SPP 2009年度
LEGOプログラミング演習
G07
高松第一高校
藤井 皆人、野口 裕太、横矢 一成
松岡 沙穂、高須 栞、大久保 祐里
2009年2月6日
事前講義と計画準備
事前講義・ω・
・誤差を考えた上でプログラムを作成する
・作戦 「安全・安全・冒険」
計画準備θωθ
・最初は直進し続ける。
・90度曲がるところでは、スピードを落とす。
・円にそって回るところでは、安全に。
・とにかく、一周する。
課題1 図形模走 攻略と設計
25
cm
45
c
C1
m
L1
V3
75cm
40
cm
V0
S
C2
G
75
cm
P1
50cm
V1
L2
第1回 とりあえずゴールする
第2回 L1で時間を調節する
100cm
V2
課題1 図形模走 結果と分析
25
cm
45
c
C1
m
L1
V3
75cm
40
cm
V0
S
C2
G
75
cm
P1
50cm
V1
L2
100cm
V2
第1回 まっすぐに進むことができず何回か脱線してしまった。
カーブで大きくそれってしまった
第2回 直線で進みすぎ大きく脱線した
タイヤに不備があった
課題2 制御構造 活動状況
問題P21 担当;高須
結果:○
問題P22 担当;松岡
結果:○
問題P23 担当;野口
結果:○
問題P24 担当;藤井
結果:○
課題3 黒線追跡 攻略と設計
P2
C3
m
10c
V2
V3
cm
30
C2
V0
S
G
cm
70
C1
L1
V1
P1
・速さをできるだけ速くした
・青で一回転するときに脱線しないようにした
・最後にきれいに止まれるようにかなり実験した
課題3 黒線追跡 結果と分析(1)
C3
P2
音ならず
m
10c
V2
V3
cm
30
C2
V0
S
G
cm
70
C1
L1
V1
回転
結果
・完走 ・P1で回った
・音は鳴らなかった
P1
完走 16.3秒
分析
・思ったよりタイムがのび
なかった
課題3 黒線追跡 結果と分析(2)
P2
C3
m
10c
V2
V3
cm
30
C2
V0
S
cm
70
C1
脱線
G
L1
V1
完走 できず
P1
結果
・脱線
分析
・青いマーカーにひっかかった
課題3 黒線追跡 結果と分析(3)
音ならず
P2
C3
m
10c
V2
V3
cm
30
C2
V0
S
G
cm
70
C1
L1
V1
回転
結果
・完走
・全体的に速かった
P1
完走 15.8秒
分析
・全体的に速さを上げた
ので記録が伸びた
感想と反省
感想
・最初は難しいと思った。でも何度も実験を重ねていくにつれて
プログラミングが少しずつ上達し、うまくできるようになった。
・カーブの角度やスピードをすこし変更するだけでぜんぜん違う
動きをするので、機械はとても複雑なものだと思った。
・今まで以上にプログラミングに興味を持つことができ、自分達
の進路の幅が広がったと思った。
・次に機会があるときは、今回よりもっと発展した内容を体験し
たい。
ダウンロード

G00