小学校5年
指導資料例データ
インターネットを使って
交流するときには,
どんなことを大切にすれば
いいのでしょうか。
主に相手を「守る」「大切にする」視点から
主に自分を「守る」「大切にする」視点から
こんな書き込みがあったら,どんな気持ちになりますか?
うそ いいかげんな情報
らんぼうな言葉
きたない言葉 人をののしる言葉
人の悪口 いやがらせ
顔が見えないからといって,うそをついて,あたかも別人のようになりすますことはかんたんにできます。
でも,年れいや性別,名前などについて電子けいじ板にいやがらせや人の悪口を書いたり,
人をだましたり,おどかしたりする人がいたら,あなたはどう思いますか。
自分の発言にはをもちましょう。
言葉を選んで,ていねいに意見を書きましょう。
アドバイスや返事をもらったら,
「ありがとう」という気持ちを表しましょう。
画面のむこうには人がいます。見る人の気持ちになって,
書き込みをすることが大切ですね。
自分に関係のないメールが
きたときには,
どうしたらいいのでしょうか。
主に相手を「守る」「大切にする」視点から
主に自分を「守る」「大切にする」視点から
知らない人から電子メールがとどいたよ。
でも,だれが,なんのためにメールをくれたのかな?
よく考えてみよう。
知らない人からメールがきたら・・・
すぐに開けないこと
ウィルスが入っていることもあります。
すぐに返事をしないこと
メールを転送しないこと
電子メールのアドレスや,個人情報がもれる可能性があります。
関わらないこと!
返事をせずに捨てることも大切です。
すてきなホームページを
つくるには,
どんなことを大切にしたらい
いのでしょうか
主に相手を「守る」「大切にする」視点から
主に自分を「守る」「大切にする」視点から
世界中の人がみているホームページです。
正しい情報を発信すること・ページの内容に責任をもつことが
一番大切なことです。
ホームページで情報発信するときに,
してはいけないことや,注意しなくてはいけないことは
なんだろう?
友だちなどの悪口 興味本位の話
あなたは
どう思いますか
?
いいかげんなうわさ話 見る人を混乱させるような内容
必要以上のプライバシーに関わる話
許可をもらっていない人の作品
世界中の人がみていることを意識することが大切ですね。
残念な話ですが,ホームページの個人情報がもとになって,
事件にまきこまれたりする可能性があります。
また一部には,ホームページの情報を,
いやがらせや商用目的に利用する大人もいます。
情報を発信するときも,ちょっと先のことを考えて,
むやみやたらに「公開」することのないようにしましょう。
それが「自分で自分を守ること」にもつながります。
インターネットを
興味本位で使うことは,
どんな危険な可能性に
つながるのでしょうか。
主に相手を「守る」「大切にする」視点から
主に自分を「守る」「大切にする」視点から
スキー場で,こんな立て札をみつけました。あなたはどうしますか?
あぶない!
立ち入り禁止
本当にあぶないのか
どうかたしかめてみる。
ぜったいに
はいらない。
危険な思いをしてからでは,おそいですね。
たとえば,こんなホームページがあるのです。
クリックするだけで
何万円ものお金を
請求してくる
ホームページ
クリックするだけで
ウィルスが
入ってくる
ホームページ
クリックすると,
いやな気持ちになる
メッセージや画像が
流れ出すホームページ
インターネットは,すばらしい道具ですが,使い方によっては,自分の命に関わ
る場合もあります。また,知らず知らずのうちに人を傷つけることもあります。被
害者・加害者にならないように,しっかりめあてをもってインターネットを活用し
ましょう。「おかしいな」「こまったな」というときは「戻る(もどる)」ボタンで前の
ページにもどりましょう。
ひとりひとりがたいせつにされる
ネットワークにしましょう。
ウィルスは?
けんこうは?
じぶんで
えらぶ
じょうほうの
うけ手として
ちょっと先の
事を考える
(命・生き方・心)
自分の人けんを
大切にする
Webページ
正しいじょうほう
まちがった
こう
ひつようのない
うそ(だます)じょうほう げき
電子メール
どこから?
だれが?
何のため
に?
正しいメール
めいわくメール
コミュニケーション
相手の人けんを
相手の気持ち
を考える
(命・生き方・心)
せきにんを
じょうほうの
もつ
おくり手として
うけ手の気持ちを
トラブルにあわないくふう かんがえて
まきこまれないくふう
正しいじょうほう
人をまもるじょうほう
がめんのむこうに
友だちのえがお (^_^)/
がめんのむこうには人がいます。
思いやり
相手の気持ちや次に使う人の気持ちを考えましょう。
せきにん
めあて
ちょっと先の事を考えるようにしましょう。
自分自身を大切にすることにもつながります。
何のためにコンピュータをつかっているのか,
めあてをしっかりもちましょう。
本データ作成にあたっては
以下のソフトの収録画像データを使用しています。
一太郎12,一太郎2004
Microsoft Word 2002
Just System
Microsoft
ホームページを動かすための素材集 (株)インプレス
ダウンロード

5年用