【戦略キーワード】 地域別計画 コミュニティ機能の再生による「住んでい
(み)たい場所」づくり
若者からの青森学発進事業~いつか青森に帰ってこいよ~
【現状と課題】
■現状
○青森県の人口減少は著しい。
・昭和55年→約152万人(71百人)
・平成22年→約137万人(32百人)
※()は今別町
・奥津軽駅開業を控える今別町は
人口減少が著しい。
○若者の流出
高校を卒業後、大学進学等で首都圏
等県外に流出していく若者は4千人(平
成23年4600人)を超える。
(H23庁内寺子屋P資料より)
○青森県のイメージ
高校生とのWSにより、「田舎」「貧乏」
といった意見が多くある。
■課題
若者の流出の歯止めとして、「青
森県を常に意識させる」といった意
識醸成と仕組みが必要。
・青森県を知る。
・青森県に帰ってくるための環境づ
くり。
【事業内容】
【事業効果】
取組1 「青森人の集い」(仮)の開催
●青森県を特長を知ることで青森を
考え、見直すキッカケとなる。
首都圏に在住する若者を主な対象として青森県出身者、青森
県に縁のある方や青森県を大好きな方々を講師に招き、青森
県の良さや魅力を伝え、改めて青森県を知ることを目的としたシ
ンポジウム「青森人の集い」(仮)を開催する。
●青森県内の特産品等の取材を通
して、就業意識の醸成が図られる。
取組2 「青森市場」(仮)の開催
首都圏に在住する大学生を主体となって青森県の特産品等を
販売する「青森市場」(仮)を開催する。
なお、販売に関しては、大学生が青森県内の特産品等を所有
する企業を取材し、その取材内容をもとに販売する。
特に2015年度に開業予定の北海道新幹線奥津軽駅周辺の
今別町にある特産品などを重点的に販売する。
・協力予定企業等:合同会社袰月海宝、
今別町商工会(もずくうどん)、
木戸食品、大鰐振興、
食彩八幸など
取組3 「青森講座」(仮)の開催
青森県内で起業やコミュニティ
ビジネスなどに取り組んでいる方
や青森の歴史・文化に知見を持
つ方々を講師として招き、青森の
現状を知ることで将来青森での
生活を想起させる講座を開催する。
●青森県内の企業と首都圏の消費
者との間を学生が介在することで、
学生による起業、ビジネスの芽が
期待できる。
●青森県の現状や歴史・文化を知
ることで青森の相場観を体得でき
る。
●青森県(ふるさと)への愛着心が
涵養される。
いつか青
森に帰っ
てくる
ぞ!!
ダウンロード

若者からの青森学発進事業概要 313KB