レポートの書き方
はじめの一歩
木下是雄著「レポートの組み立て方」
(ちくま文芸文庫)から
●レポートを書くときの注意点
●仕事の文書(他人に読んでもらうもの)
●考えたことを文章にする能力開発
>>是非この本を読んでみてください
はじめに
この本を勧める理由:
木下是雄は物理学者であるが、読みやす
い文章で、説明が明快である。文系でも読
んで分かる。
大学では、レポートを書くことが重要。
社会人になっても、レポート(報告書)を書
くことは大切なこと 書き方を学ぶ
レポートとは
レポート:調査・研究の結果分かった事実を客観
的に、筋道を立てて書く(説明する)。
書き手の意見が要求される場合は、それが(事
実としてではなく)意見であることがはっきり分か
るように書く。また、その意見の根拠を明示する。
意見の当否が検討できるように。
>事実と意見の区別を明確に表すこと。
レポートでは、結論以外には自分の意見を書き
込まないこと。
事実の記述は具体的例で裏付けること。
事実と意見の区別
以下の文は、事実か意見(考え)か判定しなさい。
1 私たち日本人は他の国の人より敏感です。
2 この話によると、ジョゼフは小屋に住んでいました。
3 私たちが読んだのはすばらしい話でした。
4 この島の土着民は争いを好まぬおとなしい人た
ちでした。
5 彼らの国の言葉はおかしな言葉です。
事実と意見の区別
目標規定文を書け
書くべき主題を決めたら、何を目標として
この文書を書くのか、そこで何を主張しよう
とするのか、を一つの文章で表してみよ。
その目標・主張に向かって、文章全体が収
束するように構想をねる。
書くことは考えること、考えを明確にするこ
となので、書き進むうちに、最初に空で考
えたときのアラが見えてくる。
文章の組み立て
起承転結
重点先行主義
序論(はじめに)・本論・結び(まとめ)
序論 (はじめに)
本論の主題となる問題は何か
その問題をなぜ-どんな動機によって-取り上
げたか。
その問題がなぜ重要か
問題の背景はどんなものか
どういう手段でその問題をせめようとするのか
具体的な情報を提供することが重要
例
木下是雄
結晶の劈開とはどんな現象か、そのメカ
ニズムとしてどんなものが考えられるか、
いい劈開面を得るにはどうしたらいいか、
劈開面はどんな構造をもっているか、とい
うような問題の開設をこころみる。もっと立
ち入った知識を求められる方々には、まず
文献…、…を参照することをお勧めする。
本論
本論の書き方
概観から細部へ 大づかみな説明をして、
細部の記述をする
細部の記述順序
時間的な順、空間的な順(上から下へ、
左から右へ)、機能別分類、性質別分類
論理展開の順序
情報の伝達を目的とする記述・説明文
論理を展開する文章
パラグラフ
パラグラフは長い文章の中の一区切り(段落)
1文字さげて書き始める。
内容的に連結された、幾つかの文の集まり ぞ
れにより、ある1つのトピックについてある1つの
考えを述べるもの。
そのパラグラフで述べたいことを概論的に述べた
文(トピック・センテンスという)を含む。それ以外
は、トピック・センテンスで述べたことを具体的に、
詳しく説明する文とそのパラグラフと他のパラグ
ラフとのつながりを示す文である。
トピック・センテンスはパラグラフの最初に書く。
トピック・センテンスと関係ない文やトピック・セン
テンスに述べたことに反する内容をもつ文を 同
じパラグラフの書いてはいけない。
トピック・センテンスは、パラグラフを支配し、他の
文はトピック・センテンスを支えなければならない。
冒頭のトピック・センテンスを読めば、文章
の流れが明らかになるように。
パラグラフの中間に置きたい場合は、パラ
グラフの最初に先行するパラグラフとの関
係を示す文、句を入れること。
パラグラフが変われば、トピック(小主題)
が変わると、読者は期待する。
結び まとめ 終わりに
本論の主なポイントを簡明に列挙してまと
める。
それらの重要性を強調し、また将来の発
展への道を示唆する。
結び
1
ポイント
1.
3.その中でも重要なポイントとして次の4
つをあげることができる。
(1)著者を簡単には使用しない。
(2)著者のねらいをつかむこと。
(3)論理を丹念に追うこと、根拠を疑うこと。
(4)著者の前提を探り出し、疑うこと。
ダウンロード

本の読み方のコツ 刈谷剛彦著「知的複眼思考法」 (講談社+α文庫)から