ME3 8番
木村豊
① はじめに
• 動機
→最近エネルギー不足が問題になっておりその解決策として
リサイクルが一番早道だと感じたから
• 優先順位
→ ①リデュース ②リユース ③リサイクル
• 分類
→ マテリアルリサイクル・・・素材としての再利用
→ サーマリサイクル・・・熱としての再利用
② 紙リサイクルの現状
日本の
→板紙生産量・・・約3183万トン
→古紙回収率・・・約58.0%
→古紙利用率・・・約57.0%
世界でもトップクラスの回収率
③ メリット
• 森林資源の有効利用ができる
木材の消費を抑えることができるため
• ごみの減量
処分するごみを回収するため
• エネルギーの節約
木材から紙を作る三分の一のエネルギーで済む
• 地域のコミュニケーションの場作り
地域での回収のため住民間のつながりができる
④ 直面している問題
→古紙回収率の増加と消費量の伸び悩みによ
る需給環境の悪化
古紙価格の暴落
→異物の分別作業などの際人件費がかかる
再生品の値段の上昇
⑤ 対策
→古紙価格の暴落への対策
特に物価下落の激しい雑誌古紙の回収を見合
わせるよう会衆団体に働きかけ
再生紙の利用を促進(古紙配合率の増加や新
期用途の開発など)
→再生品の値段の上昇への対策
異物などマイナス要因が混ざらないように個々
の人が心がける
ダウンロード

リサイクル