低速小型多価イオンビーム装置の開発
~イオンビーム偏向器、及びビームプロファイルモニター~
環境計測 太田哲朗
目的
・ イオンビーム偏向器の開発
― ビーム位置、角度の操作
・ ビームプロファイルモニターの開発
― ビームの形状を知る
14 Feb 2003
環境計測 卒論発表会
1
装置開発の現状と問題点
イオン源、レンズ、質量・電荷分析器は開発済み
― 質量・電荷分析器により特定の電荷・質量のイ
オンを抽出することができるのはわかっている
が、ビームの形状はわからない
― イオントラップにビームを入れるにはビームの形
状をわかった上で、位置、角度の操作が必要
イオンビーム偏向器
プロファイルモニター
14 Feb 2003
環境計測 卒論発表会
2
イオンビーム偏向器
平行移動距離
V(l12+l1l2)
2aV0
V:電極板間の電位差 l1:電極板の長さ l2:2組の平行電極板間の距離
a:電極板間の距離 V0:イオンの加速電圧
V=100Vで3.2㎜
Ar+
V0=1200V
14 Feb 2003
移動距離
a=20㎜
l1=30㎜
l =20㎜
環境計測
卒論発表会
2
3
イオンビーム偏向器完成品
100㎜
絶縁物
14 Feb 2003
支持板
電極板
環境計測 卒論発表会
4
プロファイルモニター
MCP ー 2次電子を増倍、電子雲の形成
Wedge&Strip Anode ー 3つの電極の電荷比により位置を決定
Electron Absorber ― 外壁から出た2次電子を吸収
Electron Absorber
MCP
イオンビーム
チャンネル
Strip
Wedge
Y
(
電子雲
)
垂
QS 直
QM QS 方
向
QM QMQM
QWQWQWQWQW QM QS QS QS
アノード
電子雲
14 Feb 2003
QW QM QS
X=2QS / (QW+QS+QM)
Y=2QW/ (QW+QS環境計測
+QM)
卒論発表会
5
X(水平)方向
プロファイルモニター完成品
Electron Absorber
(厚さ1mm、内径44㎜、
外形90㎜)
MCP(厚さ1mm、直径50㎜)
Anode(直径48㎜)
14 Feb 2003
環境計測 卒論発表会
6
ビームの形状の測定
イオン種 : Ar+ 加速電圧 :1200 V 真空:3.0×10-6 Torr
矩形スリットで整形
垂直
0.5㎜
1.0㎜
分裂
水平
垂直
14 Feb 2003
環境計測 卒論発表会
水平
7
テスト実験
1.線形性の測定
2.偏向器の動作確認
1. 線形性
Electron Absorber上に銅メッシュのシートを置き、ビー
ムを水平・垂直に振りメッシュの形をモニタリング
コイル
14 Feb 2003
環境計測
イオンビーム偏向器
卒論発表会
プロファイルモニター8
比
較
実際のメッシュ
メッシュ幅0.42㎜
16mesh/inch
14 Feb 2003
プロファイルモニターによりモニ
タリングした図
環境計測 卒論発表会
9
メッシュの影の中心
1格子
メッシュの影の中心のチャンネルを格子数に対してプ
ロット
14 Feb 2003
環境計測 卒論発表会
10
450
mesurement
fitting
水平方向 Channel Nunber
400
350
300
250
200
0
5
10
15
20
メッシュ格子数 (個)
水平方向の線形性
14 Feb 2003
環境計測 卒論発表会
11
450
mesurement
fitting
垂直方向 Channel Number
400
350
300
250
200
0
5
10
15
20
メッシュ格子数 (個)
垂直方向の線形性
14 Feb 2003
環境計測 卒論発表会
12
2. 偏向器の動作確認
電極板に0V から順に20Vずつ電位差を与えビーム中
心の移動距離を測定
実験値
フリンジングを考慮したシミュレート値
計算値
移動距離 (mm)
3
V(l12+l1l2)
2aV0
2
1
0
0
14 Feb 2003
20
40
60
環境計測 卒論発表会
電極板電位差 (V)
80
100
120
13
結果
・ プロファイルモニターが完成
・ プロファイルモニターでビーム形状を知ることが可能
・ イオンビーム偏向器でビーム操作が可能
14 Feb 2003
環境計測 卒論発表会
14
終わり
-To Be Continued-
14 Feb 2003
環境計測 卒論発表会
15
おしまい
1.目的
10.テスト実験 線形性(グラフ)
2.問題と現状
11.テスト実験 線形性(水平線形性)
3.イオンビーム偏向器
12.テスト実験 線形性(垂直線形性)
4.完成品
13.テスト実験 偏向器の動作確認
5.プロファイルモニター
14.結果
6.完成品
7.ビームの形状
8.テスト実験 線形性(実験装置図)
9.テスト実験 線形性(メッシュ図)
14 Feb 2003
環境計測 卒論発表会
16
MCP Detector
光学系:CCD camera
・ 高解像度のカメラが必要
・ 解析プログラム
Interpolative anode array:multiple ande
・ アノードが多く回路が複雑
理屈上限界
・ アンプの量の問題
Resisitive anode
Wedge&Strip anode
3つ、4つの信号の電荷比で位置検出
14 Feb 2003
環境計測 卒論発表会
17
イオンビーム偏向器内の電場
フリンジング
0V
50V
0V
-50V
14 Feb 2003
環境計測 卒論発表会
100V
0V
18
MCP
イオン
1.2㎜
①
③
②
① pore径:25ミクロン
② 傾き:8度
③ pore to pore:32ミクロン
電子増倍率
14 Feb 2003
0.08㎜
1枚:約103
2枚:約105
3枚:約107
0.1㎜
環境計測 卒論発表会
19
計測システム
電圧信号
パルス整形・増幅
デジタル値に変換
QW
Main Amp.
ADC
QS
Main Amp.
ADC
QM
Main.Amp.
ADC
リストモードで
データ保存
Pre Amp.
プロファイルモニター
14 Feb 2003
環境計測 卒論発表会
20
ダウンロード

ppt