第2回人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in京都
LRT高速・高頻度運行システムの開発
-NEDOエネルギー使用合理化技術戦略的開発のご紹介 -
(株)ライトレール 代表取締役社長
阿
部
等
http://www.LRT.co.jp
平成19年9月22日
1.研究開発の目的
• エネルギー使用合理化技術戦略的開発
– NEDO技術開発機構がテーマを公募
– 採択され平成18年11月~19年6月に取組み
• 最終目標
– 自動車から軌道交通へのモーダルシフトに
よる運輸部門の省エネルギー
• 技術開発の目的
– LRTの高速・高頻度運行を安全・低コス
トに可能とする安全運行システムを開発
– 待たずに乗れる、早く着ける!
1
2.実施内容と体制
FS1
システム仕様
に関するFS
汎用の技術・インフラ・機
器により経済的システムに
川崎重工業(株)
FS2
システム評価
に関するFS
機能性・安全性・安定性・
経済性の観点から評価
(独)交通安全環境研究所
|
大同信号(株)
FS3
システム有効性
に関するFS
LRT構想・既存地方鉄道
を調査し省エネ効果を試算
(株)ライトレール
2
3.システムの内容
ライトな軌道交通へ適用
(1)列車位置検出
GPS・各種センサー及び
マップマッチング等により
列車の位置・速度を検出
駅
列車
踏切
災害箇所
GPS
センター
地上汎用回線
携帯電話回線
(3)運転指示
他列車の位置・速度及び現地の
状況に応じ、各列車の運転席モ
ニタへ運転指示を表示
速度超過等の恐れある時はブ
レーキ指令
(2)データ通信
列車⇔センター、現地⇔センター、
直近の列車⇔列車間にてデータ通信
3
4.LRTと地方鉄道の調査
• LRT実現構想の調査
– 低速・低頻度運行のため利用少なく赤字
– 税金投入の社会的合意もまとまらず
– 首長は積極的でも、なかなか現実化せず
• 既存地方鉄道の調査
– 大多数は低速・低頻度⇒利用減⇒経営悪化
– 富山ライトレール
• 19往復、2,266人/日 ⇒ 64往復、5,172人/日
– 高速・高頻度運行と利用増の関係
• 平方根の法則 2倍→1.4倍、3倍→1.7倍
4
5.研究開発の結論
• LRT普及(地方鉄道LRT化含む)には
– 究極の高速・高頻度化の普及が肝要
• 本システムで低コストに高速・高頻度化
– 地方鉄道の利用増 → 経営好転 → 活性化
– LRTの利用増 → 経営好転 → 実現
• 今後の取組み
– システム試作、走行試験による評価
– 高速・高頻度運行と利用増・鉄道経営好
転・モーダルシフトの関係をより明確化
• DMV普及にも有効となる可能性あり 5
6.DMV活用パターン(往路)
学校
ターミナル
病院
A駅
住宅団地
B駅
C駅
観光地
D駅
6
7.DMV活用パターン(復路)
学校
ターミナル
病院
A駅
住宅団地
B駅
C駅
観光地
D駅
7
ダウンロード

LRT高速・高頻度運行システムの開発