み
へび
巳(蛇)にまつわる百物語
ヘビ女房(にょうぼう)(日本)
むかしむかし、炭焼(すみや)きがしごとの
男がいました。
この男、心はやさしいのですが、やさしい
のですが、よめさんももらえぬほどの貧乏
(びんぼう)でした。
ある日のこと。
男が炭焼きがまに火を入れると、かま
ヘビ女房(日本)
1
のうしろから大きなヘビがはいだしてきまし
た。
「おっ、よく見かけるヘビだな。ああっ、かま
に近づいちゃ、あぶないじゃないか。ほれ、
あっちいけや」
男はヘビを、外の草むらに出してやりまし
た。
その夜、男の家に、美しいむすめがたずね
てきました。
「わたしは、あなたを山でよく見かけていまし
た。なんでもしますから、よめさ
2
ヘビ女房(日本)
んにしてください」
むすめをひと目見ただけで好きになった男
は、よろこんでいいました。
「ごらんのとおりの貧乏で、何もないが、それ
でもいいなら」
こうして、むすめは男のよめさんになった
のです。
よめさんは働き者で、くらしむきもだいぶよ
くなってきました。
男はとてもしあわせでした。
3
やがて、よめさんのおなかに子どもが
ヘビ女房(日本)
できました。
いよいよ生まれるというとき、よめさんは男
にいいました。
「いまから赤んぼうを生みますが、わたしが
よぶまでは、けっして部屋をのぞかないでく
ださい」
「わかった。やくそくする」
だけど、赤んぼうの泣き声が聞こえると、
男は思わず、戸のすきまから中をのぞいて
しまいました。
「あっ!」
4
ヘビ女房(日本)
男はビックリしました。
部屋いっぱいに大蛇(だいじゃ)がとぐろを
まき、そのまん中に、生まれたばかりの赤ん
ぼうをのせて、ペロペロとなめているのです。
人間にもどったよめさんは、赤んぼうをだ
いて出てくると、かなしそうにいいました。
「あれほど、見るなとたのんだのに・・・。わた
しは炭焼きがまの近くの池にすんでいたヘ
ビです。あなたが好き
5
ヘビ女房(日本)
でよめさんになりましたが、正体を見られた
からには、もう、いっしょにはいられません。
赤んぼうが乳をほしがったら、この玉をしゃ
ぶらせてください。わたしは山の池にもどり
ます」
よめさんは赤んぼうと水晶(すいしょう)のよ
うな玉をおくと、すがたをけしてしまいました。
男はとほうにくれましたが、赤んぼうは母
のくれた玉をしゃぶって、すくすくとそだちま
した。
6
ヘビ女房(日本)
「母親がいないのに、ふしぎなこともあるもん
だ」
玉の話はうわさになって、ついに殿(との)さ
まの耳にもとどきました。
「その玉をめしあげろ!」
玉は、殿さまにとりあげられてしまいました。
玉をとりあげられた子どもは、お腹が空
(す)いてなきさけびます。
男はこまりはて、子どもをだくと、よめさん
のいる山の池にいって声をかけました。
7
ヘビ女房(日本)
「ぼうのかあちゃんよう。どうか乳をやってく
れ。あの玉は殿さまにとられちまったんだ」
すると、よめさんがあらわれ、
「この子のなくのがいちばんせつない。・・・さ
あ、これをしゃぶらせてくだされ」
と、いい、またひとつ玉をくれると、スーッとき
えました。
玉をしゃぶった子どもは、たちまちなきやん
で、元気にわらいました。ところが、その玉も
また、殿さまにとりあげら
8
ヘビ女房(日本)
れてしまったのです。
お腹の空いた子どもは、またなきさけびま
す。
またまたこまった男は池にいき、ことのしだ
いを話しました。
すると、あらわれたよめさんは、かなしげに
目をふせて、
「じつは、あの玉はわたしの目玉だったので
す。ふたつともあげてしまいましたから、もう
玉はないのです」
「そ、それでは、目も見えないではない
9
ヘビ女房(日本)
か、ああ、むごいことをしてしまった」
男は、だいた子どもといっしょになきました。
それを見たよめさんは、
「ああ、いとしいあなたやこの子をなかせる
者は、ゆるさない。いまから仕返しをします。
さあはやく、もっと高いところへ行ってくださ
い。・・・この子のことは、たのみましたよ」
そういうと、よめさんは見る間に大蛇のす
がたになって、ザブン! と池にとびこみまし
た。
10
ヘビ女房(日本)
池の水が山のようにふくれあがり、まわりに
あふれだします。
男はわが子をかかえ、むちゅうで高い方へ
かけのぼりました。
のぼってのぼってふりかえると、池はふき
あげるように水をあふれさせ、ふもとのお城
まで流れていきます。
そして、あっという間に殿さまもろともお城
をのみこみ、どこかへおし流してしまいまし
た。
おしまい
福娘童話集許可転載<http://hukumusume.com/douwa/>
ヘビ女房(日本)
11
ダウンロード

ヘビ女房