GETAを用いたCUI版
リスクシナリオ発見支援システム
静岡大学工学部システム工学科
前田研究室 4年
5031-3049 田代敦士
研究の目的
◆目的
リスク事象発生の因果関係のシナリオの気付きを支援する
◆対象
特定の難しい新規リスクの一つである食品安全リスク
食品安全リスクの例
BSE、遺伝子組み換え技術 等
◆目標
汎用連想計算エンジンGETAを用いて、食品安全に関する
WWWの情報を基にリスクシナリオ発見を支援するシステム
をキャラクタベースで構築する
リスクシナリオ発見について
リスクシナリオ発見
◆リスクが発見される以前の適切な処置
◆早期警告を促すこと
→リスクの低減・回避につながる
経路の気付き
が必要
単語
単語
原因A
B
文書
文書
単語
C
単語
文書
図1 リスク事象の連鎖
結果D
汎用連想計算エンジンGETA
本システムでは情報処理振興事業協会(IPA)のオープ
ンソースであるGETAを利用してシステムを構築
GETAは、文書検索において文書間および単語
間の類似度を高速計算するツール
※GETAは、IPAが実施した「独創的情報技術育成事業」の研究成果
汎用連想計算エンジンGETA
言葉の重なり具合で文書の内容がどのくらい
Webページ Aに
似ているのかを測り、本来探しているものと類
含まれる単語群
似した内容の文書を選択
Webページ A
文書間および単語間の関連性を把握
Webページ B 共通する単語群
リスクシナリオ発見を支援
データベースに登録されてい
る全WEBページ
Webページ Bに
含まれる単語群
データベースに登録されてい
る全単語
システム構成 ~対象データ
栗田(2005)により体系化された食品安全リスクに関するクリ
アリングハウス構築システムマニュアルを参考にデータ収集

食品安全リスクに関するキーワードの選定
「リスク分析」、「食品」、「動物衛生」、「消費者情
報」 に関連する65個のキーワード
Perlによるプログラムを用いてデータ収集

結果、約11万件のWeb上のデータを収集・更新

システム構成
~ユーザーインターフェース
食品安全に関する情報のデータベースを基にして、
GETAを用いたシステム内部の設計、およびWeb上で
の利用が可能なキャラクタベースのユーザーインター
フェースの設計をした
CUIによるシステムの利点として以下が挙げられる
◆計算処理が早い
◆比較的ハードウェアの性能が低くても動く
◆ユーザに対して対話式に機能を提供できる
次ページにインターフェースを示す
システム構成
~ユーザーインターフェース
①検索窓
②検索ボタン
③チェックボックス
④タイトル
⑤文書連想検索ボタン
⑥抽出ボタン
⑦伝播ボタン
⑧関連語
⑨単語連想検索ボタン
図2.検索結果表示画面
本システムの説明

通常検索・単語連想検索
・単語を入力語とすることで、関連のある文書リストが表示される
・さらに関連のある文書群に関連する単語(特徴語)が表示される

文書連想検索
・選択した文書に関連のある単語が表示される
・選択文書をもとにした関連語に関連する文書リストが表示される
本システムの説明
伝播
・気になる文書を選択して伝播
を行うことで、選択文書の関連
語(特徴語)に関連する文書が
検索結果の文書リストの中か
ら選択される
・抽出(選択文書を取り出す機能)
と併用することで、より目的にあっ
た文書をみつけることができる
図3.伝播結果表示画面
(ウイルスの検索結果の文書リスト1
の文書に関連のある文書群にチェッ
クが入り、太字で表示されている)
検証作業

「サルモネラ菌」
サルモネラ菌が原因で発生する食中毒は抵抗力
の弱い、園児に発生しやすい。
「幼稚園」という単語から「サルモネラ菌」という結果
までの経路について検証を行った。
検証作業クリック
クリック
クリック
クリック
考察・結論



先行研究での課題でもあった、Web上での公開が
可能な新規インターフェースの構築を果たせた。
既知のリスク事象の原因から結果までの経路を示
すことで、システムの有用性は示すことができた。
リスクシナリオを発見するためには、今後もさまざ
まな単語間、文書間のつながりの可能性を検証す
る必要がある。
参考文献

新規環境・技術リスクへの社会的ガバナン
スの国際比較、 池田三郎他
ご清聴ありがとうございました
ダウンロード

卒論発表資料