トピック8
患者や介護者と協同する
Patient Safety Curriculum Guide
1
学習目標
害の予防と有害事象から教訓を得る過程において,患者及
び介護者が医療におけるパートナーとして協働できる方法を
理解する
Patient Safety Curriculum Guide
2
習得すべき知識
 基本的なコミュニケーション技術
 インフォームドコンセントの手順
 情報開示の基本事項
Patient Safety Curriculum Guide
3
習得すべき行動内容





情報を共有するよう積極的に患者及び介護者を促す



情報開示プロセスの基本的なステップを説明し,理解する
患者及び介護者に共感,誠実さ,敬意を示す
効果的なコミュニケーションを行う
インフォームドコンセントを取得する
それぞれの患者の相違,宗教的及び文化的な信条,並びに個人
のニーズを尊重した態度を示す
すべての臨床活動に患者関与の考え方を適用する
良好な臨床管理に患者及び介護者が関与することの重要性を認
識し,そのことを示す
Patient Safety Curriculum Guide
4
インフォームドコンセントの取得
 診断
 診断に関する不確かさの程度
 治療に伴うリスク
 治療の有益性と,その治療を行わない場合のリスク
 回復期間に関する情報
 ケア又は治療を提供する医療従事者の氏名,地位,資格,
経験
 退院後に必要となるあらゆるサービスの利用可能性と費用
Patient Safety Curriculum Guide
5
SEGUE framework
 お膳立てをする(Set)
 情報を引き出す(Elicit)
 情報を伝える(Give)
 患者の考え方を理解する(Understand)
 接触を終える(End)
Source: Northwestern University
Patient Safety Curriculum Guide
6
文化能力
(cultural competence)
 文化的な相違を理解する
 自身の文化的な価値観を把握しておく
 人によって物事すべての解釈の仕方が異なるということを
理解する
 文化的な信条は健康にも影響を及ぼすことを知っておく
 患者の文化的又は民族的背景に率先して合わせるように
する
Patient Safety Curriculum Guide
7
有害事象を最小限に減らしていく上での
患者の役割
 患者は自身への医療プロセスに関与したいと考える
(ただし担う役割にもよる)
•
•
薬剤の服用目的については85%の患者が気軽に質問できる
医療従事者が手を洗ったかどうかを質問することには46%の
患者がとても気が引けたと回答した
Patient Safety Curriculum Guide
8
オープンディスクロージャー(情報開示)
治療結果が悪かったことを患者やその家族に伝えるプロセ
スを指して用いられる用語であり,治療中の疾患又は外傷
から想定された不良な転帰を告げる場合は含まない
Patient Safety Curriculum Guide
9
情報開示の重要原則
 適切なタイミングで率直なコミュニケーションを行う
 インシデントの発生を認める
 遺憾/謝罪の意を表明する
 患者とその関係者が抱くと考えられる期待を妥当な範囲で想
定しておく
 スタッフを支援する
 守秘義務を守る
Patient Safety Curriculum Guide
10
◘
Patient Safety Curriculum Guide
Source: http://www.health.nsw.gov.au/quality/opendisc/index.html
11
インシデントの発生
インシデントの
管理プロセス
を開始
SAC評価
を実施
直ちに
オープンディス
クロージャー
プロセス
を開始
必要な対応は
一般レベルか
高レベルか?
高レベル
一般レベル
インシデントを
IMSに記録
このプロセスは継続していき,Health Care Record
及びIMSへの記録が含まれる
インシデントを患者
の医療記録に記録
高レベル
の対応
一般レベル
の対応
オープンディス
クロージャー
チームを編成
インシデント
の特定から
24時間以内に
患者と面談し,
謝罪する
オープンディスク
ロージャープロ
セスを患者の医
療記録に記録
インシデントは
高レベルの
対応が必要と
なるまでに
発展したか?
NSW州の
Treasury
Managed
Fund (TMF)
及びMDO(適
宜)に連絡
Yes
インシデント
の特定から
24時間以内
に患者と面
談し,
謝罪する
インシデント
調査の
プロセスを開
始
No
情報開示
プロセスの
フローチャート
患者の
フォローアッ
プ
Source: Adapted from flow diagram of the open disclosure process
http://www.health.nsw.gov.au/policies/gl/2007/pdf/GL2007_007.pdf
Patient Safety Curriculum Guide
終了
終了
終了
終了
12
ハーバード大学の手法(Harvard Framework)
 準備
 対話の開始
 事実の提示
 積極的な傾聴
 主張の受け入れ
 対話の結論
 記録
Source: Harvard Hospitals. Cambridge, MA, Harvard
University, 2006
Patient Safety Curriculum Guide
13
SPIKES
 傾聴技能を磨く(Sharpen)
 患者の認識に注意を払う(Pay attention)
 詳しい話し合いに患者を参加させる(Invite)
 事実を把握する(Know)
 感情を推測し(Explore),共感を示す
 患者や家族と共に次の段階に向けた戦略を立てる
(Strategize)
Source: R. Buckland
Patient Safety Curriculum Guide
14
ダウンロード

患者や介護者と協同する