建築人間工学
A0602001 島田 淳子
なぜ人間工学が必要か?
• 建築物を誰もが自由に使いやすく、安全
に利用できる。
•高齢者や身体障害者でも自立して生活
できる空間を作るため
建築人間工学での
人間工学の定義
• 人間の機能を数量的にとらえて、建築の
設計にとり入れる。
建築人間工学とは?
• 歩行の寸法
• 障害者の車椅子の幅と歩行者のすれ違う
寸法
• 特定の人だけでなく、普通に感じられるデ
ザイン
具体例
• 玄関
誰もが共同で使えるようにする誰
もが共同で使える
自然なデザイン
和室と居間の段差解消
まとめ
• 障害者や高齢者や若い世代が共同で建
築物を使用することができる空間になった。
• 安全で使用しやすくなった。(埋め込み浴
槽)
ダウンロード

建築人間工学