平成23年度
事 業 概 要
平成23年4月
北 陸 地 方 整 備 局
松 本 砂 防 事 務 所
北アルプス地域を土砂災害から守る松本砂防事務所
松本砂防事務所は、北アルプス(飛騨山脈)の山なみに沿って、梓川、高瀬川、
姫川の3つの河川の流域で砂防事業を行っています。
3,000m級の山が連なる北アルプスとその周辺地域は日本を代表する山岳
観光地ですが、同時に土石流・地すべり・がけ崩れなどの土砂災害が多い地域
でもあります。
こうした災害から生命・財産を守るのが、松本砂防事務所の仕事です。
管内の3流域
梓川流域
流路延長:50km
平均河床勾配:1/20
流域面積:559km2(新淵橋上流)
高瀬川流域
流路延長:31km
平均河床勾配:1/13
流域面積:350km2(高瀬橋上流)
姫川流域
流路延長:46km
平均河床勾配:1/16
流域面積:691.2km2(山本橋上流)
1
〔1〕平成23年度事業計画
実施箇所数
事 業 区 分
事業費
(千円)
計
新 規
継 続
再 開
うち完成
直轄砂防事業
信濃川上流
姫
川
13
1
0
14
0
2,082,000
(直轄砂防)
9
1
0
10
0
1,433,000
(直轄火山)
4
0
0
4
0
649,000
直轄砂防事業
12
2
0
14
0
3,257,000
(直轄砂防)
10
1
0
11
0
2,332,000
(直轄火山)
2
1
0
3
0
925,000
事業費計
5,339,000
※業務取扱費を除く
河川名
渓流名
市町村名
全体事業内容
事業箇所名
梓川
梓川本川上流床固工群
床固工1基、帯工9基、護岸工
八右衛門沢
八右衛門沢上流床固群
床固工1基、砂防堰堤2基、導流工
産屋沢渓流保全工
砂防堰堤1基、導流工
梓川
釜ヶ渕堰堤補強
天端補強工、本堤基礎補強工、法面対策工
霞沢
霞沢第2号砂防堰堤
砂防堰堤1基
島々谷第6号砂防堰堤
砂防堰堤1基
奈川(曽倉沢)
ソグラ沢砂防堰堤群
砂防堰堤2基
奈川
金原砂防堰堤補強
副堰堤1基、護岸工、グラウト工
正沢砂防堰堤
砂防堰堤1基
湯川
梓川砂防設備補強
砂防堰堤工
鷺沢
鷺沢砂防堰堤
砂防堰堤1基
鹿島川
鹿島川砂防林
床固工1基、導流堤8基、護岸工
高瀬川砂防設備補強
砂防堰堤工
日向山床固工群
床固工9基、帯工3基、護岸工
平川渓流再生工
階段工10箇所、魚道工12箇所、護岸工
姫川砂防設備補強
砂防堰堤工
北股第2号砂防堰堤補強
本堤補強、副堰堤補強、護岸工
岩岳砂防堰堤
砂防堰堤1基
金山沢渓岸工
山腹工、堰堤補強工、渓岸工
浦川上流砂防堰堤群
砂防堰堤3基
浦川砂防設備補強
砂防堰堤工
葛葉山腹工
法枠工、ロックボルト工
葛葉下流山腹工
法枠工、落石防護網工
大所第9号砂防堰堤
砂防堰堤1基
大所第9号上流砂防堰堤
砂防堰堤1基
小滝第1号砂防堰堤
砂防堰堤1基
小滝瀬野田砂防堰堤
砂防堰堤1基
中股第3号砂防堰堤
砂防堰堤1基
担当出張所等
建設専門官
産屋沢
梓川
島々谷川
松本市
奈川(正沢)
高瀬川
大町市
梓川出張所
高瀬川出張所
篭川
平川
白馬村
松川
浦川
小谷村
姫川
姫川出張所
姫川
大所川
糸魚川市
建設監督官
(姫川)
小滝川
根知川
4月1日の閣議において財務大臣から公共事業予算・施設費について5%を一つのめどとして執行をいったん留保するとの方針
が示されたことから、全体として原則5%程度の予算執行が留保されることとなる。
2
〔2〕平成23年度
実施予定箇所位置図
【信濃川水系:梓川】
大天井岳
槍ヶ岳
蝶ヶ岳
穂高岳
梓川本川上流床固群
鍋冠山
島々谷第6号砂防堰堤
八右衛門沢上流床固工群
徳沢
上高地
上高地防災情報管理センター
釜ヶ渕堰堤補強
焼岳
梓川出張所
松本市安曇
霞
沢
島々谷川
産屋沢渓流保全工
砂防基準点
水殿川
黒川
霞沢第2号砂防堰堤
湯川
梓川
稲核ダム
水殿ダム
大野川
鷺沢砂防堰堤
松本市波田
小大野川
奈川渡ダム
前川
正沢砂防堰堤
乗鞍岳
奈川
鉢盛山
黒川
金原砂防堰堤補強
松本市奈川
ソグラ沢砂防堰堤
鎌ヶ峰
梓川砂防設備補強
1000m
0m
3
2000m
3000m
5000m
4000m
【信濃川水系:高瀬川】
五龍岳
鹿島槍ヶ岳
鹿島川砂防林
鹿
島
川
爺ヶ岳
岩小屋沢岳
赤沢岳
日向山床固工群
大町市
篭川
針ノ木岳
蓮華岳
高瀬川出張所
砂防基準点
高瀬川
七倉沢
不動岳
濁沢
大町ダム
不
動
沢
鍬ノ峰
七倉ダム
高
瀬
川
高瀬ダム
東沢
高瀬川砂防設備補強
燕岳
三俣蓮華岳
湯俣川
大天井岳
0m
槍ヶ岳
4
1000m
3000m
5000m
4000m
2000m
砂防基準点
【姫川水系:姫川】
小滝瀬野田砂防堰堤
根
知
川
小滝第1号砂防堰堤
中股3号砂防堰堤
小滝川
犬ヶ岳
雨飾山
横川
葛葉下流山腹工
葛葉山腹工
大所川
天狗原山
薬師岳
大
滝
川
大所第9号砂防堰堤
大所第9号上流砂防堰堤
糸魚川市
中谷川
浦川上流砂防堰堤群
朝日岳
風吹岳
浦
川
金山沢渓岸工
奥西山
土谷川
碑田山
小蓮華山
小谷村
東山
白馬岳
岩岳砂防堰堤
姫
川
北股第2号砂防堰堤補強
浦川砂防設備補強
楠
川
丙山
松川
姫川出張所
唐松岳
平川
姫川砂防設備補強
平川渓流再生工
白馬村
大遠見山
0m
5
1000m
3000m
5000m
2000m
4000m
〔3〕平成23年度の主要事業
※(
)内は施工地
1.産屋沢渓流保全工事業の推進(長野県松本市)
・・・・・・・・・・・・・ 7
2.ソグラ沢砂防堰堤群事業の推進(長野県松本市)
・・・・・・・・・・・・・ 8
3.鹿島川砂防林事業の推進(長野県大町市)
・・・・・・・・・・・・・ 9
4.日向山床固工郡事業の推進(長野県大町市)
・・・・・・・・・・・・・10
5.浦川上流砂防堰堤群事業の推進(長野県北安曇郡小谷村)
・・・・・・・・・・・・・11
6.葛葉下流山腹工事業の推進(新潟県糸魚川市)
・・・・・・・・・・・・・12
6
しなのがわじょうりゅう
うぶやさわけいりゅうほぜんこう
信濃川上流水系直轄砂防事業(産屋沢渓流保全工)
ながのけんまつもとし
長野県松本市
事業の概要
産屋沢は霞沢岳を水源とし、河床勾配が源流部で1/1.5、下流部が1/5と非常に急峻な沢であるこ
とから、土石流が度々発生し、河道内には巨礫を含む大量の土砂が堆積しています。平成20年7月
豪雨時に土石流が発生し、県道上高地公園線(産屋沢橋)に流出しました。上高地公園線は上高地
にアクセスする唯一の路線であり、土石流対策として床固工群、導流工、砂防堰堤を整備します。
整備効果
産屋沢を整備することにより、渓流内の土砂の移動を防止するとともに、上流からの流出してき
た土砂を捕捉し、保全対象の安全が確保されます。
事業着手
平成23年度
平成23年度の事業内容
砂防堰堤施工にむけて工事用道路の整備を推進し
ます。
産屋沢渓流保全工
松本市
工事用道路
産屋沢
産屋沢橋
位置図
梓川
県道上高地公園線
産屋沢全景
平成20年7月28日の出水では土石流の
一部が産屋沢橋を乗り越えた。
荒廃が進む産屋沢
7
しなのがわじょうりゅう
そぐらさわさぼうえんんていぐん
信濃川上流水系直轄事業(ソグラ沢砂防堰堤群)
ながのけんまつもとし
長野県松本市
事業の概要
ソグラ沢は土石流危険渓流であり、昭和58年9月の台風によって松本市奈川(旧奈川村)が壊滅
的な被害を受けたときには土石流が発生し、地域の経済道路である主要地方道奈川・木曽線及び集
落が被災した渓流です。昭和58年災害規模の土石流災害から下流の奈川・木曽線及び集落を保全す
るために、砂防堰堤を整備するものです。
整備効果
ソグラ沢に砂防堰堤が整備されることによって、昭和58年災害規模の土砂災害から地域の安全が
確保されます。
事業着手
平成19年度
平成23年度の事業内容
ソグラ沢第1号砂防堰堤の整備を推進します。
松本市
ソグラ沢砂防堰堤群
位置図
ソグラ沢
ソグラ沢
主要地方道奈川・木曽線
主要地方道奈川・木曽線
奈川
奈川
ソグラ沢全景
奈川合流部
8
しなのがわじょうりゅう
かしまがわさぼうりん
信濃川上流水系直轄砂防事業(鹿島川砂防林)
ながのけんおおまちし
長野県大町市
事業の概要
鹿島川砂防林計画地点は、河床勾配が比較的緩く、川幅も広く渓畔林が繁茂しているため、これ
らの敷地と樹林の粗度を有効活用することで、遊砂地として大きな効果が期待できます。そのため、
ハード対策(施設整備)を最小限にとどめ、現況の河川地形の遊砂地と渓畔林を砂防林として有効
利用することで土砂災害防止と自然環境の保全を両立させるとともに、地域の方々と砂防林内の利
活用計画や砂防林管理方法等について意見交換を行いながら事業を推進します。
整備効果
砂防林の整備により、渓畔林の遊砂地空間を活用した土砂流出調節を行うことができ、昭和44年
出水で土砂災害が発生した下流地域の地域住民に対し、土砂災害への安全が確保されます。
事業着手
平成10年度
平成23年度の事業内容
鹿島川砂防林
砂防林事業及び河床低下を防ぐため床固工の整備
を推進します。
丸山砂防堰堤
位置図
渓畔林
鹿島砂防林計画地
猫鼻床固工
鹿島川砂防林全景
9
しなのがわじょうりゅう
ひなたやまとこかためこうぐん
信濃川上流水系直轄砂防事業(日向山床固工群)
ながのけんおおまちし
長野県大町市
事業の概要
篭川流域の地質の大部分は花崗岩で風化しやすく、上流の山稜は森林が育ちにくいため岩が露出
しており、山腹崩壊や渓岸侵食が進んでいます。さらに温泉作用による風化も加わり、降雨のたび
に土砂流出を繰り返しています。
篭川の下流域は、1/25~1/20河床勾配を持つ急流河川であるため、乱流による局所洗掘が大きく、
河床低下や縦横侵食起こしているため、不安定土砂が堆積しています。更に、左岸部の県道扇沢大
町線は河床との比高差が小さいため、土砂流出により県道が被災すると観光客が上流域に閉じこめ
られる危険性があります。また、下流域には人口密集地である大町市街地が存在するため、大量の
土砂流出防止及び河床の安定を図るため、床固工群の整備を推進します。
整備効果
床固の整備より河床不安定土砂の再移動が防止されるとともに、流路が安定されるため、下流域
の保全対象の安全が確保されます。
事業着手
平成20年度
平成23年度の事業内容
床固工の整備を推進します。
日向山下流床固工群
高瀬川・篭川合流部の状況
大町有料道路
日向山地区
県道
高瀬入地区
上原地区
位置図
篭川
高瀬川
日向山床固工群の全景
篭川道路の被災状況(S44)
10
ひめかわ
うらかわじょうりゅうさぼうえんていぐん
姫川水系直轄砂防事業(浦川上流砂防堰堤群)
ながのけんきたあずみぐんおたりむら
長野県北安曇郡小谷村
事業の概要
浦川流域には、明治44年8月の稗田山大崩壊時に発生した大量の崩壊土砂が現在も大量堆積し、
大雨等により土石流となって下流に流出し、下流部に被害を発生させています。また、当該流域は
河床変動が著しく、局所的な河床低下や河岸侵食が見られます。
現在、浦川上流部である唐松沢においては特に荒廃が進み、異常堆砂の状況を呈しています。また、
浦川中流域においては整備が進み、これ以上の整備率の向上が望みにくい状況となっています。
以上により、全体としては依然として整備率の低い浦川の整備進めるため、上流域に砂防施設を
配置して効果的な土砂整備の進捗をはかるものです。
整備効果
土砂整備を進めることにより、下流の集落が土石流等の土砂流出による被害から保全されます。
事業着手
平成23年度
平成23年度の事業内容
浦川上流域に浦川上流砂防堰堤群の整備を促進します。
浦川上流砂防堰堤群
浦川上流砂
防堰堤群
唐松沢
金山沢
位置図
唐松沢
浦川上流砂防堰堤群全景
上流の荒廃状況
11
ひめかわ
くずはかりゅうさんぷくこう
姫川水系直轄砂防事業(葛葉下流山腹工)
にいがたけんいといがわし
新潟県糸魚川市
事業の概要
姫川本川の葛葉地区は、平成7年7月11日から12日の梅雨前線豪雨による姫川の増水時に、葛葉峠
左岸山腹斜面の直下が渓岸侵食を受け、約12万m3もの土砂が下流に流出しました。
この土砂流出で葛葉地区下流域は河床が最大約10m上昇し、堤防上を越水・土砂氾濫が発生し、
姫川温泉や国道148号、JR大糸線に甚大な被害を及ぼしました。このため、災害防止のため、山腹
工の施設整備により、斜面の安定を図ることが急務となっています。
整備効果
1)斜面の安定化を図り、姫川流域の土砂生産を抑制することで、下流域の姫川温泉、国道148号、
JR大糸線等の保全対象への土砂災害を軽減する。
2)床固工、護岸の施工時及び管理時の安全性を確保する。
3)裸地状態の左岸山腹斜面の自然環境を回復させる。
事業着手
平成21年度
平成23年度の事業内容
葛葉下流山腹工の早期完成にむけて事業を推進します。
葛葉山腹工
崩壊したJR大糸線と国道148号
姫川
姫川温泉
姫川
被災直後 H7.7.13
JR大糸線
国道148号
姫川温泉
姫川
保全対象の状況(H17.5)
位置図
過去の被災状況(H7.7.12梅雨前線豪雨)
崩壊箇所
進行する斜面崩壊
崩壊斜面の状況
H20年9月
工事で設置した仮設の落石防護
柵の破損状況
姫川
12
建設専門官
建設監督官
事務所長
総務課
総務係
副所長(事務)
専門職
職員係
副所長(技術)
経理係
用地課
用地係
工務課
工務係
設計係
品質確保課
技術審査係
調査課
調査係
専門職
火山対策係
梓川出張所
専門員(2)
事務係
高瀬川出張所
技術係
事務係
姫川出張所
技術係
事務係
事務
11人
32%
技術
23人
総数34人
68%
技術係
-砂防事業に関するご意見、ご相談はこちらへ【事業全般】
松本砂防事務所 〒390-0803 松本市元町1-8-28
℡ 0263-33-1115
【梓川での砂防工事】
梓川出張所
〒390-1501
℡ 0263-94-2344
松本市安曇124-10
【高瀬川での砂防工事】
高瀬川出張所 〒398-0002 大町市大字大町5032-1
℡ 0261-22-0650
【姫川での砂防工事】
姫川出張所
〒399-9301 北安曇郡白馬村大字北城6929-2
℡ 0261-72-2254
【焼岳での砂防工事】
上高地防災情報管理センター
〒390-1516 松本市安曇上高地国有林4468
℡ 0263-95-2014
-メールでのお問い合わせはこちらへe-mail:[email protected] 担当課(調査課)
13
ダウンロード

ソグラ沢砂防堰堤群