第17回日本臨床微生物学会総会
Jan 28-29, 2006, Yokohama
Abst No. P-126
全国ネットワークによる
薬剤感受性サーベイランスの成績
薬剤感受性サーベイランス研究会1)
NTT東日本関東病院 臨床検査部2)
田澤庸子1,2)、岡田 淳1,2) 、川上小夜子1) 、平松和史1)、柴山明義1)、星 周一郎1)、
本郷俊治1)、 岡本貴隆1) 、村谷哲郎1) 、前原千佳子1) 、笠原 敬1) 、小林清子1) 、
今福祐司1) 、 小松 方1) 、中浜 力1)
薬剤感受性サーベイランス研究会
設立の背景および目的
全国規模での起炎菌の分離頻度ならびに薬剤感受性データの収集が
必要であり、国際比較や国内の地域比較も行なえるデータ収集が急務
である。一方、本邦では、製薬会社がサポートしている対象疾患を絞っ
た薬剤感受性調査研究が行なわれており、成果を上げてきた。このよう
な調査を低コストで、しかも、得られたデータを広く利用できる体制が必
要と考える。
また、データに疑義が生じた場合、再測定が可能な体制や感受性のみ
にとどまらず、ある程度の耐性機序の解明が行える体制も必要である。
このような方向性を目指して、2004年12月に、「薬剤感受性サーベイラ
ンス研究会」を設立した。
薬剤感受性サーベイランス研究会の事業
日本における臨床分離細菌の分離頻度、薬剤感受性のサーベイランス
などに関する研究の進歩、発展、周知を図ることを目的とする。
本会は前項の目的を達成するために、次の事業を行なう。
1)
2)
3)
4)
5)
6)
臨床分離細菌の収集
薬剤感受性の検討
耐性菌動向の監視と解析
菌株提供施設への感受性成績の報告
感受性に関する問題解決のプロジェクトを企画
その他、本会の目的を達成するために必要な事業
薬剤感受性サーベイランス研究会参加施設
(2006年1月)
会員所属施設 46
菌株送付施設 19
萩市民病院
都志見病院
産業医科大学
久留米大学
大分大学
長崎大学
日赤長崎原爆諫早病院
佐賀大学
佐賀社会保険病院
北海道社会保険病院
新潟大学
長岡赤十字病院
富山医科薬科大学
岐阜大学
夷隅長生臨床検査センター
㈱キューリン
琉球大学
神戸大学
岡山大学
倉敷中央病院
川崎医科大学
広島大学
県立広島病院
東北大学
福島県立医科大学
埼玉医大
はらこどもクリニック
NTT関東病院
外房こどもクリニッ
東邦大学大森病院 ク
国立病院 東京医療センター
KKR三宿病院
帝京大学
北里大学 岸和田市民病院
大阪大学
京都大学
中野小児病院 大阪医科大学
大阪警察病院 天理よろづ相談所病院
国立循環器病C 奈良県立医科大学
近畿大学
中浜医院
刀根山病院
参加企業
賛助会員
アボット ジャパン株式会社
杏林製薬株式会社
グラクソ・スミスクライン株式会社
第一製薬株式会社
大正富山医薬品株式会社
中外製薬株式会社
ファイザー製薬株式会社
協賛企業
大日本住友製薬株式会社
バイエル薬品株式会社
参加企業
万有製薬株式会社
特別協力
株式会社キューリン
研究所
北九州研究所
北九州市八幡西区
事務局
株式会社アトリクス
大阪オフィス
大阪府大阪市中央区平野町
担当:富本 充昭
ホームページ
http://www.mic-surveillance.com
第1回実施要綱
【菌株収集期間】
平成17年7月~17年12 月
【収集条件】
収集期間中に連続して分離された下記の菌種
【収集菌種】
S. aureus, S. epidermidis, E. faecalis, E. faecium, S. pneumoniae
S. pyogenes, S. agalactiae, M.catarrhalis, N. gonorrhoeae, H. influenzae
E. coli, K. pneumoniae, K. oxytoca, C. freundii, C. koseri, E. cloacae
E. aerogenes, P. mirabilis, S. marcescens, P. aeruginosa
【収集菌株数】
1 菌種につき、30 株以内
ただし、Staphylococcus aureus は、40 株以内
MRSA とMSSA は区別せず、分離された順とする。
現在の進行状況 (2006年1月)
送付菌株数
福島県立医科大学附属病院 288
新潟大学医歯学総合病院 293
321
長岡赤十字病院
323
NTT東日本関東病院
43
KKR三宿病院
293
東邦大学大森病院
171
帝京大学付属病院
19
国立循環器病センター
343
大阪警察病院
奈良県立医科大学附属病院 23
59
天理よろづ相談所病院
203
倉敷中央病院
431
産業医科大学病院
49
日赤長崎原爆諫早病院
大分大学医学部附属病院 357
送付菌株数
73
萩市民病院
141
都志見病院
国立病院刀根山病院 65
56
外房こどもクリニック
19施設
3500株超
Staphylococcus aureus (β-lactam)
MSSA 177
Range
MPIPC 0.125-2
ABPC 0.0625-32
CEZ
0.25-8
CTM
0.25-4
CMZ
1-8
IPM
0.03-0.25
MEPM 0.125-1
BP
2
0.25
8
8
16
4
4
MRSA 228
S-ratio
100
39.6
100
100
100
100
100
Range
MPIPC 4->128
ABPC 0.5->128
CEZ
0.5->128
CTM
0.5->128
CMZ
2->256
IPM
0.03->128
MEPM 0.125->128
BP S-ratio
2
0
0.25
0
8
3.5
8
8.3
16
9.6
4
11.0
4
9.2
BP: CLSI break point
S-ratio: BP以下を示す株の割合
外来
n=98 MRSA MSSA
26.5% 73.5%
入院
n=292
MRSA
67.1%
MSSA
32.9%
不明15
MS/MR 9/6
2%NaCl
MHA
33℃, 24hr
Staphylococcus aureus (non-β-lactam)
MSSA (n=177)
ABK
GM
VCM
TEIC
LZD
LVFX
GFLX
MINO
CAM
TEL
ST
MUP
Range
0.125-2
0.06->128
0.5-2
0.25-2
0.5-2
0.06-32
0.06-8
0.06-4
0.06->128
0.03->128
0.03-0.125
0.125-0.5
BP
4
4
4
4
2
2
1
4
1
2
2
4
MRSA (n=228)
S-ratio
100
85.9
100
100
100
94.9
96.1
100
88.1
98.3
100
100
BP: CLSI break point
S-ratio: BP以下を示す株の割合
ABK
GM
VCM
TEIC
LZD
LVFX
GFLX
MINO
CAM
TEL
ST
MUP
Range
0.125-16
0.125->128
0.25-2
0.25-4
0.5-2
0.125->128
0.06-128
0.06-16
0.06->128
0.03->128
0.03->16
0.125-128
BP
4
4
4
4
2
2
1
4
1
2
2
4
S-ratio
98.7
41.7
100
100
100
13.6
26.8
57.5
10.5
15.8
98.7
94.3
Enterococcus faecalis (n=192)
PCG
ABPC
PIPC
IPM
FRPM
GM
AMK
LVFX
GFLX
MINO
TEL
ST
VCM
TEIC
LZD
ABK
Range
1-16
1-8
2-32
0.5-8
0.5-16
4->512
32->128
0.5- >128
0.125-32
0.06-32
0.016-8
0.016->16
1-4
0.125-1
0.5-4
8->128
BP S-ratio
8
97.4
8
100
16
98.9
4
98.4
2
73.4
512*
73.4
16
0
2
63.0
2
68.8
4
27.6
2
92.2
2
85.4
4
100
4
100
2
99.0
4
0
PCG insensitive isolates
PCG
ABPC
PIPC
CPR
IPM
FRPM
LVFX
MINO
MIC (μg/ml)
TK1 TK5 TK10 UO12 NT260 FU21
16 16 16
16
16
16
8
4
4
4
8
4
16 32 16
16
4
16
64 64 64 128
16 >128
8
4
8
4
1
4
16 16 16
8
1
8
32 32 32
32
1
32
8
8
8
8
8
16
Streptococcus pneumoniae (n=192)
Range
PCG
0.002-4
PIPC
0.004-8
CTRX 0.004-4
CTX
0.002-4
CPR
0.002-2
IPM
0.002-0.5
MEPM 0.002-0.5
PRSP
21.4%
PISP
35.4%
BP
0.06
2
1
1
1
0.12
0.25
PSSP
43.2%
S-ratio
43.2
89.6
86.5
96.4
99.0
86.5
84.9
Range
BP S-ratio
AMOX 0.004-8
2
99.0
FRPM 0.002-1
0.5
96.9
CCL
0.06->128
1
39.6
CFTM 0.004-8
0.5
70.8
CFDN 0.008-32
0.5
53.7
CDTR 0.004-4
0.5
91.2
CFPN 0.004-4
0.5
59.9
CPFX 0.125-32
1
53.1
LVFX 0.125-16
2
98.4
TFLX 0.016-8
1
98.9
MINO 0.016-64
2
26.0
CAM
0.004->256 0.25
29.2
TEL
0.002-1
1
100
BP: CLSI break point
S-ratio: BP以下を示す株の割合
グラム陽性菌のまとめ
Staphylococcus aureus
S. aureusに占めるMRSAの割合は、63.3%であった。
MUP耐性株は、MSSAで0、MRSAでもわずか5.7%であった。
ST合剤耐性株は、MSSAで0、MRSAでも1.3%であった。
Enterococcus faecalis
PCG低感受性E. faecalisが6株認められた。
GM高度耐性株が、26.6%存在した。
VREは認めなかった。
キノロン耐性株は、30%を超えていた。
Streptococcus pneumoniae
PRSPは、21.4%, PISPは、35.4%であった。
MINOおよびCAM耐性株は、70%を超えていた。
TEL耐性株は存在しなかった。
LVFX耐性株は、1.6%であった。
Escherichia coli (n=309)
Range
Range
BP
S-ratio
BP
S-ratio
ABPC 0.25->128
CPFX 0.008-128
8
60.2
1
80.3
PIPC
0.125->128 16
LVFX 0.008->128
84.8
2
79.3
CEZ
0.5->128
GFLX 0.008-128
8
85.1
2
80.3
CTM
0.03-128
MINO 0.25-128
8
96.1
4
88.6
CAZ
0.06-32
AMK
0.5->128
8
98.7
16
99.7
CTRX 0.004->128
ISP*
0.5->128
8
96.4
16
99.4
CTX
0.008->128
8
97.4
CPR
0.016-64
CPDX >4μg/ml 27株
8
98.1
AZT*
0.008-16
8
98.7
ESBL産生株 10/17施設 14 株 4.5%
IPM
0.06-2
4
100
UOE-2: 5施設 8株
MEPM 0.004-0.125 4
100
(CTX-M-14, CTX-M-18, Toho-3)
CMZ
0.25-128
16
99.7
CTX-M-2: 1施設 1株
CCL
0.25->128
8
89.3
CPDX 0.06->128
SHV type: 2施設 2株
2
90.3
BP: CLSI break point
TEM-52: 1施設 2株
S-ratio: BP以下を示す株の割合
unidentified: 2施設 2株
Klebsiella pneumoniae (n=234)
Range
BP
S-ratio
ABPC 4->128
8
5.1
PIPC
1->128
16
95.7
CEZ
0.5->128
8
92.7
CTM
0.06->128
8
97.9
CAZ
0.06-64
8
99.6
CTRX 0.016- 64
8
98.7
CTX
0.016- 32
8
99.6
CPR
0.016- 4
8
100
AZT*
0.008- 64
8
97.8
IPM
0.03-2
4
100
MEPM 0.016-0.125
4
100
CMZ
0.5-> >128
16
98.3
CCL
0.25->128
8
96.9
CPDX 0.06->128
2
98.3
BP: CLSI break point
S-ratio: BP以下を示す株の割合
CPFX
LVFX
GFLX
MINO
AMK
ISP*
Range
0.008->128
0.016-128
0.016-128
0.13- > 128
0.5- 8
0.25-4
BP
1
2
2
4
16
16
S-ratio
96.6
97.0
97.4
83.8
100
100
CPDX >2μg/ml 4株
ESBL産生株 2株 (0.85 %)
CTX-M-2: 1施設 1株
SHV type: 1施設 1株
Klebsiella oxytoca (n=103)
Range
BP
S-ratio
ABPC 4->128
8
3.9
PIPC
0.5->128
16
89.3
CEZ
1->128
8
87.4
CTM
0.06-128
8
91.3
CAZ
0063-1
8
98.1
CTRX 0.008->128
8
91.3
CTX
0.004-128
8
95.2
CPR
0.008-8
8
100
AZT*
0.016-128
8
89.0
IPM
0.06-4
4
100
MEPM 0.016-006
4
100
CMZ
0.25-128
16
97.1
CCL
0.25->128
8
90.3
CPDX 0.03->128
2
90.3
BP: CLSI break point
S-ratio: BP以下を示す株の割合
CPFX
LVFX
GFLX
MINO
AMK
ISP*
Range
0.008-64
0.016-32
0.016-32
0.5-128
0.5-4
0.5-2
BP
1
2
2
4
16
16
S-ratio
91.3
91.3
91.3
92.2
100
100
Citrobacter freundii (n=116)
Range
BP
S-ratio
ABPC 2->128
8
6.0
PIPC
0.5->128
16
77.6
CEZ
1->128
8
11.2
CTM
0.063-128
8
79.3
CAZ
0063->128
8
81.0
CTRX 0.008->128
8
81.9
CTX
0.03->128
8
83.6
CPR
0.125-16
8
99.1
AZT*
0.008->128
8
75.7
IPM
0.125-1
4
100
MEPM 0.016-2
4
100
CMZ
0.5->128
16
15.5
CCL
1->128
8
21.7
CPDX 0.125->128
2
55.2
BP: CLSI break point
S-ratio: BP以下を示す株の割合
CPFX
LVFX
GFLX
MINO
AMK
Range
0.008-32
0.03-64
0.016-64
0.06->128
1-32
BP
1
2
2
4
16
S-ratio
93.1
91.4
92.2
72.4
98.3
IMP-1産生株 1株 (0.86 %)
ESBL産生株 1株 (SHV type)
Citrobacter koseri (n=51)
Range
BP
S-ratio
ABPC 32->128
8
0
PIPC
1->128
16
62.8
CEZ
1->128
8
54.9
CTM
0.06-128
8
68.6
CAZ
0.125->128
8
72.6
CTRX 0.125->128
8
72.6
CTX
0.03->128
8
72.6
CPR
0.03-4
8
100
AZT*
0.016->128
8
60.5
IPM
0.06-0.5
4
100
MEPM 0.016-0.125 4
100
CMZ
0.5->128
16
68.6
CCL
0.5->128
8
64.7
CPDX 0.125->128
2
58.8
BP: CLSI break point
S-ratio: BP以下を示す株の割合
CPFX
LVFX
GFLX
MINO
AMK
ISP*
Range
0.008->128
0.016->128
0.008-64
0.5-128
0.5-16
0.5-2
BP
1
2
2
4
16
16
S-ratio
56.9
56.9
56.9
64.7
100
100
CPDX >4 μg/ml 16株
ESBL産生株 15株 29.4 %
CTX-M-2 11株
SHV 1株
SHV & DHA-1 2株
CTX-M-2 & SHV & DHA-1 1株
15株中11株は同一施設
Enterobacter aerogenes (n=87)
Range
BP
S-ratio
ABPC 8->128
8
1.1
PIPC
0.25-64
16
81.6
CEZ
1->128
8
10.3
CTM
0.06->128
8
79.3
CAZ
0063->128
8
81.6
CTRX 0.008->128
8
82.8
CTX
0.008->128
8
85.1
CPR
0.016-8
8
100
AZT
0.008->128
8
86.2
IPM
0.125-8
4
98.9
MEPM 0.016-8
4
98.9
CMZ
1->128
16
4.6
CCL
1->128
8
5.7
CPDX 0.06->128
2
80.5
BP: CLSI break point
S-ratio: BP以下を示す株の割合
CPFX
LVFX
GFLX
MINO
AMK
ISP
Range
0.008-1
0.03-1
0.016-2
1-8
0.5->128
0.5-128
BP
1
2
2
4
16
16
S-ratio
100
100
100
97.7
98.9
98.9
Enterobacter cloacae (n=193)
Range
BP
S-ratio
ABPC 1->128
8
5.2
PIPC
0.25->128
16
84.5
CEZ
1->128
8
5.7
CTM
0.063->128
8
67.4
CAZ
0063->128
8
84.5
CTRX 0.008->128
8
77.7
CTX
0.016->128
8
78.2
CPR
0.125-128
8
96.9
AZT*
0.008->128
8
82.7
IPM
0.06-4
4
100
MEPM 0.008-4
4
100
CMZ
0.5->128
16
6.2
CCL
0.5->128
8
6.2
CPDX 0.125->128
2
60.6
BP: CLSI break point
S-ratio: BP以下を示す株の割合
CPFX
LVFX
GFLX
MINO
AMK
ISP*
Range
0.008-128
0.016-128
0.008-128
0.5->128
0.5-64
0.5-32
BP
1
2
2
4
16
16
S-ratio
90.7
92.2
92.8
82.4
99.0
99.4
IMP-1産生株 2株 (1.0 %)
ESBL産生株 4株 (2.1 %)
CTX-M-2 1株
CTX-M-3 3株
6株はいずれも同一施設
Proteus mirabilis (n=92)
Range
BP
S-ratio
ABPC 1->128
8
81.5
PIPC
0.25->128
16
84.8
CEZ
2->128
8
63.0
CTM
0.125->128
8
87.0
CAZ
0.063-1
8
100
CTRX 0.004->128
8
89.1
CTX
0.016-128
8
88.0
CPR
0.063->128
8
88.0
AZT*
0.008-2
8
100
IPM
0.063-4
4
100
MEPM 0.016-0.25
4
100
CMZ
1-16
16
100
CCL
0.5->128
8
89.0
CPDX 0.03->128
2
85.9
BP: CLSI break point
S-ratio: BP以下を示す株の割合
CPFX
LVFX
GFLX
MINO
AMK
ISP*
Range
0.016->128
0.06->128
0.06-128
16->128
0.5-16
1-8
BP
1
2
2
4
16
16
S-ratio
77.2
83.7
72.8
0
100
100
ESBL産生株 12株 (13.0%)
CTX-M-2 10株
CTX-M-3 2株
Serratia marcescens (n=137)
Range
BP
S-ratio
ABPC 4->256
8
0.73
PIPC
1->128
16
87.6
CEZ
16->128
8
0
CTM
0.5->128
8
20.4
CAZ
0.06->128
8
94.1
CTRX 0.06->128
8
89.8
CTX
0.125->128
8
89.8
CPR
0.03-64
8
96.4
AZT*
0.03->128
8
95.7
IPM
0.06-16
4
98.5
MEPM 0.03-32
4
96.4
CMZ
4->128
16
78.1
CCL
0.25->128
8
1.46
CPDX 0.5->128
2
67.9
BP: CLSI break point
S-ratio: BP以下を示す株の割合
CPFX
LVFX
GFLX
MINO
AMK
ISP*
Range
0.016-64
0.03-128
0.06-64
2->128
0.5->128
0.5-128
BP
1
2
2
4
16
16
S-ratio
82.5
85.4
83.9
40.9
97.8
98.3
IMP-1産生株 4株 (2.9 %)
ESBL産生株 2株 (1.5 %)
CTX-M-2 2株
腸内細菌科に対するLVFXとCPDXの感受性率
Susceptibility ratio (%)
100
■:LVFX
■:CPDX
80
60
40
20
0
EC
EL KO
KP PM S.SM
E. coliCF C.CK
koseriEA
E. cloacae
K. pneumoniae
marcescens
C. freundii E. aerogenes K. oxytoca
P. mirabilis
腸内細菌科のまとめ
腸内細菌科の菌種では、ESBL産生株、Metallo-β-lactamase産生株
が認められた。
ESBL産生株の頻度は、E. coliで4.2%, C. koseriで29.4%, P. mirabilis
で16.4%と高率であったが、欧米での報告が多い、K. pneumoniae は、
1.0% と低かった。
Metallo-β-lactamase産生株は、C. freundii, E. cloacae, S. marcescens
で分離された。
キノロン耐性株は、すべての菌種において認められ、C. koseri 43%,
E. coli およびP. mirabilis 20%と高率であったが、K. pneumoniaeでは
2.7%であった。LVFXとCPDXの感受性率を比較するとE. coliを除い
て、 LVFXが同等または優れており、特に染色体上に誘導型の
Class Cβ- lactamaseを有するC. freundii, E. cloacae, E. aerogenesで顕
著な差を認めた。
今後は、検査材料別や地域差などの検討を加えていく予定である。
Pseudomonas aeruginosa (n=242)
Range
BP
S-ratio
PIPC
0.25->256
64
87.2
PIP/TAZ 0.25->256
64
93.0
CPZ
0.5->128
16
73.1
CPZ/SBT0.5->128
16
74.4
CAZ
0.5->256
8
78.9
CFS
0.5->128
8
70.7
CPR
1->128
8
66.9
CZOP 0.5->128
8
77.3
AZT
1->128
8
67.4
IPM
0.25-128
4
74.4
MEPM 0.03->128
4
78.5
BP: CLSI break point
S-ratio: BP以下を示す株の割合
GM
AMK
ISP
TOB
CPFX
LVFX
TFLX
PZFX
PUFX
MINO
ST
PL-B
Range
0.25->128
1->128
1->128
0.25->125
0.03->128
0.125->128
0.03->32
0.03-64
0.06->128
4->128
0.25->16
0.5-16
BP
S-ratio
4
85.5
16
92.6
16
91.7
4
88.0
1
76.9
2
70.7
1
77.3
4
80.6
1
78.5
4
3.7
2
4.6
MIC90 = 4
MDRP (IPM>8, CPFX>2, AMK>16)
Metallo-β-lactamase産生株
6/16施設 14株 5.8 %
6/16施設 11株 4.5 %
尿6, 呼吸器4, 膿2, 胆汁1, 血液 1 (9株はMetallo-β-lactamase産生株)
IMP-1 type 産生14株のPFGE pattern
施設Cは、4株中4株一致
いずれも異なる患者
施設Fは、4株中3株一致
一致の3株は、同一患者の
異なる検体(尿、胆汁、膿)
M a b c d e f g h i j k l mn
施設A 施設B 施設C
施設D 施設E 施設F
同一色は同一施設
施設Cのd, e, f, gと施設Dのiは、
同一pattern
いずれも東京の施設
SpeⅠ digest
Pulse 3-60 sec, 22 hr
Metallo-β-lactamase産生株およびMDRPの各
種薬剤の感受性
MDR1 MDR2 a, b
PIPC
32
256 16,32
PIP/TAZ
16
128 16,32
CPZ/SBT
16
64 >128
CAZ
8
16 >256
CZOP
>128
32 >128
AZT
128
16 32,64
IPM
16
32
8
MEPM
4
64
8
CPFX
4 >128
32
LVFX
4 >128
64
GM
64
16
4
AMK
>128
64
32
ISP
>128 >128 >128
MIC (μg/ml)
h
c
d,e,f,g
32
128 128-256
32
64 64-128
>128 >128 >256
>256 >256 >256
>128 >128 >128
64
128 16-32
32
128
128
>128 >128 >128
128
32 16-32
32
32 >128
8 >128 >128
16
32 16-32
16
>128 16-32
小文字は、Metallo-β-lactamase産生株
i
256
128
>128
>256
>128
16
128
>128
16
32
>128
16
16
j
k,l,m
n
128 128-256
32
64 32-64
32
>128 >128 >128
256 >256 >256
>128 >128 >128
16
128
16
128 >128
32
>128 >128
64
>128
32 >128
>128
64 >128
>128 8-16 >128
>128 64-128
64
>128 >128 >128
緑膿菌のまとめ
感受性率は、
> 90%:TAZ/PIP, AMK, ISP
> 80%: PIPC, TOB, GM, PZFX (BP 2: 77.7%)
> 75%:CAZ, CZOP, MEPM, CPFX, TFLX, PUFX
IPMは、74.4%であった。
Metallo-β-lactamase産生P. aeruginosaは、16施設中6施設から14株
分離され、そのうち9株は、多剤耐性株(IPM>8, CPFX>2, AMK>16)
であった。同一患者の異なる検体より3株が分離されており、これを1株
とするとMetallo-β-lactamase産生株の分離率は、5% (12/240)であっ
た。
1施設より、PFGEパターンが同一の株が4名より分離されており、 病
院感染の可能性が疑われた。
Metallo-β-lactamase非産生株で多剤耐性の基準を満たした株は、2
株存在し、MDRPの分離率は、4.5% (11/242)であった。
まとめ
全国規模での起炎菌の分離頻度ならびに薬剤感受性データの収集を、
低コストで実施することを試み、2005年の菌株の感受性測定は、まだ途
中であるが、今回の結果を得た。
菌株数が少ないため、国内の地域差に関する検討は出来ないが、国際
比較に耐えうるデータであると考える。
今後は、検査材料別、入院外来別、年齢別などの解析を実施する予定
である。
得られたデータを広く利用できる体制をつくることが本会の目的でもあり、
学会発表後直ちに、ホームページ上でそのスライドを公開している。
今回ある程度の耐性機序の解明を試み、ESBL産生株、Metallo-βlactamase産生株の頻度について検討を加えた。
2006年度の菌株収集も開始しており、より広い地域の参加を目指し、よ
り質の高いサーベイランスを継続していく予定である。
ダウンロード

スライド タイトルなし - 薬剤感受性サーベイランス研究会