PROGRAMMING IN HASKELL
プログラミングHaskell
Chapter 13 – Reasoning about Programming
プログラムの論証
愛知県立大学 情報科学部 計算機言語論(山本晋一郎・大久保弘崇、2011年)講義資料
オリジナルは http://www.cs.nott.ac.uk/~gmh/book.html を参照のこと
0
等式推論
 中学高校で学ぶ式の変形は、数と演算子に対する
代数的性質を利用している
 例: 加算や乗算について成り立つ性質




xy=yx
x + (y + z) = (x + y) + z
x (y + z) = x y + x z
(x + y) z = x z + y z
{* の交換則}
{+ の結合則}
{* の + に対する左分配則}
{* の + に対する右分配則}
 性質を用いた論証の例

=
=
=
=
(x + a) (x + b)
(x + a) x + (x + a) b
xx+ax+xb+ab
x^2 + a x + b x + a b
x^2 + (a + b) x + a b
{左分配則}
{右分配則}
{* の交換則}
{右分配則を右辺から左辺へ}
 (x + a) (x + b) と x^2 + (a + b) x + a b は等しいが、
計算は前者の方が効率的(加算 2 回と乗算 1回)
1
Haskell に対する論証
 同様に、Haskell のプログラムに対して成立する
性質を論証しよう
 利用者が与えた等式は性質として使える
 以下の定義
double :: Int  Int
double x = x + x
は、プログラムに関する論証で使用できる性質
 任意の Int 型の式 a に対して、double a を a + a に置
き換えて良い
 左辺から右辺、右辺から左辺のどちらにも使える
2
Haskell に対する論証
 複数の等式による関数定義に注意
 定義式の順序は重要
 isZero :: Int  Bool
isZero 0 = True
{常に使える}
isZero n = False
{n ≠ 0 の場合のみ}
 ガード付き等式による等価な定義
 順序を気にしなくて良いので使いやすい
 isZero 0
= True
isZero n | n ≠ 0
= False
{常に使える}
{常に使える}
3
reverse と ++ の定義(復習)
reverse :: [a]  [a]
reverse []
-- p.167
= []
reverse (x:xs) = reverse xs ++ [x]
(++) :: [a]  [a]  [a]
[]
-- p.60
++ ys = ys
(x:xs) ++ ys = x:(xs ++ ys)
4
Haskell に対する論証の例
 要素が 1 つのリストを反転しても意味がない
こと reverse [x] = [x] の証明

=
=
=
=
reverse [x]
reverse (x:[])
reverse [] ++ [x]
[] ++ [x]
[x]
{リスト表記}
{reverse の定義 2}
{reverse の定義 1}
{++ の定義 1}
{よって成立、証明終了}
 プログラム中の reverse [x] は [x] と置き換えても
良く、より効率的になる
5
整数に対する数学的帰納法
 全ての有限な自然数に対して成り立つ性質を証明
したい
 例: 全ての自然数 x に対して x + 0 = 0
 全部を数え上げることはできない
 数学的帰納法の出番
 ただし、数学の話ではなく、Haskell 上に定義した自
然数を対象とする
 自然数の定義の例(10 章)
data Nat = Zero | Succ Nat
6
再帰型による自然数(10 章)の復習
7
再帰型
データ型は自分自身を使って定義することもできる。
すなわち、型は再帰的に定義されることもある。
data Nat = Zero | Succ Nat
Nat は 2 つの構成子 Zero :: Nat と
Succ :: Nat  Nat を持つ新しい型
8
Note:
 Nat 型の値は Zero か、あるいは Succ n の形をし
ている(ただし、n :: Nat)。すなわち、Nat は以下の
ような値の無限列を含む:
Zero
Succ Zero
Succ (Succ Zero)



9
 Nat 型の値は自然数とみなせる。すなわち、Zero
は 0 を、Succ は 1 つ大きな整数を返す関数 (1+)
を表している。
 例えば、以下の値は、
Succ (Succ (Succ Zero))
自然数の 3 を表している
1 + (1 + (1 + 0))
= 3
10
再帰型による自然数(10 章)の復習終わり
11
add x Zero = x の証明
 加算の定義
add Zero
n = n
add (Succ m) n = Succ (add m n)
 全ての自然数 x に対して、 add x Zero = x が成り
立つことを数学的帰納法で示してみる
 x = Zero のとき
add Zero Zero
{add の定義 1}
= Zero
{よって成立}
 x = n のときに add n Zero = n が成り立つと仮定する
add (Succ n) Zero {add の定義 2}
= Succ (add n Zero) {帰納法の仮定}
= Succ n
{よって成立、証明終了}
12
add x (add y z) = add (add x y) z の証明
 x = Zero のとき
 左辺 = add Zero (add y z)
= add y z
 右辺 = add (add Zero y) z
= add y z
{外側の add}
{内側の add}
{よって成立}
 x = n のときに add n (add y z) = add (add n y) z
が成り立つと仮定する
 左辺 = add (Succ n) (add y z)
= Succ (add n (add y z))
= Succ (add (add n y) z)
 右辺 = add (add (Succ n) y) z
= add (Succ (add n y)) z
= Succ (add (add n y) z)
{外側の add}
{帰納法の仮定}
{内側の add}
{外側の add}
{よって成立、証明終了}
13
リストに対する数学的帰納法
 整数に対する数学的帰納法
 全ての整数 x に対して P(x) が成立することを示す
 例: 全ての自然数 x に対して add x Zero = x
 リストに対する数学的帰納法
 全てのリスト xsに対して P(xs) が成立することを示す
 例: 全てのリスト xs に対して reverse (reverse xs) = xs
 対応関係
基底
帰納段階
整数
P(0) が成立
P(x) を仮定し、 P(x+1) を示す
リスト
P([]) が成立
P(xs) を仮定し、 P(x:xs) を示す
14
reverse (reverse xs) = xs の証明
 xs = [] のとき

rev (rev [])
= rev []
= []
{内側の rev の定義 1}
{rev の定義 1}
{よって成立}
 xs = ns のときに rev (rev ns) = ns が成り立つと仮
定する

rev (rev (n:ns))
= rev (rev ns ++ [n])
= rev [n] ++ rev (rev ns)
= [n] ++ rev (rev ns)
= [n] ++ ns
= n:ns
長さ 1 のリストの反転
rev の ++ に対する分配則
長さ 1 のリストの結合
{内側の rev の定義 2}
{rev の ++ に対する分配則}
{長さ 1 のリストの反転}
{帰納法の仮定}
{長さ 1 のリストの ++}
{よって成立、証明終了}
rev [x] = [x]
rev (xs ++ ys) = rev ys ++ rev xs
[x] ++ xs = x:xs
15
まとめ(12章)
 Haskell のプログラムの性質を論証する
 (++) や reverse などのライブラリの性質は利用可能
 長さ 1 のリストの反転
rev の ++ に対する分配則
 長さ 1 のリストの結合
rev [x] = [x]
rev (xs ++ ys) = rev ys ++ rev xs
[x] ++ xs = x:xs
 利用者が与えた等式も性質として利用可能
 定義 double x = x + x が与えられたら
• 任意の式 a に対して、double a を a + a に置き換えて良い
• 左辺から右辺、右辺から左辺のどちらにも使える
 リストに対する数学的帰納法
 全てのリスト xs に対して P(xs) が成立することを示す
 例: 全てのリスト xs に対して reverse (reverse xs) = xs
 データ構成子による場合分けが有用
 整数なら Zero と Succ x、リストなら [] と x:xs で場合分け
16
全体のまとめ(型の観点から、No.1)
 基本型
 Bool, Char, Int, Integer, Float
 リスト型(同じ型の値の並び (0個以上))








null, elem
length
head, last, (!!)
tail, init, take, drop
(++), concat
zip
map, filter
リスト内包表記
{述語}
{長さ}
{要素の抽出}
{部分リストの抽出}
{連結}
{タプルのリスト}
{単純なリスト内包表記}
 タプル型(n 項組)
 ()
 fst, snd
{unit 型 (意味のない値を表す)}
{要素の抽出}
17
全体のまとめ(型の観点から、No.2)
 関数型
 関数定義方法










条件文
引数のパターンマッチ
ガード付き等式
再帰定義
畳込関数 (foldr, foldl)
リスト内包表記 (map, filter)
ラムダ記法 (値としての関数を表す記法)
カリー化 (Haskell の関数は 1 引数)
多相型 (型変数を含む型)
多重定義型 (型のテンプレート)
18
全体のまとめ(型の観点から、No.3)
 利用者定義の型
 type 宣言 (別名)
 data 宣言 (新しい型を定義)
 データ構成子
 クラス (型のテンプレート)






Eq (同等)
Ord (順序)
Show (文字列化), Read (読み込み可能)
Num (数値,除算なし)
Integral (整数,商と余り), Fractional (分数,除算と逆数)
Monad (return と bind を備える)
19
全体のまとめ(型の観点から、No.4)
 その他の重要な型
 Maybe a
 エラーを考慮した値を表す型
 type Maybe a = Just a | Nothing
 Parser a
 a 型の値を返すパーサー
 type Parser a = String  [(a,String)]
• 読み込んだ a と読み残した String のタプルを返す
• 失敗:
空リスト
• 成功(受理): 要素が 1 つのリスト(singleton list)
 IO a
 副作用を持つ型
 入出力を表す
20
ダウンロード

Click here to get the file