環境表面科学講義
http://res.tagen.tohoku.ac.jp/~liquid/MURA/kogi/kaimen/
E-mail: [email protected]
村松淳司
環境問題
地球規模の環境問題
地球温暖化
 ダイオキシン
 環境ホルモン
 NOx, SOx
など

3
身の回りの環境問題


ゴミ問題
環境汚染


川や海の汚染問題
大気汚染問題
4
環境問題と界面電気化学

界面活性剤



環境汚染につながるのか?
CO2排出と関係あるのか?
ダイオキシン
5
界面活性剤とは

界面活性剤 Surfactant
6
石鹸の構造
7
8
界面活性剤の洗浄作用
9
石鹸の洗浄作用とは

水と油を混ぜ合わせる働きを持つ物質を界面活
性剤という。界面活性剤の分子(界面活性分
子)はその一端(親油基)が油に、もう一方の端
(親水基)が水に馴染む性質を持っており、無数
の界面活性分子の一端である親油基が油など
の汚れを包み込むように取り巻くと、取り巻かれ
た汚れの外側は親水基で覆われるため、汚れ
は水に引っ張りだされる。これが、界面活性剤
の洗浄作用。炭が水に分散するときの膠(にか
わ)の働きと同じである。
10
石鹸と合成洗剤

洗浄用の界面活性剤の中で、脂肪酸ナト
リウムと脂肪酸カリウムを『石鹸』と呼び、
それ以外のものを『合成界面活性剤』と呼
んでいる。
11
石鹸と洗剤

石けん:


複合石けん:


純石けん以外の界面活性剤を含有しないもの。す
なわち界面活性剤 が石けんのみのもの。
全界面活性剤中の石けん以外の界面活性剤が、
洗濯用では30%以下、台所用では40%以下のも
の。
合成洗剤:

全界面活性剤中の石けん以外の界面活性剤が、
洗濯用では30%以上、台所用では40%以上のも
の。
12
13
14
15
16
合成界面活性剤の悪夢

石鹸(高級脂肪酸のナトリウム塩)は 24時
間で水と二酸化炭素に完全に分解される
が、水温 10℃の条件下では、 LAS (合成
洗剤の主成分: 陰イオン系合成界面活性
剤=直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸
ナトリウム)はほとんど分解しない。
17
合成界面活性剤の悪夢

20℃の条件下になっても、 ABS(分枝型ア
ルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム)は
ほとんど分解されず、 LAS は 8日目にし
て界面活性はなくなるが、まだ有機炭素と
いう形で残存する。また、石鹸カスは微生
物の栄養源となり生態系にリサイクルされ
るが、LAS の場合は 1日目にはまだ 90%
も残っており、毎日洗濯していれば LAS
は衣類にずっと残っていることになる
18
LASの毒性



日本石鹸洗剤工業会から
● 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩(C10-14)のヒト健康
影響および環境影響に関するリスク評価
ヒト健康影響については、皮膚刺激性、皮膚感作性、急性
経口毒性、反復投与毒性などの安全性データと、使用形
態・使用方法などにもとづくヒト推定暴露経路・暴露量を検
討した結果、通常使用時および誤使用時のいずれにおいて
もリスクは極めて小さいと評価された。特に、長期間使用し
た場合の体内への継続的摂取について、ヒト推定最大摂取
量とヒト耐容一日摂取量を比較したところ、ヒト推定最大摂
取量はヒト耐容一日摂取量を下回っていた。
ヒト耐容一日摂取量 3mg/kg/日 > ヒト推定最大摂取量
0.290mg/kg/日又は0.18mg/kg/日
19
LASの毒性


また、変異原性、遺伝毒性、発がん性、催奇形性,
繁殖性についても、毒性ポテンシャルは認められて
いない。
一方、LASは活性汚泥や河川水中の微生物による
生分解性が良好であり、下水処理施設で効率的に
除去されることが確認された。また、生態影響につ
いて、水棲生物毒性データに基づく推定無影響濃
度と、環境濃度を比較したところ、環境濃度は推定
無影響濃度を下回っており、現在の使用状況にお
いてLASが生態系に影響を与えるリスクは極めて
小さいと考えられた。
20
LASの毒性


水棲生物への最大許容濃度 250μg/L以上
> 環境濃度(最大値) 80μg/L
以上のことから、通常想定される使用条件下
でLASがヒト健康及び生態系に影響を及ぼ
すリスクは極めて小さく、安全に使用できる
洗浄剤成分であると考える。
21
臨界ミセル濃度

界面活性剤の水中での濃度を高くしてい
くと、ある濃度以上で界面活性剤分子が
数十個集合して塊を作る。これをミセル
(会合体)といい、このミセルのできる濃度
を臨界ミセル濃度(CMC)と呼んでおり、こ
の濃度以上で洗浄力を発揮する。
22
石鹸のCMC


合成界面活性剤に比べて大きい
粉石けんの場合、種類にもよるが0.05%
前後である。むやみに多く使う必要はない
が少ないとCMC以下になり洗浄力が発揮
できないことになる。汗等で汚れが多い時、
石けんが少ないとCMCに達せず、汚れが
ポリエステルなどの化繊に吸着し、黒ずむ
ことがある。
23
石鹸と合成界面活性剤

石鹸の方が多く使う

CMCが大きいため

石鹸の方のBOD(生物的酸素要求量)が
多い(LASの7倍程度)

従って、石鹸も環境に優しいとは必ずしも
言えない
24
ナノ粒子
内容
触媒材料への応用を念頭において
 ナノ粒子
 単分散粒子表面へのナノ粒子の選択析
出



液相還元法
選択析出法
ナノ酸化物粒子
26
ナノ粒子
27
ナノ粒子





10-9 m = 1 nm
10億分の1mの世界
原子が数~十数個集まった素材
バルクとは異なる物性が期待される
バルク原子数と表面原子数に差がなく、
結合不飽和な原子が多く存在する
28
粒子径による粒子の分類
100μm
1m
10cm
1cm
光
学
顕
微
鏡
パチンコ玉
微
粒
子
10μm
1mm
100μm
10μm
1μm
電
子
顕
微
鏡
ソフトボール
硬貨
100nm
小麦粉
花粉
タバコの煙
1Å
100nm
サ
ブ
ミ
ク
ロ
ン
粒
子
ウィルス
10nm
10nm
1nm
1μm
セロハン孔径
1nm
ナ
ノ
粒
子
超
微
粒
子
コ
ロ
イ
ド
分
散
系
ク
ラ
ス
タ
ー
29
粒子径による粒子の分類
100μm
1m
10cm
1cm
光
学
顕
微
鏡
パチンコ玉
微
粒
子
10μm
1mm
100μm
10μm
1μm
電
子
顕
微
鏡
ソフトボール
硬貨
100nm
小麦粉
花粉
タバコの煙
1Å
100nm
サ
ブ
ミ
ク
ロ
ン
粒
子
ウィルス
10nm
10nm
1nm
1μm
セロハン孔径
1nm
ナ
ノ
粒
子
超
微
粒
子
ク
ラ
ス
タ
ー
コ
ロ
イ
ド
分
散
系
30
地球とソフトボール
1億倍
108倍
地球上にあるソフトボールを拡大!
31
ソフトボールを拡大
1億倍
32
ナノ粒子と触媒機能
触媒

工業触媒


活性、選択性、寿命、作業性
触媒設計
表面制御
 バルク制御


表面制御

金属触媒→金属種、価数、組成、粒径など

担体効果、アンサンブル効果、リガンド効果
34
活性

活性点1つあたりのturnover frequency


1サイトあたりの表面反応速度
触媒材料全体としての活性
触媒全体の活性は全表面積に依存
しかし、構造に強く依存する場合もある(後述)
35
寿命

触媒寿命



同じ活性選択性を持続する
工業的には数ヶ月から1年の寿命が必要
失活

主にシンタリングや触媒物質自身の変化
36
選択性

特定の反応速度だけを変化させる

COの水素化反応
Cu: CO + 2H2 → CH3OH
 Ni: CO + 3H2 → CH4 + H2O
 Co, Fe: 6CO + 9H2 → C6H6 + 6H2O
 Rh: 2CO + 2H2 → CH3COOH
 Rh: 2CO + 4H2 → C2H5OH + H2O


反応条件にも左右される
37
酸化状態の制御の例

Mo/SiO2触媒

COの水素化反応→炭化水素、アルコール
合成

Mo(金属状態)→低級炭化水素を生成


Mo(4+)→低活性で極僅かにメタノールを生成


Mo金属上でCOは解離し、アルコールは生成しない
Mo(4+)上ではCOは非解離吸着し、-CO部分を保持
Mo(金属)とMo(4+)→混合アルコールを生成


解離したCOから炭素鎖を伸ばす-CH2が生成
末端に-COが付加し、水素化されてアルコールに
38
サイズ制御


比表面積を大きくし全体の触媒活性を増
大
TOF (Turnover Frequency)がサイズに依
存

量子効果
39
触媒設計

表面情報の正確な把握
精密な表面機能制御

局所構造制御と評価が重要

40
触媒の分類

均一系触媒


反応物、生成物と同じ相
例: 酢酸合成のロジウム触媒


液相均一系 触媒も液体
不均一系触媒


相が違うもの
例: 固体触媒

担持触媒、無担持触媒
41
担持金属触媒


担体物質
上に、触媒
金属が担
持されてい
る
担体は粉
体か、塊状
態である
触媒金属
担体
42
担持金属触媒

担体




金属酸化物が多い
細孔が発達しているものが多い
機械的強度に優れている
触媒金属



担体上に担持、分散
数nm程度の大きさが理想とされる
実際は5~50nm程度の場合が多い
43
担体: 比表面積が大きい
44
45
担体の例: 活性炭

ヤシガラ活性炭

木炭系活性炭
石炭系活性炭
46
活性炭
47
木炭の表面
48
担持金属触媒

担体




金属酸化物が多い
細孔が発達しているものが多い
機械的強度に優れている
触媒金属



担体上に担持、分散
数nm程度の大きさが理想とされる
実際は5~50nm程度の場合が多い
49
担持金属触媒調製法
50
51
表面構造と触媒機能
52
表面構造と触媒機能
53
54
吸着と触媒反応
吸着が始まり

物理吸着


弱い吸着: 必ず自然界にある
化学吸着

強い吸着: 化学結合を伴う
56
Table
化学吸着と物理吸着
吸着特性
化学吸着
物理吸着
吸着力
化学結合
ファン・デル・ワー
ルス力
吸着場所
選択性あり
選択性なし
吸着層の構造
単分子層
多分子層も可能
吸着熱
10~100kcal/mol
数kcal/mol
活性化エネルギー
大きい
小さい
吸着速度
遅い
速い
吸着・脱離
可逆または非可逆
可逆
代表的な吸着の型
ラングミュア型
BET型
57
物理吸着
58
物理吸着
59
物理吸着
60
61
物理吸着
62
構造敏感・構造鈍感

構造鈍感


表面積が大きくなる効果の
み現れる
構造敏感

触媒活性は粒径に依存



粒径が小さいほど大きい
粒径が大きいほど大きい
ある粒径で最大となる
63
構造敏感・構造鈍感
64
構造敏感・構造鈍感
65
構造敏感・構造鈍感
66
構造敏感・構造鈍感
67
ナノ粒子の合成法
ナノ粒子(超微粒子)合成法


物理的方法
化学的方法


液相法
気相法
69
70
71
ナノ粒子(超微粒子)合成法


物理的製法
化学的製法

液相法

析出沈殿法など水溶液からの製法
液相還元法(電解法、無電解法)
72
液相還元法


水溶液あるいは非水溶液系で、溶解ある
いは分散している金属化合物を、液相で
還元剤を用いて、還元させる方法
金属を得るのに比較的簡単な手法
73
ナノ粒子の液相合成の一例

金属塩溶液
ナノ粒子
還元剤溶液
液相還元法
 金属塩水溶液
に還元剤溶液
を混合させる
 生成粒子は数
nmの一次粒子
の凝集体
 保護コロイドの
活用により凝集
を防止
74
Ni-Znアモルファス合金ナノ微粒子

液相還元法




ニッケルアセチルアセトネート+酢酸亜鉛混
合溶液(2-プロパノール)に、水素化ホウ素
ナトリウム溶液を混ぜて、Ni-Znアモルファス
合金ナノ粒子を合成。
単独では金属まで還元されないZnをNiの誘
起共析現象を利用してNi-Zn合金ナノ粒子
を作成
Bを含んでいるために、アモルファス
サイズは5~10 nm程度
75
Ni-Zn/TiO2触媒の調製法
ニッケルアセチルアセトネート
(+酢酸アセチルアセトネート)
2-プロパノール溶液
[Ni(AA)2] = 0.005 mol/l
Zn/Ni比= 0.1
[NaBH4] = 0.0075 mol/l
チタニア粒子固体濃度 = 2.5
g/l
(Ni金属として12wt%担持)
TiO2微粒子を分散
窒素吹き込み30分
水素化ホウ素ナトリウム
(2-プロパノール溶液)
Ni-Zn/TiO2微粒子
76
Ni-Zn/TiO 触媒の調製法
ニッケルアセチルアセトネート(Ni(AA)
2)
2
(+亜鉛アセチルアセトネート)
[Ni(AA)2] = 0.005 mol/l
2-プロパノール溶液40ml
Zn/Ni比を調節
TiO2微粒子を分散
[NaBH4] = 0.0075 mol/l
TiO2粒子固体濃度 = 2.5 g/l
窒素吹き込み30分
(Ni金属として12wt%担持)
水素化ホウ素ナトリウム
3-way ball valve
(2-プロパノール溶液10ml)
2
2Ni
-
+BH 4
 2Ni+B3+2H2
Ni2+が還元されH-が酸化される
Ni-Zn/TiO2微粒子
(2-プロパノール溶液50ml)
H2 N2
gas gas
heating mantle
77
TiO2微粒子


単結晶アナタース型TiO2
調製方法


ゲル-ゾル法(Sugimotoら)に
よる
単分散微粒子


サイズ、形態、構造等が均一な
微粒子
よく定義された担体: 43m2/g
T. Sugimoto, M. Okada, and H. Itoh: J. Colloid Interface Sci. 193 (1997) 140
78
調製した試料
0.0
0.5
0.1
Zn/Ni
0.3
0.2
0.3
0.4
0.5
1.0
0.1
Zn量によって金属の還
元のされ方が異なる
79
Ni-Zn/TiO2 (Zn/Ni=0.1)
80
表面構造と触媒機能
単分散粒子表面への
ナノ粒子の選択析出
82
調製法と分散度の関係
分散度とは、触媒金属
の表面/バルク比を通
常指す。
分散度は、通常、触媒
金属の平均粒径に比
例する。
83
84
調製法と分散度の関係
H, CO吸着量は表面原子
数に比例する。
H, CO吸着量が大きい
↓
活性表面積が大きい
右の図の例では、Pt担持量
が一定以上になると表面積
が変わらなくなる
→金属粒径が大きくなる
85
86
分散度(金属粒径)の制御

従来の触媒調製法の問題点



分散度を大きくする(=粒径を小さくする)に
は、担持量を少なくせざるを得ない
理想とされる数nmにするには、たとえばPt
の場合、担持量を3~5%程度に制限せざるを
得ない。
触媒全体の活性は、一般に、担持量に比例
するので、担持量を多くしたい。
87
粒径はそのままで担持量を多くしたい
これから
従来
担持量を多くすると粒
径が大きくなるだけ
88
担持触媒(工業触媒)の限界

再現性


逐次反応による選択性の低下


細孔が発達し、生成物が出口まで出てくる間に逐次
反応を受ける可能性がある
細孔閉塞


同じ方法で調製した触媒の活性、選択性の違いや
安定性の問題
出口で閉塞が起こると、急激な活性低下に
高担持量・高分散性の両立は無理
89
ダウンロード

ナノ粒子のサイズ・形態制御と 構造敏感型触媒プロセスへの応用