オンラインストアのユーザビリティ
-注文しやすいサイト, Webデザイン-
永田研究室
仲田葉子
ユーザビリティとは
特定の利用状況において、特定のユーザーによって、あ
る製品が、指定された目標を達成するために用いられる
際の、有効さ、効率、ユーザーの満足度の度合い。
 Effectiveness (有効性):ユーザーが指定された目標
を達成する上での正確さ、完全性。
 Efficiency(効率):ユーザーが目標を達成する際に、
正確さと完全性に費やした資源。
 Satisfaction(満足度):製品を使用する際の、不快感
のなさ、及び肯定的な態度。
 Context of use(利用状況):ユーザー、仕事、装置
(ハードウェア、ソフトウェア及び資材)、並びに製品が
仕様される物理的及び社会的環境。
ユーザビリティ5原則
学習しやすさ

すぐに、そして簡単に使用することが可能
効率性

学習後は高い生産性を創出可能
記憶しやすさ

簡単に使い方を記憶することが可能
間違えにくさ

間違いを起こしにくく、また起こしても簡単に回復可能
主観的満足度

ユーザが満足できるよう楽しく利用することが可能
ユーザビリティ評価(1)
ヒューリスティック評価


ウェブ・ユーザビリティの専門家が、個々人の経験に
基づきウェブサイトの問題点を発見する。
一般的なユーザビリティのルールから逸脱している問
題点を広く探ることができる。
⇒ユーザビリティ評価を全く行っていないウェブサイト
に対してヒューリスティック評価を行うと、多くの問題
解決につながり、非常に効果的である。
ユーザビリティ評価(2)
ユーザビリティテスト
ターゲットユーザーに類似した被験者に、用意した課
題に従ってウェブサイトを使用してもらい、それぞれの
課題における被験者の言動やマウストラックにより、
問題点を探る手法。
 それぞれのウェブサイトで実際のユーザがどう行動す
るかといった固有の問題点を発見することができる
⇒ヒューリステッィク評価と比べると、より対象ウェブサ
イトに則した、深い問題を発見できる。

ユーザに聞くべきこと
主観的満足度

デザインが好きかどうかなどの主観的な意見。結果に
より、ウェブサイトがどの程度ユーザに受け入れられ
ているかを把握することができる。
使用状況

いつ、どういった状況で、どのくらいの頻度で使用して
いるか、また使用時に感じている不便さなど。
顕在化しているニーズ

「こういう機能があれば使うのに」といった顕在化して
いるニーズ。
ウェブユーザビリティの重要性
売上げ・会員数の損失


43%のユーザが、ユーザビリティ問題により、購買途
中で購買を諦めている。(クリエイティブグッド社)
ショッピングカートに入れられたものの内、65%は購
買に至らない。(The State of Online Retailing 3.0)
ブランド力の低下

欲しい情報がなかなか見つからない、買いたいものに
容易に到達できないなどの体験は、ユーザに対しスト
レスを与える。
⇒ウェブサイトのブランド力が低下。
広告効果
「TV広告効果の構造(電通調査・分析)」より
広告のあり方
消費者から見た広告


注目していない
不信感を持っている
注目される広告とは



インパクトの強い表現
訴求内容のわかりやすい表現
訴求点が絞り込まれていること
Web広告
バナー広告

サーチエンジンやニュースサイト等にGIF、GIFアニ
メーションを組み込む形態。
PopUp広告

Webサイトを開いた時に別ウィンドウで、広告が出る
形態。
メール広告

メールマガジンなどに、5行程度の広告文とURLを載
せておくものと、DM広告形態のものがある。
インスタントメッセンジャ広告

ICQなどのメッセージ送信画面に組み込む広告。
バナー広告
高クリック率のバナー






「Click Here!」
アニメーション
ブランド
頻繁なバナー素材の変更
ターゲットの心理状態を考えたメッセージ
軽い
メール広告
広告タイプ


メールマガジンやニュースメール等の記事の
間に5行手以後の広告を挿入するもの。
メールマガジン購読者の傾向に合わせて、あ
らかじめターゲットを絞った広告が送られる。
DMタイプ

広告のみが記載されたメール。
ダウンロード

Webのユーザビリティ -使いやすい、注文しやすいサイト-