日常生活における活動の向上
AAAに対する行動分析学からのアプローチ
立命館大学文学部心理学専攻
武藤・望月ゼミ
3回生 横井 沙弥佳
AAA/AAT
• 1962年、臨床心理学者であるLevinson,B.M.が、
飼い犬と子どもの患者との関わりを紹介した論
文、“Dog as co-therapist”が発表され、以降、
動物の存在は臨床場面への適用拡大の時期を
迎えた。
• 広義のアニマルセラピー
動物とのふれあいや相互作用によって心理的、
身体的に健康を回復させるという考え。
医療や福祉、教育の現場で活用されている。
AAA/AAT
• 狭義のアニマルセラピー AAAとAAT
≫Animal Assisted Activity(AAA)は、動物介在
活動と訳され、動物を伴うボランティアの医療施
設や教育施設などへの訪問のことを指す。
動物とふれあうことによる情緒的な安定、レク
リエーション、QOLの向上などを主な目的とした
ふれあい活動。
≫Animal Assisted Therapy(AAT)は、動物介在
療法と訳され、動物が、人間に対する医療ある
いは療法行為の中である役割を果たす。
AAA/AAT
医療従事者の主導で実施しなければならない。
精神的身体的機能、社会的機能の向上など、
治療を受ける人にあわせた治療目的を設定し、
適切な動物とボランティアを選択する。
また、治療後は治療効果の評価を行う。
目的
• これまでのアニマルセラピーは
≫心拍数、血圧、唾液中のアミラーゼの増減、
脳波などによる生理的指標
≫不安傾向測定(STAI)、抑うつ状態の測定
(BDI)、心理・社会的ストレス測定などによる質
問紙的指標
が主であり、行動的指標は少ない。
• また、理論的根拠がいくつか提唱されているが、
どれもが仮定の域をでていない。
目的
• そこで本研究では、行動的指標をもちいて、
“世話をすることによる活動促進説”をもとに犬
の飼育による活動水準の変化を見る。
今回の研究により動物を飼育することがQOL
の向上に繋がれば、ヒューマンアニマルボンド
の向上にも繋がるだろうと考えられる。
動物による心身の健康への影響過程モデル
人への二次効果
動物の行動
人への一次効果
見る
二
者
の
相
互
作
用
人の行動
社会性
相互の注目
注意の転換
触れる
気晴らし
話しかける
感情の喚起
世話する
活動増加
責任感
世話される
緊張の低下
独立心
関係
他者との関係の
促進
自信
形成
孤独・不安減少
規則的な生活
方法
• 実験協力者
大学生あるいは中高年家庭二組程度
止む終えない場合以外かならず犬の世話が出
来る
犬の飼育歴がある方が良いか?
(出来れば2名くらいの家族で生活している)
方法
• 実験デザイン
≫ABAデザイン
BL期 普段通りの生活を行ってもらう
介入期 犬とのトライアル生活
犬との生活におけるガイドラインの
ようなものに沿って飼育してもらうか、
あるいは自由に飼育してもらう
BL期2 BL期と同様
方法
• 独立変数
“トライアル”形式の犬との生活
• 従属変数
日常場面における活動
≫起床時間、就寝時間、食事回数もしくは時
間、外食の回数、外に出た時間もしくは回数
など5項目程を記録、報告して貰う
質問紙
≫ストレス、孤独感の減少など
問題点
• 従属変数は妥当であるか
• 誰を実験協力者とするか
• 犬の統制がとれない。
飼い主が変れば犬も変るだろうということで、
犬の視線や活動も見た方が良いとのこと。
• 噛み付かれたなどの事故が起こった場合どう
インフォームドコンセントするか。
もちろんそのような問題行動を持つ犬を活動
に用いる事は防がなければならない。
参考文献
•
•
•
岩本隆茂・福井至 培風館 (2001)
アニマルセラピーの理論と実際
Roland,J.Thorpe,Jr. Journal of the American
Geriatrics Society 54(9) (2006)
Dog ownership, walking, and Maintained
Mobility in Late Life.
早川洋子・林文明・野呂和夫・圓尾拓也・江川賢
一・荒尾孝・稲葉裕 山野研究紀要 (2006)
健康作りのための新たなアプローチー人と犬の
健康状態の関連性ー
ダウンロード

卒論構想