交通まちづくり研究小委員会
モビリティデザインWS
金沢大学大学院 自然科学研究科
社会基盤工学専攻
都市・交通経済学研究室
M1 穴口 智也
1
金沢におけるバスの主な問題点
• バス路線が複雑すぎる
・・・1日あたり1900便が往復運行している
• 乗車率の差が激しい
・・・他地域と比較しても顕著であるように感じら
れる
• 運営主体・運行主体がバラバラである
・・・北陸鉄道?JRバス?金沢市?
• 料金・割引サービスが分かりづらい
・・・運賃の不透明感、利用しづらい乗り継ぎ割引
2
考えられる対応策案(1)
<中心市街地周辺を軸としたバス路線の分割
>
・金沢駅東口発着のバスのほとんど
が
金沢駅~武蔵~香林坊を走行
・「まちバス」や「兼六園シャト
ル」などの
100円バスもこの区間を走行
空バスの割合が非常に高い
香林坊周辺にバスターミナルを整備
し、
スマートな乗り換え環境をつくる
3
考えられる対応策案(2)
<バス会社相互でのサービス利用を可能に>
・北陸鉄道のICaはJRバスでは利用不可能
IC a利用
北陸鉄道
北陸鉄道
北陸鉄道
JRバス
JRバス
北陸鉄道
○
○
○
×
×
○
北陸鉄道 JRバス
回数券 回数券
○
×
○
×
○
×
×
○
×
○
○
×
≒
此花ルート
材木ルート
金沢
ふらっとバス 菊川ルート
長町ルート
まちバス
兼六園シャト
ル
運行
サービスの相互利用を可能にすべき
例えば、ICa1枚ですべてのバスを利
用
できるようなシステム整備をすすめ
4
5
ダウンロード

ppt