日語文法研究
(大学院)
5月7日(木)~
担当 神作晋一
第7章 ヴォイス1――受け身
ねらい:
 ある事態をどのように捉えて伝えるか
は、話し手の視点に依存します。
 日本語の受け身文の特徴を理解し、
スルとサレルが表す話し手の事態の
捉え方の違いを考えます。

第7章 ヴォイス1――受け身


キーワード:
能動文、受動文、受け身、主観、視点、共
感
第7章 ヴォイス1――受け身

§1 能動文と受動文



直接受け身と話し手の視点
§2 間接受け身と受影性
§3 「持ち主の受け身」
§1 能動文と受動文
直接受け身と話し手の視点
§1 能動文と受動文
直接受け身と話し手の視点

話し手の立場・視点

「太郎が次郎を殴った。」


「次郎が太郎に殴られた。」


事態を引き起こした方からの描写
事態を受ける方からの描写
出来事の捉え方 ヴォイスvoice態
§1 能動文と受動文
直接受け身と話し手の視点


能動文と受動文
「AがBを殴った」


能動文 視点は殴った側(A)
「BがAに殴られた」

受動文 影響を受けた方(B)の視点
§1 能動文と受動文
直接受け身と話し手の視点






受け身形の作り方
(1)
子音動詞 語幹 +
母音動詞 語幹 +
不規則動詞 suru →
kuru →
are-(ru) 五段動詞
rare-(ru) 一段動詞
sare-(ru)
korare-(ru)
§1 能動文と受動文
直接受け身と話し手の視点

直接受身文

(2)能動文


(3)受動文

Aガ Bヲ 他動詞
Aの視点から
Bガ Aニ 他動詞の受け身文
Bの視点から
§1 能動文と受動文
直接受け身と話し手の視点






共感empathy:話し手が出来事の登場人
物の中の誰かに親近感をもつ。
→視点:通常は主語(ガ格)
例:「弟が知らない人を殴った」
不適切:「#知らない人が弟を殴った」
例:「弟が知らない人に殴られた」
不適切:「#知らない人が弟に殴られた」
§1 能動文と受動文
直接受け身と話し手の視点



話し手の視点と共感度
序列
話し手自身が出来事に参与

例:私がバイクにぶつけられた
話し手
自身
(私)
話し手
の親族
や友人
第3者
無生物
§1 能動文と受動文
直接受け身と話し手の視点

影響の与え手を明示しない場合


(4)現在、日本語は世界各地で教えられている。


→「Aニ」を言語化しない
→教師?機関?誰?
(5)そのミュージカルは日本でも上演された。



この場合、誰がしたのかは興味がない
→人や団体に焦点を当てることはある。
例:劇団四季 ライオンキング
§2 間接受け身と受影性
§2 間接受け身と受影性






間接受け身の例文・事態
(6)せっかくの旅行が、雨に降られて散々だった。
(7)夕べ子どもに泣かれて眠れなかった。
(8)ペットに死なれて元気がない。
(9)レストランで隣の客にタバコを吸われて食事がまず
くなった。 「吸う」(他動詞)
→(6)降る、(7)泣く、(8)死ぬは自動詞 これも受け身
文
§2 間接受け身と受影性





間接受け身の例文・事態 __は出来事
(6’)旅行中に雨が降ったことから誰かが影響をこう
むった。
(7’)子どもが泣いたことが影響して誰かが眠れなかっ
た。
(8’)ペットが死んだことが精神的に影響して誰かが元
気をなくした。
(9’)レストランで隣に居合わせた客がタバコを吸ったこ
とが影響して誰かが食事を楽しめなかった。
§2 間接受け身と受影性


間接受け身の例文・事態
(10)間接受身文:[被害者←影響ー[出来事]]


受影性
→迷惑の受身


被害者は出来事の外側にいる
被害者の視点から描く
§2 間接受け身と受影性


間接受け身の特徴
「A出来事に登場する要素+B出来事の外の
要素」


A雨が 降った。→B太郎が A雨に 降られた。
→補語が一つ増える
共通点
相違点
直接受身文 影響をこうむった 出来事の当事者(内側)
側からの描写 第三者が主語(外側)
間接受身文
§3 「持ち主の受け身」
§3 「持ち主の受け身」





持ち主の受身(所有者受身)
例:「#私の財布が盗まれました」
⇒「財布を盗まれました」
例:「#私の足が踏まれました」
⇒「足を踏まれました」
§3 「持ち主の受け身」






持ち主の受身(所有者受身) 例文
(11)満員電車でだれかに足を踏まれて背中
を押された。
(12)兄がだれかに財布を盗まれた。
(13)妹がだれかに車を壊された。
(14)太郎が通りすがりの男に頭を殴られた。
(15)山田が子供を誘拐された。
§3 「持ち主の受け身」

他動詞文との比較

例文を「能動文」に変換
(11’)満員電車でだれかが私の足を踏み、私
の背中を押した。
(12’)だれかが兄の財布を盗んだ。
(13’)だれかが妹の車を壊した。
(14’)通りすがりの男が太郎の頭を殴った。
(15’)だれかが山田の子供を誘拐した。

⇒[Aガ[BのC]ヲ他動詞]





§3 「持ち主の受け身」

[Aガ[BのC]ヲ他動詞]の他動詞文

[BとCの関係]


足、背中、頭など誰かの身体の一部分
 ⇒分離不可能 ①
車、財布など持ち主と持ち物
 ⇒分離可能 ②
§3 「持ち主の受け身」



[Aガ[BのC]ヲ他動詞]の他動詞文
車、財布など持ち主と持ち物⇒分離可能
 「兄の財布が盗まれた」
 「妹の車が壊された」
 「山田の子供が誘拐された」
足、背中、頭など体の一部⇒分離不可能
 「#私の足が踏まれた」
直接受身文と
違うところ
 「#太郎の頭が殴られた」
§3 「持ち主の受け身」

直接受身文との比較 能動文

直接受身文の場合⇒ガ格表示




「兄の財布が盗まれた」「誰かが兄の財布を盗んだ」
「妹の車が壊された」「誰かが妹の車を壊した」
「山田の子供が誘拐された」「誰かが~を誘拐した」
持ち主の受身⇒ヲ格表示



「(~が)財布を盗まれた」
「(~が)車を壊された」
「(~が)足を踏まれた」「 (~が)子供を誘拐された」
§3 「持ち主の受け身」


間接受身文との比較(文の要素の増減)
間接受身文




A雨が 降った。
→B太郎が A雨に 降られた。 」
⇒補語Bがひとつ増える
持ち主の受身文



A男が B太郎のC頭を 殴った。
→B太郎は A男に C頭を 殴られた 」
⇒補語(文の要素)は増えない(同じ)
§3 「持ち主の受け身」



間接受身文との比較
直接受け身分と間接受身文との中間に位置
例:太郎は男に頭を殴られた


出来事から影響をこうむった部分が出来事の中
(頭)
それ以外(太郎の体、「頭」以外)は出来事の外
太郎
の体
頭
出来事
§3 「持ち主の受け身」


間接受身文との比較
例:太郎は男に頭を殴られた(持ち主受身)
太郎
の体

頭
出来事
例:太郎は雨に降られた。(間接受身文)
太郎の体
出来事
§3 「持ち主の受け身」

持ち主受身文の構造

[Aガ[BのC]ヲ他動詞]⇒


例:A男が B太郎のC頭を 殴った 」
⇒「太郎が 男に 頭を 殴られた」


話し手が持ち主のBに共感し、事態をBの視点か
ら捉える。
BがCを通して直接的・間接的にこうむった影響
まとめ

日本語の受身文




(直接受身文・間接受身文・持ち主の受身文)
話し手がある出来事から直接・間接に影響
をこうむったものに共感
その者の視点から出来事を捉え描写
話し手の主観的な事態の捉え方の表れ。
ダウンロード

に殴られた