アサヒビールの組織文化の変革
3年
反町俊洋
佐々木瞳子
4年
戸井田 努
会社概要
■商 号:アサヒビール株式会社
■設 立:1949年9月1日(昭和24年)
■代表者:代表取締役社長 池田弘一
■資本金:1825億3100万円
/
(111億円)
■売上高:1兆937億7300万円
/
(2593億円)
■経常利益:575億5400万円
/
(26億円)
■従業員:3,995人
/
(2747人)
2002年のデータとかっこ内は1986年のデータです。
アサヒビールの沿革
アサヒビールは現在、ビール業界1位の企業
しかし、1985年当時は市場占有率 10%を切る
業界3位から4位に転落するか!?
社員の意識改革
沈滞時のアサヒビールの社員の意識
「何をやってもダメだろう」
「全員で意識革命をやり遂げ、低迷ムードを打破
し、一刻も早くシェアの回復を図ることです。」
経営理念の作成
全ての人々の健康で豊かな生活文化に役立つ
企業を目指す
アサヒ「スーパードライ」の開発
生産者の立場中心に製品の企画・開発を考えていた。
より消費者志向で、かつマーケットインに考える意識へ
消費者の求めているものとは!?
◆嗜好調査の結果
◆生産者のイメージ
コクとキレがあるビール
苦く、濃く、ホップの匂う
新鮮でスッキリした味、飲んだ
後にしつこく味が残らない
「スーパードライ」のヒット後
村井社長の組織文化の変革
生産者志向から消費者志向へと変わった
それ以来、この消費者志向の精神は変わっていない
しかし、消費者の嗜好は時代と共に変わる
消費者の変化に対応する為に、
会社も合わせて変化する必要がある
アサヒビールの発泡酒参入
にあたって
アサヒが発泡酒発売を控えていた理由
*「ビールのまがい物である発泡酒は出さな
い。」
*自社製品同士の競合の発生
発泡酒参入へ
発泡酒参入に踏み切った理由
「スーパードライ」だけでは、時代の流れに乗り遅れると
判断
ビールとは別に、幅広いカテゴリーでの提案・位置
付け
2001年2月、「アサヒ本生」発表
*スーパーなどの売り場を「本生」
ブランドカラーである「赤」1色に染める
*この作戦に約4500人を動員
営業担当者2500人
工場社員2000人
これからの発泡酒市場の動向
ビール
発泡酒が主流に
*ビールに比べて低価格 :税金(酒税)比較
・缶ビール1本あたり
77、7円
・発泡酒 発芽使用率25%未満だと 36、7円
ビール・発泡酒出荷量(2002
年)
まとめ
ケース作成時から、企業の考え方は変わらない
常にお客様を第一に考え、ニーズに応
えるために挑戦し続ける
参考文献
・有斐閣ブックス『ケースに学ぶ経営学』
東北大学経営学グループ著
・アサヒビールホームページ
・KCR総合研究所ホームページ
ダウンロード

発表画面1 - ホームページ作成実習1