2013年度宇宙科学情報解析シンポジウム
2014年2月14日(金)
『どこでも運用システム』の開発状況 (第二報)
永松
弘行(ISAS/JAXA)
はじめに
[開発のゴール] どこでも運用システム
【どこでもシステムの主要三サブシステム】
1. 自動運用システム(ASURA)※
○目的: 定常運用時の負担・運用コスト軽減
○実運用での目処は立つ
○検証方法の限界 (試験装置の限界)
2. 簡易衛星・地上局シミュレータ(BOSATSU)※
○自動化システムの洗練・ロバスト化
○既存装置併用,実機使用リスク軽減し
システム構築・検証可
○衛星と地上局の同時並行的開発
(早期のイメージ把握,開発の同時最適化)
3. 遠隔運用システム(GARUDA)※
○自動運用における緊急時対策
(人間とのインタフェース)
○災害時対策(BCP)
○遠隔地から状態監視・安全管理など
○携帯端末への実装
○簡易試験装置としても応用可能
•携帯端末のタッチパネルから,観測日時,観測時間,解像度などを選択してリクエスト
•結果をネット経由で確認
「どこでも運用システム」のイメージ
どこでも運用システムは,人間が極力運用システムに拘束されず,「人間は人間にしかできないことに集中できる」環境の提供を目指す
iPad版衛星状態監視システム (プロトタイプ)
○サーバ・クライアントモデルに基づく衛星管制機能
○限定的であっても情報を表示できる端末を持って移動できる
メリットは大
○運用管制室スペース有効活用,導線確保に貢献
○配線の簡略化,電力削減
○メンテナンス性向上
○課題
- Xcode利用のため汎用性が低い(iPad/iPhoneのみで稼働).
- XML衛星・地上局データベースを活かし切れていない.
iPad版衛星状態監視システム
汎用版衛星管制・局管制システムの開発
プロトタイプの利点を継承しつつ,XMLデータベースから衛星・地上局の状態監視な
らびに制御(コマンド送信)を行えるアプリケーション(衛星管制,局管制)を(半)自
動生成することで,コーディング・維持管理労力削減,汎用性向上を目指す.
[従来の開発方法 (Xcode利用)]
1. XMLデータベース作成
2. 表示情報指定
3. コーディング (Xcode利用)
4. 必要に応じて,1あるいは3に戻る.
[提案の開発方法 (自動生成)]
1. XMLデータベース作成
2. 表示情報指定
3. JavaScriptコード自動生成 (スクリプト)
4. 必要に応じて,1あるいは3に戻る.
【汎用化によるメリット】
○生成したアプリケーションはWebブラウザがあれば端末やOSの種類に依存せず利用可能.
○状態監視やコマンド制御に必要なアプリケーションを(半)自動生成するため,
アプリケーション開発・維持管理の労力軽減,コスト削減にも繋がると期待.
→ データベースの構築・維持管理にリソースを集中できる環境を提供
○特に少人数での衛星・地上局同時開発のための開発ベッドとしての活用を期待.
○衛星・地上局の開発初期段階から,状態チェックに使えるアプリケーションを迅速に
揃えられるため,試験治具としても有用(BOSATSU ともデータベースを共用).
【今後の課題】
○地上局アンテナの監視・制御機能(局管制機能)の実装
○衛星管制・局管制機能の統合
○他システムへの適用検討(現状は「れいめい」版を開発・運用中)
○ユーザ開拓,システムとしてのパッケージング推進
汎用版衛星管制システム
どこでも運用システムと他システムとの接続
[※システム略称] ASURA : Adaptable Scheduler for Ubiquitous and Rational Application
BOSATSU : Basis Of Simulator Architecture for Total Satellite/Spacecraft Utility
GARUDA : Generic Attachment for Reviewers' Utility and Data Archives
ダウンロード

ポスター - C-SODA