「誤解だらけのメディア情報」
毎日新聞の小島正美
2013年2月1日
保物セミナー
「メディアのメディア」が必要
◎記事、ニュースがどこまで的確かをどうやっ
て判断するか。
◎間違い、バイアスを知りたいが、それを知る
方法がない
◎専門家なら、だまされないか。
◎記者たちは情報不足の中でも、記事、ニュー
スを発信する。
12年前の私は情報不足!
遺伝子組み換えの真実
◎私を変えたのは「事実」。批判、非難には屈し
なかったが、事実には屈した。
◎世界中で増えているのはなぜか。
・農薬の節約、土壌の流失防止、増収、省力
・BTコーンは無農薬、ウサギなど増加、飲み水
の農薬汚染が減少、つまり「環境によい」
◎世界の企業は将来を見ている。アフリカ、南
米は特に有望
一面トップニュースは的確か
的確かどうかの判断は?
◎記事の趣旨「事故から2~3カ月、がれきの
足下が高線量だったのに、手足被ばくを測定
していなかったのは問題」
◎東京電力は「胸部の測定で線量管理できて
いた」と反論。
◎専門家は疑問視と書くが、安斎育郎・立命館
大学名誉教授ひとり。「末端部の線量を推計
する必要あり。がん発症時との因果関係解明
にも」
記事へのコメント
◎「不均等被ばく」と「ベータ線被ばく」を混同、
サイエンスから見て、客観的ではない
◎高線量の作業現場で重要なのは実効線量
限度(100・5年、50・1年)。等価線量限度(
皮膚なら500ms・年)の局所被ばく測定が
なかったからといって非人道的とは思えない
。局所測定が困難なら、計算で推計すると放
射線障害防止法にもある
◎ベータ線がガンマ線より危険、もおかしい
一面トップは正しいか?
◎一面トップ記事でも、第三者のコメントを聞く
と、どれくらい正確かが分かる
◎一般の読者は、その記事が専門家の支持を
どれくらい得ているかが分からない
◎他社の記者も、追いかける価値があるかの
判断すら分からない
■翌日に、コメントがすぐに読めたら、どんなに
すばらしいか。
この指摘はどこまで正しいか?
◎「県の健康管理調査は
不十分。親が診断記録
にアクセスする権利を
否定されている
■一方的な記者会見の
内容を報道されても、
どこまで信じてよいか
分からない。他者の視
点、批評が必要
シロクマは絶滅するか?
シロクマは絶滅するか?
◎縄文時代、中世温暖期(1000年前後)はい
まより、もっと暖かかった。当時、工業はなく、
化石燃料を使っていない。原因は何か?
◎学生に聞くと、CO2しか浮かばない
◎これは日頃のマスコミのバイアスのせい
◎過去の歴史を見て、温暖化の最大の要因は
何か?
いま太陽活動は
《常田(つねた)佐久(さく)・国立天文台教授》
◎太陽活動のデータを送る「ひので」の情報を
見ていて、2008年に「変だ、おかしい」
◎太陽は元気だと黒点が多い。不活発だと少
ない。増えるはずが、黒点がほとんど出現せ
ず。黒点が少なかった1645年~1715年(
マウンダー極小期)に似ている。テムズ川が
結氷していた。宇宙線が関係?
トキはいつ絶滅寸前に?
新潟県の広告9月29日(
2012年、毎日新聞)
◎明治時代の銃猟と昭和の高度経済
成長時代・・・
民放のある番組
トマトに肥満改善効果の記事
河田氏のコメント
◎教授は「やせる」とは言っていない」「太った
人がトマトを食べたら、中性脂肪が減るという
ことを証明したわけではない」「人の効果を言
うには、人での臨床試験を重ねることが必要
■報道=朝日「マウスでの量は人なら1日600
㍉㍑のトマトジュース」。毎日「トマトなど新鮮
な野菜を食べるのが基本」。日経「人に即あ
てはまるわけではない」
エビデンスとおもしろさは反比例
■マウスの実験、個人的な体験話は、おもしろ
く報道できる
◎エビデンスが高くなるほど、ニュースとしての
おもしろさ、共感、感動は少なくなる
◎体験話、学会段階の発表のほうが、ニュース
としてはおもしろい。ネズミの実験で何々が、
がんに効く、は記事になる。科学的な論文を
待っていたら、記事として書けるかどうか未知
■その結果、読者へはジャンク情報が多く届く
なぜ、若者は有機を?
記者の農業観は異常?
◎脱サラの若者が目指す農業
・農業は自己実現。原発や化石燃料に頼らない
生き方をしたい。収穫量は二の次。
・化学肥料、農薬を使わない太陽光、バイオマ
スなど自然の恵みを生かした農園
・みなで協力して、収穫を喜び、不作の時は悲
しむ活気ある農業
(不作でも悲しむという喜びの農業!
スウェーデンの町
スウェーデンの住民
リスクを半分した事実なし
ICRPの勧告の変遷
◎1977年、1000㍉Svで2・5%のがん増加。
同じ1000㍉でもじわじわ被ばくは1・25%。
つまり、線量・線量率効果係数は2倍。公衆
被ばく限度は年5㍉Sとした。90年勧告で1
㍉Svと厳しくした。
■ 1977年の1000㍉で1・25%から、90年
勧告では10%と7倍近くも厳しくしてきたのが
歴史的事実。
2012年最悪の記事
◎「ICRPは、原発推進団
体から低線量被ばくの
リスク基準の設定を求
められ、科学的根拠に
乏しい基準を定めてい
たことを内部関係者の
証言で暴いた」
◎「再稼働を意識した動
き」とまるで原発推進の
ための抗議に見える?
素人専門家もだまされた
◎西尾正道氏(北海道がんセンター院長)は本
で「低線量のリスクに科学的根拠はなかった
のに、ICRPの判断で決めた」とNHKが放送
した。「これがICRPの実態だ」。これに原子
力学会が抗議した。「真実を報道すれば、圧
力がかかる。これでは真実は国民に伝わらな
い」と書いた。
■反原発、低線量危険派には、誤った報道でも
高く評価される。
環境哲学の先生は?
◎「原子力ムラのNHKへのあからさまな圧力で
ある。電気事業連合会は、事実関係の誤認と
いう名目の「抗議書」を送り続ける戦略をとっ
てきた。NHKへの抗議もその延長線上のも
のだ」(岩佐茂・一橋大名誉教授ら)
◎マスコミの間違いを指摘することが、なぜ、圧
力と映るのか? 反原発は絶対に正しいとい
うイデオロギー論争か。反原発記事は間違っ
ても支援してくれる人たちがいる!
BSEと似たICRP?
◎「まさか牛が自分たちの内蔵などを処理した
肉骨粉を食べていたとは?」。消費者、記者
は生産現場を知って驚いた。
◎そこに、メディアが切りこみ、不自然なえさを
食べていたと糾弾。
◎肉が安全という神話が崩れる
■ふだん、生産現場が見えないと驚きは大きい
。ICRPは遠い存在。なじみがないと原発推
進団体というだけで信じる・・・。
あるある大辞典と相似?
◎科学的な根拠もないのに、納豆でやせる?
◎制作者の「意図、思いこみ」で「勝手にストー
リー」をつくって、納豆でダイエットあり
◎まともな科学者は見向きもしない論文を捜し
て、制作者の意図に合えば、放映。
◎大なり小なり、あるある大辞典的手法の健康
番組はあとを絶たない。
◎あるあるは制作者の倫理にもとる行為と非難
された。ならば、NHKはどうか?
NHK番組の本質は?
◎このドキュメントは、一方から高く評価され、
もう一方から間違いだと抗議を受けた
◎評価したのも、抗議したのも、専門家
◎間違っても、援護射撃されたので、HNKの記
者たちは良心の呵責が軽くなったはず
◎もし、ICRP委員の抗議がなかったら、NHK
の記者たちはまた同じ番組をつくったかも!
■抗議、訂正がいかに大事か
NHKは特異か?
◎大なり小なり、どのニュースも、記者の主観
バイアスあり。今回のNHKは特にひどかった
だけ。
◎悪意なし。自身の信念、正義感に基づき、反
原発派に応え、世論を変えようとした。どの記
者も大なり小なり、この意識でニュースをつく
る。どのニュースも小さなバイアスの集まり。
◎だから、評価する学者が現れる。
ドキュメントは見立てに基づく物語
≪記事と検察の誘導調書は同じ構図≫
◎最高検察の改ざん報告書を見て、幹部「検事
は記者と似たところがある。気をつけよう」
◎取材の途中で物語を描く。あとは、物語に沿
った材料を集めてゆく
◎デスクは読みやすいように、表現を変えてゆ
く
※あまりにも分かりやすい物語は要注意
ネガティブ報道の帰結
◎人々の「体感リスク」(主観的なリスク)は、ニ
ュースで左右される。ICRPは科学的な根拠
を曲げて、原発推進に進んだと報じれば、IC
RPへの憎しみ、怒り、科学への信頼性の欠
如がもたらされる。
◎「ICRPが決めた基準、勧告なんて信用でき
ない」という空気が生まれる
■放射線リスクが低くても、政府や企業の体質
を批判することで体感リスクは高くなる
ニュースの矛盾?
◎ニュースの内容は間違いでも、その意図は
共感される場合、意図はすばらしいと高く評
価する人たちがいる。
◎これは視聴者のニーズに応えているので、こ
ういう記者たち、ニュースは生き残る。いや生
存競争に勝つ
■専門家がだまされるほど、あまりにも分かり
やすいストーリーは要注意だが・・
メディアには「天敵」いない!
■NHK2011年12月28日「低線量被ばく」の
番組。間違いだらけ。専門家の英語が誤訳。
原発の近くに住む1住民が「がんになった。3
4%も増えている」。「ICRPは低線量リスクを
半分にしていた」(ゆっくりの被ばくは2倍にす
るという係数なのに)
◎ICRPはBPOに提訴。委員は作家や弁護士
なので科学のことは分からないと却下。メディ
アに対抗する手段がない。三権分立は?
ためしてガッテンは見てはだめ!
◇NHKのニュースから学ぶことは何か
◎最初から、ストーリーを決めている。数値が
出ないと、ストーリーにならない。ストーリーか
らはずれた情報は隠す
◎ニュースは記者の意図でどのような内容にも
加工できる。
◎専門家が協力できないと言った番組流れる
◎NHKだから、公正中立、信じられるはウソ
甲状腺がんは本当か
文春の状況証拠
◎エコー検査した医師と弁護士がすぐに「事実
と異なる」と会見をした。これは「がんにならな
い良性の腫瘍です」と。
◎「良性、悪性、どちらでも、原発とは無関係」と
甲状腺の別の専門家。「3、4年たたないとが
んにならず」は常識。
◎記者たちは甲状腺がんの基本知識に欠ける
■あなたは記者と医師のどちらを信じるか?
信濃毎日新聞
◎2011年10月、長野県に避難していた16歳
以下の130人を血液検査。甲状腺ホルモン
が基準以下、腫瘍マーカーが基準値をやや
上回った。鎌田実氏「被ばくの可能性は捨て
きれない」。
◎鎌田氏ブログ「将来、甲状腺がんになるわけ
ではない。おそらく時間とともに正常値になっ
ていく」。◎日本小児内分泌学会「一過性変
動。被ばくと結びつける積極的理由はない」
不安を強調するのが特色
不安報道の特徴
◎不安をもつ親、子供を捜す。その声を記事に
入れる。非科学的なこと「私(高校生)って、子
供が産めるのかしら?」でも載せる
◎科学的なエビデンスよりも気持ちを重視
◎その不安に合った専門家のコメントを載せる
「少量のセシウムでも免疫が低下し、がんな
どになる。細心の注意が必要だ」
■パターンはどれも同じ
体感リスクと報道
◎メディアはリスクそのものではなく、不安だと
いう体感リスクの高い人たちを取りあげる→
複数のメディアが報じる→社会全般に不安が
広がる。
◎企業の不祥事、モラルの欠如を批判的に報
じる(伊藤ハム、不二家など)→その企業の製
品のリスクも高いに違いない。不買→マスコミ
が介在することで不祥事=体感リスクに変換
企業の不祥事報道は高い評価
◎企業の悪質な姿勢、不透明な部分に切り込
むメディア情報は、信用される(調査済み)
◎不正追及は評価される
■行政が冷静で科学的なリスクを示しても、企
業の不祥事、政府の不正追及を行うメディア
がある限り、通用しない
■企業の偽装、政府の情報隠しがあるとマスコ
ミは優位に立てる→ますます体感リスクを高
める
北海道新聞は特異的か?
◎北海道新聞の手法は、実は、どの記者も似
たような手法で書く
◎1人ひとりの記者は、「警告したい」という意
識で不安を強調。これはどの記者も同じ。つ
まり、大半の記者は、普通の気持ちで普通の
警告意識で不安を強調→これがどのメディア
にも登場→結果的にメディア全体が不安を強
調、とはいえ極端に煽っているわけでもない
ニュースの価値は何で決まる?
◎ニュースの価値、大きさは
=「特異的な現象」×「物語」×「アクション」
◆特異的な現象=珍しい主張、少数派、時流
に乗って内部告発、
◆物語=感動を呼ぶ半生、平均的な世界とは
違う体験をもつ、「共感」がポイント
◆アクション=目立つ行動、緊急記者会見、政
府にメール、★「映像」になる
新規制値は子供を守る?
◎「不安」に思う特定の少
数の女性たちをあえて
取り上げて、不安を訴
えるマスコミ→新基準
値でも「不安」だよと訴
える
◎情報の主体が異なるだ
けで、北朝鮮と効果は
同じ。善の顔をまとう分
だけ悪質か?
マスコミは涙に弱い
マスコミが取り上げる条
件
①涙
②正義感と内部告発
③女性と子供を守る
■これで学者は正義の
味方
不安報道の自己拡大
◎一記者としては、小佐古氏を取りあげるだけ
。新基準値に不安な女性を取りあげるだけ。
よかれと思って→あらゆるメディアの記者が
同じ行為をする→世論が変わる→変わった世
論を見て、記者は自分の記事がニーズに合
ったものと見る→さらに不安を取りあげる
■メディアが造り出した世論にメディアも太刀打
ちできない。制御不能の事態が出現!
どんなとき記者は揺らぐか?
◎BSEのとき、政府が自信喪失。「30カ月以
下で十分」と検査体制に自信をもっていえな
い。処理したはずの肉骨粉が流通していたと
分かり、行政不信は頂点に。
◎これで記者に「リスクは非常に小さい」と確信
がもてるか? 記者に確信がもてないと小佐
古教授の言動のほうに揺れ動く
■BSEと似た行政不信が原発事故後に生じた
そもそも不安の正体は?
◎不安、安心できないという主観的な気持ちは
、結局、その「人特有」の問題であり、価値観
、思想から来るもの。科学でなく、倫理、宗教
の世界だ。イスラムをキリスト教に?
■1億円あっても、不幸な人。年収300万円で
も幸せな人。価値観次第。年1㍉Sでも恐怖
を感じる人、10㍉でも楽観的(安心している)
な人。人それぞれ。どんな価値観をもてば、
幸せになれるかという問いも重要。
新型インフルエンザの教訓
◎国立感染症研究所は頻繁に記者との勉強会
を開いた。「初歩的なことでもなんでも、聞い
てくれ。分からないときは、いつでも聞いてく
れ」。記者の専門知識は上がった。
◎報道の中身はだんだんとよくなっていった
■日頃から、記者レクチャーを忘れない
■呼びかけにいつでも集まる記者10社20人を
つくれ
メディアのメディア事例
◎日本アルミニウム協会
・アルツハイマー病とアルミの関連で科学的な
根拠に乏しい記事に質問と訂正
↓
・その質問と訂正、相手からの回答を全社、知
り合いの記者に郵送した。他紙の間違いが分
かる。他紙の対応が分かる
・いまならネットですぐに対応できる
ダウンロード

小島正美