二足歩行ロボットの設計・改良
~矢萩ゼミ~
ソ16026 高木 裕宣
ソ16037 久島 和樹
http://www.aomori-u.ac.jp/staff/yahagi/lab/CW_2006/takagi/
http://www.aomori-u.ac.jp/staff/yahagi/lab/CW_2006/hisajima/
~高木編~
テーマの目標
• 目標としたロボットは腰と腕を回すという設計
だったが、腰の部分の設計に想像以上の時
間がかかってしまったために、やむなく腕を回
すという構想は断念せざるをえなくなってし
まった。
製作物の説明
• 元のロボットは胸部と腹部がくっついて動作のリアリ
ティーが欠けていたので、胸部と腹部に分け、腰を
動かせるようにし、より人の動きに近いロボットを
作った。
アピールポイント
• 足の取り付け部分強度不足の解決
再設計:はじめに設計した左図のようなパーツでは、
強度不足を起こしたため、パーツの形を変更して
強度を上げた。
達成度
• 腰の部分の強度不足という予想外な出来事
により、腕を回すという構想を実現させる時間
がなかったのが残念だったが、その一つの失
敗のおかげでよりいいものを作ることができ
てよかった。
考察
• この作品をよりいいものにするためには、腕
を回すというのはもちろんの事だが、より人間
に近い動きを出来るように出来る限り関節や
回転などの機能を増やしたい。 そして、今度
は真のオリジナルを作りたい。
備考
• SolidWorksで部品の加工データを作り、デー
タをもとに加工機で作ってみると、出来上がっ
た部品は加工データと違い、穴の大きさや長
さに誤差があり、その修正がとても大変だっ
た。(原因は加工機で板金を削るドリルの太さ
ではないかと思われる。)
~久島編~
テーマの目標
• SolidWorksで再現した既存の二足歩行ロ
ボットを基にして、そのロボットがより細かい
動きが出来るように、関節を増やすこと。
製作物の説明
• 元の腕の間接部にモーターを一つ加えたことにより
自由度が増えた。
改良前
改良後
・問題点として、前期の発表で指摘されていた通り、腕を伸ばしたことにより
全体のバランスが少し悪くなったことが挙げられる。
アピールポイント
• 元の状態では出来なかった体の前で手の平
を水平にする行動がとれるようになった。
改良前
改良後
使用例
• 関節を増やし、手の平
を体と水平にすること
が出来るようになった
ことにより、体の前で物
を持つような行動が出
来るようになった。
達成度
• テーマ発表時に発表した内容は完璧にこな
せたと思う。
• 指摘されていた、腕を伸ばしたことによる全
体のバランスの変化が、予想より影響が少な
かったのが幸いした。
考察
• ロボットについてはまだまだ改良する余地もあり、ま
た今回の作業自体もそれほど難しいことは行わな
かったため、今回の作品に対する自己評価はあまり
高いものではない。
• 完成度を高めるためには他の人の意見や研究内容
などを積極的に取り入れていくことが必要になると
思う。
• 具体的に言うと、今回私が改良したのは腕の一部
分のみなので、体や足、腕にもまだまだ改良できる
余地があるということ。
ロボット動画
ダウンロード

PowerPoint