5/15 前回復習
1. ftp:
 ホスト-ホスト間のファイル転送
 パソコン-ホスト間のファイルの転送
2. vi:
 viはエディタ(簡易ワープロ)の一つ
 viにはコマンドモードと入力モードがある。
 Escを押すとコマンドモードになる。
コマンドにはx, d, dd, p, Pなどがある。
 i や a を押すと入力モードになる。
 今どのモードにいるか分からなくなったら、
Escを押してコマンドモードにする。
 入力した結果を保存して終了 → (Esc+) ZZ
プログラムの作成~実行 その1
実行形式ファイルを必ずしも残す必要が無い場合
ファイル名は
「・・・・・.c」とする
・・・・・.c からa.out と
いうファイルが自動
的に作られる
a.out は計算機が
実行できる機械語
プログラム
入力コマンド
プログラム作成
vi ファイル名
コンパイル
cc ファイル名
実
行
a.out
プログラムの作成~実行 その2
実行形式のファイルを残したいとき
入力コマンド
プログラム作成 vi ファイル名
コンパイル
実
行
cc ファイル名 -o 実行形式ファイル名
実行形式ファイル名
プログラムとは何か、体験してみよう。
前回作ったm4.01.cを動かしみよう。
入力コマンド
コンパイル
cc m4.01.c -lm
この段階でエラー
が出たらviでプロ
グラムを修正する
実
行
a.out 改行
その後、数字 改行 数字 改行と
入力する。
演習1. C言語プログラム
#include <stdio.h>
ファイル名:a11.cの作成
“ヘッダファイルを取り込
む”
/*Simple example of C program*/
main( )
コメント文
メイン関数(プログラムの主
部)
{
}
ここから ここまでそのまま
ディスプレイに表示
printf(“Hello!, Welcome to C-world\n”);
これは制御記号(改行)
演習2. 数字の表示(出力)の仕方
main関数の{
実行せよ。
ファイル名:a12.c
} の中に以下の文を入力してコンパイル、
使う変数は
型宣言をします
int は整数型
int y,m,d;
%d は制御記号
y=2001;
(十進数表示)
m=5;
表示されない)
d=16;
printf(“Today is %d. %d. %d.\n”,y,m,d);
これも制御記号
(改行)
表示されない)
演習3.数字の入力の仕方
ファイル名:a13.c
a12.c において、y, m, d をキーボードから入力する。
 a12.c をコピーしてa13.c を作る。
 a13.c をvi で開いて、y, m, d を決める部分を
下記のようにする。
scanf(“%d %d %d”, &y, &m, &d);
 コンパイルして実行せよ。
(「数字を入力してEnter」 を3回行う)
 課題の提出
コンパイルしてエラーのないことを確認
cp a13.c ~joho1/5.16report/学生番号
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション