NROユーザーズミーティング
[email protected]
機関報告:鹿児島大学
Institute report: Kagoshima Univ.
半田利弘
鹿児島大学理学部
Toshihiro Handa
鹿児島大学 Kagoshima Univ.
▶ 理学部物理科学科宇宙コース
▶ 大学院理工学研究科物理宇宙専攻
■
電波天文学・赤外線天文学
 半田、今井、中西、永山、中川、面高
 1名選考中
■
衛星工学・大気電波科学
 西尾
■
理論シミュレーション
 和田
大学院生・学生 students
▶ 大学院生(博士後期課程)
■
■
■
D3 亀﨑、水野
D2 小澤、Ross
D1 松尾、Gabor
赤文字は今UMの出席者
▶ 大学院生(修士課程)
■
■
M2 青木、安楽、親泊、中原、坂田、馬場
M1 井上、永吉、濱畑、林田、山下
▶ 主な学部4年生
浦郷、柿内、河野、永野、西森、福島、村上、他
▶ OB: James Chibueze  EA-ARC
■
観測装置 facilities
▶ VERA入来局(20m鏡)
■
■
■
■
20GHz帯(水メーザー)
口径20m、可動2ビームRX
VLBI位置天文観測
農学部入来牧場
 大学から車で1hr
▶ 入来1m光赤外線望遠鏡
■
JHK3色撮像測光
近年の主な研究活動
▶ NROレガシー銀河面サーベイ
■
■
■
レガシープロジェクトの1つ、PI:梅本(NRO)
CO(1-0)、 13CO(1-0)、 C18O(1-0)の同時観測
ROACH分光器開発 PI:中西
▶ アンモニアサーベイ
■
NROバックアップ観測、PI:面高
▶ VERAを用いた天の川銀河構造の解明
■
NAOJ VERA計画の一環
▶ ミラ型変光星による天の川銀河構造の解明
■
赤外線観測
アンモニアサーベイ
▶ NH3輝線による星形成分子雲の観測
■
■
■
■
温度構造から星形成過程を探る、PI:面高
NROバックアップ観測として実施
2シーズン目終了
2012-13シーズン
 W4論文準備中
■
2013-14シーズン
 IC2362,
S235, NGC6914
河野のポスター
VERAによる天の川銀河構造
▶ LSR公転角速度W0の測定
■
Solar circle、tangent pointsの天体を観測
 位置が多少ずれていてもW0はあまり影響されない
LSR回転角速度
▶ これまでのまとめ
■
W0≅27.6±0.7 km s-1 kpc-1
 Ross
■
et al. PASJ in press
多くのSC, TP天体でほぼ一致
 IAU推奨値の改訂
kinetic distanceに影響
 多くのSFRがほぼ円運動
天の川銀河研究センター構想
太陽系に近い天体
遥か彼方の銀河
天の川銀河
周囲の状況がわからない
内部構造が調べられない
両者を繋ぐ研究
今、必要:銀河の性質を知り、膨張宇宙での銀河進化を理解する
今、可能:立体構造の解明、中小規模望遠鏡・天文衛星データの蓄積
第2の地球
恒星の形成
ビッグバン
宇宙最初の星
距離観測天の川銀河の立体構造
天の川銀河研究センター
VERA
広域全天観測
(捜索、宇宙論)
Gaia
広域掃天観測
(個別の研究テーマに基づく)
超高分解能観測
大学規模の中小望遠鏡 天文衛星公開データ
国家プロジェクト級の大望遠鏡
ALMA
TMT
すばる
ハッブル
NANTEN2 鹿大1m鏡 名大IRSF
あかり WMAP
ダウンロード

鹿児島大