求人情報の変更システムについて
公共職業安定所
『高卒求人情報WEBサービス』の利用方法
教育委員会 高等学校課
ここをクリックしてください。
①
②
ID・PASSは郵送で各学校へ来ています。
③
このページでいろいろなジャンルを選ぶことができます。
求人票の検索はここをクリック。
求人票番号での検索方法
検索したい都道府県を選択し
てください。
③
都道府県を選択後ここを選択
してください。
任意の所轄を選択
してください。
②
選択された安定
所が表示されます。
③
一覧表の中から希望の企
業名の番号を入力。
求人票が表示されます。
(インターネット公開了承済み企業のみ)
印刷ボタンで学校のプリンタ
で求人票を印刷できます。
他の検索方法
事業所名から検索したい場合。
都道府県を選択します。
所轄の安定所を選択します。
任意の事業所名
を入力すれば同
じように、求人票
が出てきます。
他の検索方法
条件から検索したい場合。
都道府県の選択
ここは同じ
④
ここの中の任意
の条件を選んで
意中の事業所の一覧が表示されます。
意中の事業所を選ぶと詳細が表示されます。
求人一覧表を一括してダウンロードできます。
※ただし、インターネット公開事業所のみです。
こちらを選んでください。
アクロバットリーダーが必要です。
希望の地域、職種などを選びます。
希望の職種を選択して選択マークをチェックします。
メッセージ
が表示さ
れるので
「開く」か
「保存」を
選択してく
ださい。
任意の求人一覧表が表示されます。(保存されます)
その他の情報
任
意
の
地
域
を
選
択
し
ま
す
。
その地域で行われる研修会が表示されます。
職場見学会の案内
検索方法を選ぶ
(例)
安定所から検索する場合は左
のような選択画面が出ますので、
任意の安定所を選びます。
職場見学を実施している企
業の一覧が表示されます。
企業を選ぶとより詳細な内容が表示されます
求人情報システムの変更点
進路担当者会のアンケート結果
1.就対協が送っている「求人情報」を活用
していますか
ほとんど活
用していな
い
23.6%
2.就対協の提供している「求人情報」は
必要ですか
その他
13.2%
かなり活用
している
30.9%
時々活用し
ている
45.5%
必要でない
11.3%
必要である
75.5%
求人情報システムの変更点
進路担当者会のアンケート結果
3.公共職業安定所の「高卒求人webサー
ビス」を御存知ですか
4.公共職業安定所の「高卒求人webサー
ビス」を活用していますか
知らない
14.5%
ほとんど活
用していな
い
40.7%
知っている
85.5%
かなり活用
している
35.2%
時々活用し
ている
24.1%
求人情報システムの変更点
進路担当者会のアンケート結果
5.求人情報として他校の「指定校」の
求人情報は必要ですか
その他
9.4%
必要でな
い
20.8%
6.就対協の「求人情報」に代えて公共職業
安定所のデータを活用することはいかが
ですか
その他
26.4%
必要であ
る
69.8%
非常に困
る
9.4%
特に困ら
ない
64.2%
求人情報システムの変更点
進路担当者会のアンケート結果
① 就対協の送っている求人情報を常時利用している学校は約30%
② 求人情報が必要な学校は75%
③ 職業安定所のWebサービスを使っている学校60%
④ 他校の指定校の情報が必要である70%
⑤ 就対協の求人情報に変えて、安定所の情報を使っても困らない65%
安定所からの情報提供へのシフトを提案
求人情報システムの変更点(現在)
各安定所
求人票受付
就対協
● 一覧表
各学校
● 求人票
● 一覧表
の送付
データベース
生徒への情報提供
問い合わせ
有益な情報
求人票の送付
企業等への
問い合わせ
求人情報システムの変更点(変更案)
各安定所
求人票受付
就対協
一覧表データ
各学校
FAX送信
生徒への情報提供
有益な情報
問い合わせ
求人票送信
企業等への問い合わせ
県外からの求人一覧表
従来とおり情報提供
WEBサービス
情報・一覧表
のサービス
求人情報システムの変更点(変更案)
変更点のポイント
① 就対協では新たにデータベースを作成しない
② 求人情報は、安定所の作成した物を利用する。
③ 一覧表からの問い合わせは安定所に行う。
④ 県外の求人に関しては従来取りの方法で行う。
⑤ 基本的に安定所のWebサービスを各学校で活用する
以上の変更点をよろしくお願い申し上げます。
ダウンロード

高卒求人情報WEBサービスの利用方法について