外部説明用
(案)
就労支援活動家ネットワーク
各地で斬新な就労支援活動を行っている、施設
商品の開発・販売支援などを行っている団体・人
による情報交換の場を創設する
施設や所属団体の枠を超えて、
これまでの就労支援の枠を超えて、
障害者の就労支援の新たな仕組みを創る
そんな人達が集まり、語り合う場
日本財団 公益・ボランティア支援グループ
福祉チーム 山田 泰久(やまだ やすひさ)
〒107-8404 東京都港区赤坂1-2-2
TEL:03-6229-5294/FAX:03-6229-5160
[email protected]
ブログ: 『Shop人にやさしく』
http://blog.canpan.info/p-shop/
外部説明用
就労支援活動の概念
就労支援施設で行われている就労
支援事業の活性化や売上向上を
目指した、次のような取り組み
①複数施設による連携事業
②民間企業との協働事業
③商品開発支援
④コンサルテーション
⑤施設の枠を超えた販売方法の構
築
一施設の就労支援事業にとらわれ
ず、就労支援事業者が地域、ある
いは全国の就労支援を自ら活性化
するもの
行政、企業、福祉、NPOなどの関係
者が、地域、あるいは全国の就労
支援を支援するもの、協働の枠組
みを構築するもの
就労支援 “活
動”
就労支援
“事業”
就労継続支援A型、就労継続支
援B型、就労移行支援、地域活
動支援センター、授産施設、小
規模作業所等において障害者の
就労の場を提供する事業
外部説明用
先進的な就労支援活動団体
いろいろな団体・人がいるが、お互いの活動をあまり知らない。
まだまだ知らない団体・人がいる。
(特)!-style(京都)
デザイナーや企業と連携した商品開
発と、共同受注の仕組みを構築中
(特)ふわり(愛知)
商品開発セミナーの開催や福祉施
設経営の支援
(福)つながり(大阪)
高槻市で共同受注ネットワークを構
築中
(福)プロップステーション(兵庫)
ITを活用した就労支援施設経営の
他、外部の専門家と施設の連携など
の取り組みを実施
(福)豊生ら・ばるか(愛知)
積極的な就労支援活動を取り組ん
でいる施設運営の他、代表は長野
県の工賃倍増計画総括アドバイ
ザー
エイブルアートカンパニー(奈良)
アートと一般企業の商品開発をつな
ぐ取り組みを実施。たんぽぽの家、
エイブルアートジャパン、工房まるが
主体
(特)日本セプルセンター(東京)
セルプ協の関連団体。ネット販売や
共同受注の仕組みなどを実施
福祉戦略会議(愛知)
(福)名古屋ライトハウスの近藤氏が
中心となって実施している研究会。
新しい仕組みの提案実施を積極的
に展開
(特)福祉ネットこうえん会(福井)
就労支援事業の調査研究や周知啓
発事業を実施
(財)ヤマト福祉財団(東京)
パワーアップセミナーの開催やコン
サルの派遣、ヤマトメール便の紹介、
助成制度を実施
(株)福祉ベンチャーパートナーズ
(東京)
障害者の働く場の創出のコンサルの
他に、セミナー等を開催
(特)Together(大阪)
施設商品をセレクトし、毎月1回頒布
(特ソーシャル・コンシェルジェ(東京)
著名デザイナーと施設によるコラボ
レーションの商品開発
(特)ラポラポラ(北海道)
アート雑貨を集めて巡回する「移動
販売BOX」を開発中
(株)プラスリジョン(兵庫)
自然食品弁当などを就労支援で仕
掛けるコンサル
(株)フェリシモ(兵庫)
カタログ販売の企業。デザイナーが
施設商品の開発のアドバイザーとな
り、カタログに積極的に採用している。
(社)日本フィランソロピー協
会(東京)
施設商品のネット販売など
HIP(東京)
ビジネススクールの卒業
生を中心に、就労施設の
支援を研究している集団
合同会社トランス・ノア(大阪)
町工場経営再生モデル等を構築中
つなぐ(東京)
福祉系のSNSを運営。ギャラリーを
借りて施設商品の販売会などを実施
毎日新聞(東京)
月2回、福祉面で施設商品の紹介を
行っている
(特)WEL’S 新木場(東京)
ジョブコーチの他、訓練事業を実施
外部説明用
事業コンセプト
以下のような団体や人の情報交換、連携の場を創出し、新たな動きを生み出すきっかけとする。
①施設間同士の連携で就労支援活動に取り組んでいる
②民間企業との協働で就労支援活動に取り組んでいる
③施設商品の開発・販売支援などを行っている
④所属団体の枠やこれまでの就労支援の枠を超えた活動を行っている
先進的活動家・活動団体
関心のある層(福祉、一般)
情報交換、
ゆるい連携
福祉業界、一般企業
<調査研究事業として>
①就労支援活動家の情報交換、
連携の場を創る。
②活動家予備軍(福祉・一般の
人で関心のある層)の参加も促し、
ネットワークを構築する。
情報発信
仕掛け・実践
<助成事業として>
施設の枠を超えて、就労支援活
動を活性化するような取り組み
であれば、助成事業として支援
することも可能。
外部説明用
事業内容
就労支援活動サロン(案)
<目的>
就労支援活動団体の情報交換の場とする。
先進的な取り組みを紹介する。
まずは、気軽に集まれる場とする。
<概要>
情報交換の場としてそれぞれ活動を紹介するともに、こ
の分野に関心のある福祉関係者、一般の聴衆の参加も
募り、セミナー形式とする。
<内容>
①8月下旬か9月上旬の平日夜(17-21時)
②1団体10分×10団体のプレゼンタイム、1時間の懇親
会
③発表者は前ページの団体を中心に声を掛け、希望者
を募る。
④福祉関係者を中心に参加者を募る。(40~50名)
<検討事項>
こういった分野に関心のある人がどれだけいるか
発表者に関して、謝金を出すかどうか
遠距離の発表者に関して、旅費を出すかどうか
事業の成果
最初の取り組みの成果としては、就労支
援活動家が集まる場をセッティングするこ
とができることとする。
まずは、集まって、お互いの顔を知る、活
動を知る、情報交換することが重要と考え
る。
その先については、集まって協働で何かで
きないか模索する。
ダウンロード

リンク - Canpanのブログ