第13章
消化管
一・消化管の一般構造
1.粘膜; 上皮
固有層:
粘膜筋板:
2.粘膜下組織:
3.筋層:
4.外膜:
(一)粘膜
1.上皮;
2.固有層;疎性CT 腺体
腸絨毛
リンパ
Cap・毛細リンパ管
3.粘膜筋層
(二)粘膜下層;食道腺・十二指腸腺
輪状ヒダ
神経叢
(三)筋層;
神経叢
4粘膜下組織
4食道腺
1上皮
2固有層
3粘膜筋
5内輪筋
6外膜
5外縦筋
食道Esophagus (HE)
二
茸状乳頭
有郭乳頭
暗調细胞
基底细胞
味 孔
明調细胞
糸状乳頭
味 蕾
有郭乳頭(HE)
circumvallated papilae
糸状と茸状乳頭(HE)
filiform and fungiform papillae
葉状乳頭味蕾(HE)
Foliate papillae-taste bud
舌葉状乳頭(HE)
Tongue foliate papillae
味孔
Taste pore
三・食道 Esophagus
1.粘膜:
上皮:非角化重層扁平上皮.
● 固有層:CT.
● 粘膜筋層:縦走平滑筋束.
●
2.粘膜下層:粘液性の食管腺.
3.筋層:内輪・外縦.上1/3:骨格筋.
中
4.外膜:線維膜.
间:混和.
下1/3:平滑筋.
4粘膜下組織
4食道腺
1上皮
2固有層
3粘膜筋
5内輪筋
6外膜
5外縦筋
食道Esophagus (HE)
食道(HE)
Esophagus
四・胃 Stomach
胃小区
胃小窩
胃
底
腺
胃
• 粘膜:
–単層円柱上皮:表面粘液細胞-Tig
ht
HCO3― .
–固有層:胃小窩,胃底腺
–粘膜筋層:内輪・外縦
• 粘膜下組織:
• 筋層:内斜,中輪,外縦.
• 外膜:.
胃底腺 fundic glands
位置:胃底・胃体の固有層.
腺頸部
構成:
1.主細胞(Chief C)
2.壁細胞(Parietal )
3.頸部粘液細胞
4.内分泌細胞
5.幹細胞
腺体部
腺底部
1.主细胞 Chief cells
胃底部に多い
• LM:
–円柱状;
–好塩基性;
–円形核、基底部.
–頂部に分泌顆粒-溶解して泡沫状.
• EM: 蛋白質分泌細胞の構造
–基底部の形質のmit. と rER ある;
–核上方にGol.;
–頂部の分泌顆粒ーPepsinogen.
• 機能:Pepsinogenを分泌-蛋白分解酵素原
主細胞
2.壁细胞 Parietal cells
腺頸部・体部
• LM:
–C大,円形・三角形.
–好酸性.
–円形核、中央に位置.
• EM
–迂曲した細胞内分泌細管と豊富な微絨毛.
–小管系;管状ないし小胞状の膜構造物.
–豊富なmit.
• 機能:塩酸 Pepsinogen
Pepsin
内因子
B12の吸収.
壁細胞
• 細胞内分泌細管と小管系の変換
小管の膜にH+ K+ ATPaseとCI-通路
静止期; 小管系
微絨毛が少、分泌細管閉口
分泌期; 小管系
微絨毛が長多い、分泌細管開口
3.頸部粘液細胞
少ない、頸部
• 楔状
• 扁平核 、基底部
• 上方に粘液顆粒
4.内分泌細胞
ECL Histamine- 塩酸の分泌
DC som
壁細胞、ECL抑制
GC 幽門腺 Gastrin 塩酸の分泌
5.幹細胞
粘液ーHCO3- 関門
Mucous HCO3- barrier
• 胃PH 0.9-1.5
粘膜表面の粘液層 0.25-0.5mm
役割;胃粘膜をPepsinから隔離
H+を中和
胃粘膜を保護
五・小腸
消化と吸収
十二指腸
空腸
回腸
輪状ヒダ
高い
上部に発
達
低い
腸絨毛
発達 葉状 発達 指
状
吸収細胞・ 杯状細胞
低い
細胞
パネート細胞等
ない
ない
粘膜下組織 ある
の腺体
リンパ小節 孤立リンパ 孤立リンパ バイエル板
小節
小節
小肠
十二指腸
small intestine
空腸
回腸
腸絨毛
輪状ヒダ
小腸 Small intestine
• 粘膜:
–上皮:単層円柱,吸收C+杯C.
–固有層:小腸腺・リンパ・中心乳糜管;
中心乳糜管;毛細リンパ管-脂肪の吸収
毛細血管洞;蛋白質の吸収
–粘膜筋層:内輪外縦.
絨毛:上皮と固有層が腸腔に向かって突起
表面積を拡大
中心
乳糜管
1小皮縁
平滑筋
2杯状C
1吸收C
毛细血管
小腸腺
5幹C
3パネート細胞
4内分泌C
• 粘膜下組織
–粘液性の12指腸腺,
–表面生长因子(EGF).
輪状ヒダ:粘膜層と粘膜下層の突起.
• 筋層:内輪外縦.
• 外膜:
絨毛
ヒダ
筋層
小腸絨毛
粘
膜
下
層
外膜
1.小腸腺
• 吸收C
• 杯状C
• 内分泌C
• 幹C
• パネートC
吸収細胞;多い
LM; 高い円柱、
基底部に長楕円形核、
管腔側面に小皮縁
EM; 小皮縁ー規則密生な微絨毛、表面に糖皮
滑面小胞体
C頂部に Tight結合
機能;消化と吸収
分泌 IgA分泌に参加
酵素の激活
微絨毛
(小皮縁)
• パネートC Paneth cell
– LM: 小腸腺の底部に位置.群居.
ピラミッド形、
頂上に粗大な好酸性顆粒.
– EM: 蛋白質分泌細胞.
–機能: Lysozyme-免疫機能
六・大腸
上皮
大腸腺(杯細胞)
固有層
粘膜筋層
大腸粘膜(HE)
大腸
Large intestine
• 粘膜:無絨毛,無輪状ヒダ
–単層円柱上皮: 大量杯状C.
–固有層: 大腸腺,無Paneth cell.
–粘膜筋層:
虫垂
•無絨毛,腸腺が少.
•固有層:大量LT.
消化管各部分粘膜区別(1)
食道
胃
小腸
大腸
粘膜
胃小窩
絨毛
表面
上皮 重層扁平 単層円柱 単層円柱 単層円柱
小皮縁 杯状C多
杯状C
消化管各部分粘膜区別(2)
食道
固 無腺体
有 無L小節
層
胃
胃腺
小腸
小腸腺
大腸
大腸腺
無L小節
L小節
L小節多
乳糜管
胃底腺:主,壁,頸部粘液,内分泌,幹C.
小肠腺:吸收,杯,パネート,内分泌,幹C.
大肠腺:吸收,杯,内分泌,幹C.
ダウンロード

固有層