情報処理
第2回
今日の内容(1)
Wordの起動と画面構成
– Wordのバージョン
– Wordの起動
– Wordの画面構成
文章の入力
–
–
–
–
–
単語単位での日本語の入力
カタカナの入力
記号の入力
文節単位での日本語の入力
連文節入力
今日の内容(2)
基本的な編集操作
– コピー/切り取り/貼り付け
– 元に戻す/繰り返し
フォルダとファイルの操作
– ファイルの概念
– ドライブとフォルダ
– 「コンピュータ」のウィンドウを開く
今日の内容(3)
ファイルとフォルダの操作
– 「ドキュメント」フォルダを開く
– フォルダの作成
– ファイルの保存
– ファイルを開く
Wordの起動と画面構成
Wordのバージョン
Windowsのバージョン
Wordのバージョン
Windows 8/8.1
Word 2013
Windows 7
Word 2010
Word 2007
Windows Vista
Word 2007
Wordの起動
画面上に「Microsoft Word」のアイコ
ンがあればダブルクリック
アイコンがない場合
– Windows 8:アプリ一覧を開いて「
Microsoft Word 2013」をクリック
– Windows 7まで:スタートボタン→「すべ
てのプログラム」→「Microsoft Office」
→「Microsoft Word」の順にクリック
文書の新規作成(Word 2013)
「白紙の文書」をクリック
Wordの画面構成(2013/2010)
リボン
文章を入力する部分
Wordの画面構成(2007)
Officeボタン
リボン
文章を入力する部分
文字の入力
単語単位での日本語の入力
半角/全角キーで日本語入力モードに切り替え
ローマ字入力で単語を入力
スペースキーを押して変換
変換された漢字が正しくない場合は、再度スペース
キーを押す
正しい単語が表示されたらEnterキーで確定
以下の単語を入力
解答 解凍 回答
石 医師 意思
関心 感心 歓心
東大 灯台 当代
カタカナの入力
よく使う単語は漢字と同様に変換
固有名詞など変換できない単語は、無変換
キーでカタカナに変換
以下の単語を入力
コンピュータ
インターネット
ファイアーウォール
ディスク
ヴァイオリン
ヒロユキ
かな ローマ字
ファ
fa
ディ
dhi
ヴァ
va
記号の入力
一部の記号は変換で入力可能
– 例:ゆうびん → 〒、まる → ○
– 「きごう」と入力して変換
Wordの機能で入力
– 「挿入」リボンの「記号と特殊文字」ボタンをクリッ
ク
– 表示された中から記号を選ぶ
– 記号が見つからなければ、「その他の記号」をク
リックして、次に表示される画面で記号を探して
入力
以下の記号を入力
〒  ☆ ♥ ☺ ㊈ ㈱ ㌕ ㍻ ㎖
文節単位での変換
「わたしは」(私は)、「とうきょうへ」(東京へ)な
ど、単語と助詞まで入力して変換
文節単位で入力した方がより効率的
以下の文章を文節単位で入力
この 文章は ワードで 入力しました
昨日 私は パンを 食べた
友達に メールを 送信した
連文節変換
文章単位で入力して変換
変換が間違っている文節がある時は、左右
のカーソルキーで文節を移動して、スペース
キーで変換しなおす
文節の区切りが違っている場合は、Shiftキー
+カーソルキーで文節を区切りなおして変換
– 例:「今日歯医者に行く」「今日は医者に行く」
以下の文章を連文節変換で入力
昨日はカレーライスを食べた
文章を素早く入力する
ここでは着物を脱いでください
ここで履物を脱いでください
基本的な編集操作
コピー/切り取り/貼り付け
文章等をコピーして別の場所に貼りつけ
–
–
–
–
–
対象の部分をマウスでなぞって選択
ホームリボンの「コピー」をクリックしてコピー
貼り付け先をクリック
ホームリボンの「貼り付け」をクリックして貼り付け
再度「貼り付け」をクリックして複数回貼り付けることもで
きる
切り取って貼り付け
– コピーの操作の際に「切り取り」ボタンをクリック
元に戻す/繰り返し
間違った操作をしたときには、ウィンドウ左上
の「元に戻す」ボタンをクリック
一度行った操作をもう一度行いたい場合は、
ウィンドウ左上の「繰り返し」ボタンをクリック
元に戻す
繰り返し
フォルダとファイルの操作
人間が勉強するときの流れ
本棚からノートと教科書を出す
机にノートと教科書を広げる
勉強したことをノートに書き込む
勉強が終わったらノートと教科書を本棚に片
付ける
机の面積には限りがある
↓
ノート/教科書を出しっぱなしにしておくことはできない
パソコンがデータを処理するときの流れ
ファイルからメモリにデータを読み込む
データを処理する
処理し終わったデータをメモリからファイルに
保存する
読み込み
保存
ドライブ
物理的な装置(ハードディスク、USBメモリ等
)がドライブに対応
個々のドライブはドライブ名(アルファベット一
文字)で分類(例:Cドライブ、Dドライブ)
フォルダ
ファイルを分類する入
れ物
フォルダの中にフォル
ダを作って階層化する
ことも可能
情報処理
第1回
第2回
○○学
□□学
「エクスプローラ」のウィンドウを開く
(Windows 8/8.1)
スタート画面で「デスクトップ」クリック
画面左下のエクスプローラのアイコンをクリッ
ク
「エクスプローラ」のウィンドウを開く
(Windows 7まで)
画面左下のエクスプローラのアイコンをクリッ
ク
「ドキュメント」フォルダを開く
「ドキュメント」フォルダ
=ファイルの標準の保
存先
「エクスプローラ」のウィ
ンドウの「ドキュメント」
をクリック
フォルダの作成(1)
作成先のドライブまたはフォルダを開く
Windows 8/8.1
– ウィンドウ左上にある「新しいフォルダ」のア
イコンをクリック
Windows 7
– ウィンドウ上端の「新しいフォルダー」をクリ
ック
Windows Vista
– ウィンドウ左上の「整理」→「新しいフォルダ
」をクリック
フォルダの作成(2)
「新しいフォルダ」が作成される
BackSpaceキーでフォルダ名を消す
フォルダ名を決めて入力する
Enterキーを押してフォルダ名を確定
ファイルの保存(1)
「ファイル」(Word 2007ではOfficeボタン)→
「上書き保存」の順にクリック
「名前を付けて保存」の画面が開く
ファイルの保存(2)
Word 2013では「コンピューター」→「参照」の
順にクリック
ファイルの保存(3)
左端の部分で「ライブラリ」の中にある「ドキュメント」を選ぶ
「ドキュメント」の中で保存先のフォルダをダブルクリック
「ファイル名」の欄にファイル名を入力して「保存」ボタンをク
リック
ファイルを開く
「ファイル」(Word 2007ではOfficeボタン) →
「開く」メニューを選ぶ
保存した時と同様の手順で、ファイルがある
フォルダを選ぶ
開きたいファイルを選ぶ
「開く」ボタンをクリック
入力練習
入力練習
第一章 総則
第一条 この法律は、保健師、助産師及び看
護師の資質を向上し、もつて医療及び公衆衛
生の普及向上を図ることを目的とする。
第五条 この法律において「看護師」とは、厚
生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくは
じよく婦に対する療養上の世話又は診療の補
助を行うことを業とする者をいう。
ダウンロード

PowerPoint