DTMソフト開発
北海道情報大学 情報メディア学部
情報メディア学科 新井山ゼミ
0421605 迫 大志
前回までの成果
•
•
•
•
鍵盤見直し(作成)
描画ライン作成
オブジェクト設置部分の作成
etc…
今回までの進捗状況
• 上下、左右スクロール実装
開発成果
• 音の書込みテスト終了(別クラス)
– 単音のみ、演奏のテスト用に作成
• スクロールバー
– 条件を指定して動作範囲を絞り込み
• 移動をページ毎に想定
• 音が置かれてない時左右移動を制限
– 現在はテストのため動きます
開発成果
• ①Fileロード→MIDIコントロールクラス呼出し
• ②Sequencer生成→Sequence生成
• ③getSequencer()にてシーケンサー取得
• ④getSequence(File file)にて指定MIDIファイ
ルよりシーケンス(曲データ)取得
• ⑤start()により演奏
評価
• 演奏出来ないのは何故?
– シーケンサーにはJavaデフォルトのものを利用
– 家と学校PCの違いが不明
考察
• Exception
– MIDI OUT Transmitter avilable
– MidiOUTDevice
• 明示しても無反応
• Sequencerから色々な方法をとってみたが無反応
• そもそもMidiOUTDeviceはJAVA仮想環境内では暗黙
的にopen()されてるはず…
– デフォルトのシーケンサそのものがMIDI OUT に
対応してない?
• 何故か家ではうまくいく
• 違いは何処??
今後の課題
• DTMアプリケーションの開発を続行
– GUI外装作成
– 座標変換
– 仕様書作成
次回までの成果誓約
• オブジェクト(音)配置によるテストとデバッグ
ダウンロード

DTMソフト開発 - 北海道情報大学