経済学(第5週)
前回のキーワード(1-2-2~1-2-3③)
・
・
・
・
・
ISバランス,可処分所得
SNA
GrossとNet,固定資本減耗
DomesticとNational,海外(要素)所得
市場価格表示と要素費用表示
1
1-2-3④ GDPとNI(国民所得)の関係
(i) NI=要素費用表示のNNP
=市場価格表示NNP-(間接税-補助金)
(ii) GDP-固定資本減耗=NDP
(iii) NNDP+海外からの要素所得純受取
=(市場価格表示の)NNP
・(i)(ii)(iii)より、
NI= GDP-固定資本減耗
+海外要素所得純受取-(間接税-補助金)
2
1-2-3⑤ GDPの範囲
◆ 市場を経由せずに発生した財・サービスの価値
▶
特殊な方法でGDPに算定されるもの
・ 費用ベースによる間接推計
・・・公的サービスの価値
・ 帰属価格による算定(テキストp.16-17)
・・・持ち家の帰属家賃,農家の自家消費など
▶ 技術的な制約等のため算定されない価値
家事サービス, キャピタル・ゲイン(資本利得)
外部効果,非合法な経済活動(地下経済) など
3
1-2-4① フローとストック
◆ ある時点(t)から、次の時点(t+1)までの間を期間
(t期)という
◆ ある期間の経済変量はフロー変数とよばれる。
例) GDP,消費,投資,貯蓄など
◆ ある時点の経済変量はストック変数とよばれる。
例) 実物資産(資本ストック),金融資産,通貨流通
量など
4
1-2-4② 投資と資本ストック
◆ 企業の設備投資は、生産能力を増やすために行
われる。
◆ 設備投資の実施(フローの発生)
→ 資本ストック(固定資本)の増加
※ 短期のマクロ経済分析では、投資の発生は支出
(GDE)として扱うが、期末時点まで供給能力は増
加しないと仮定する。
5
1-3① 国際収支表
国際収支(Balance of Payments:BOP)
◆ 一国の居住者が非居住者に対して行う経済取引
を複式簿記の形で記録したもの
◆ 経常収支勘定と資本収支勘定から構成
◆ 1966年に採用、1996年に改訂
6
1-3② 経常収支(Current Account)
◆ 貿易・サービス収支
=貿易収支+サービス収支
◆ 所得収支
・・・賃金・利子所得など
◆ 経常移転収支
・・・無償資金援助,国際機関への拠出
7
1-3③ 資本収支(Capital Account)
◆ 投資収支
=直接投資(FDI)+証券投資+その他
◆ その他資本収支
(資本移転や著作権、特許権の取得処分など)
8
1-3④ 国際収支表の見方
貸方(受取)
BOP
借方(支払)
経常収支
輸 出
輸 入
金融資産の減少
外貨準備の増加
金融資産の増加
(-表記)
資本収支
※ 所得収支=経常移転収支=0としている
9
1-4-1① 名目(nominal)と実質(real)
◆ 例えば、GDPなどの集計された市場評価額(名目
値:nominal value)の変化には、物価変動による「み
せかけの変化」が混在する場合がある
◆ その場合には、物価の変動分を除いた市場評価額
(実質値:real value)の変化をみる方が有効である
◆ いくつかの例外的なマクロ経済変数を除けば、
名目変数=物価×実質変数
と理解すればよい
10
(応用)物価指数の算定法
◆ GDP(2012)=∑{pk(2012) ×Qk(2012)}
(pk;財の価格,Qk;財の数量)
◆ 基準年(たとえば、2000年)の物価を100としたと
き、2012年(比較年)の物価がいくらであるかを示
すのが物価指数
◆ 数量(Q)の割合を、基準年(A)か比較年(B)で統
一する2つの方法がある。(A)をラスパイレス指数,
(B)をパーシェ指数とよぶ。
11
1-4-1② 物価指数の例
◆ 消費者物価指数(CPI)
◆ 企業物価指数(CGPI)
◆ GDPデフレーター
12
ダウンロード

MS ppt版