternative
for the Americas 構想
9
ボリビアの社会主義化


2005年12月、大統領選を含む総選挙が前倒し実施され、左派先住
民指導者のモラレス社会主義運動党(MAS)候補が、保守派のキロ
ガ民主社会勢力(PODEMOS)候補を押さえ、53.7%の票を獲得して
当選し、2006年1月22日に就任した。
モラレス大統領は、貧富格差の是正、先住民の権利拡大を掲げ、
憲法改正の実現を目指している。また、米国主導の麻薬撲滅政策や
急速な経済自由化に強く反対し、天然資源による収益のボリビア国
民への一層の還元を主張。2006年5月には、炭化水素資源(天然ガ
スが中心)の「国有化」に係わる大統領令を発出した(実際には、株
式の過半数取得を目的に外国企業と契約を改正するとともに、生産・
輸送・精製・販売・価格決定に関する国家管理を強化する内容)。そ
の他にも、鉱業税制の改正、農地改革、等を推進しつつあり、今後の
動向が注目される。
10
ダウンロード

現代社会と現代法