Webサービス II (第1回)
http://www.wakhok.ac.jp/~tatsuo/ws2/
2006年9月27日
植田龍男
本講義の目的





Webサービスの新しい流れ
JWSDP 2.0
(Java Web Service Developer Pack)
JAXB, JAX-WS 2.0
Java SE 6 (Mustang) との関係
EoD( Ease of Development )
新しいWebサービスの実現



JAX-WS 2.0 の API
(JAX-RPC の後継、JAX-RPC 2.0 が改称)
JAXB(Java Architecture for XML
Binding ) に基づいて実現
アノテーションの活用
W3C XML Schema  Java のクラス定義
Java自体の新しい流れ



JDK 1.4 から J2SDK 5.0(Tiger)へ
新しい言語仕様の拡張
Generics, 列挙型の導入=>アノテーションの
実現
J2SDK 5.0(Tiger)から Java SE 6 (Mustang)
へ
アノテーションによる EoD の本格的導入
JAXB, JAX-WS は Java SE 6 の標準に
この時間の目標
Webサービスのサーバの準備
(アプリケーションサーバ=Webコンテナ)
 JWSDP 2.0 のインストール
 JWSDP 2.0 の構成の確認
サンプル、ドキュメント

作業手順




一般ユーザでログオン
必要なインストーラの入手
( y:\ws2 から可能)
sjsas_pe-8_2-windows-ml.exe
jwsdp-2_0-windows-i586.exe
sjsas (Sun Application Server 8.2)のイ
ンストール
jwsdp 2.0 のインストール
sjsas 8.2 のインストール(1)

ウィザードの開始画面
sjsas 8.2 のインストール(2)

ライセンスの確認
sjsas 8.2 のインストール(3)

インストール先の指定(Z:ドライブに)
sjsas 8.2 のインストール(4)

JavaHome の指定( JDK のインストール先)
sjsas 8.2 のインストール(5)

アドミンユーザの登録(パスワードも)
sjsas 8.2 のインストール(6)

細かい指定(自動配備のショートカットは便利)
sjsas 8.2 のインストール(7)

インストール開始の確認
sjsas 8.2 のインストール(8)

インストール中(しばらくかかります)
sjsas 8.2 のインストール(9)

インストール完了
sjsas 8.2 のインストール(10)

ドキュメントがブラウザに表示
サーバの起動(メニューから)

「プログラム」->「Sun Microsystems」→
「Application Server PE」→「デフォルト
サーバを起動」
ブラウザからアクセス(1)

http://localhost:8080/
ブラウザからアクセス(2)

http://localhost:4848/ 管理者用画面
JWSDP 2.0 インストール(1)
インストールウィザードの開始
JWSDP 2.0 インストール(2)

Javaの環境を選択( J2SE 5.0 を使用)
JWSDP 2.0 インストール(3)

Webコンテナの選択(SJSAS 8.2)
JWSDP 2.0 インストール(4)

インストール先を指定(Z:\Sun\jwsdp2.0)
JWSDP 2.0 インストール(5)

パッケージの選択 (Typical が無難)
JWSDP 2.0 インストール(6)

サーバの管理ユーザの設定(パスワードも)
JWSDP 2.0 インストール(7)

インストールの開始(数分間待ちます)
補足:JAXPの実装の変更




既存のJ2SE 1.4.2, J2SE 5.0 のコアにも
JAXPのパッケージ、パーサ等の実装
J2SE 1.4 の実装は機能不足
J2SE 5.0 よりも JWSDP 2.0 のJAXPの
バージョンが新しい
置き換える方法
1) endorsedディレクトリにコピー
2) java,javac にプロパティ情報で指定
ダウンロード

JWSDPのインストール手順