超高速LANを擁した情報教育
システムの構築と管理・運用
○神村伸一,藤木澄義,香野俊一
東北文化学園大学 科学技術学部
発表内容
学内LANの構築経緯
学内LANの特徴/概要
情報教育システムの特徴
稼働後の諸問題
管理・運用体制について
技術的な問題点
まとめ
学内LANの構築経緯

情報システムワーキンググループ
– 情報科目の担当教員等12名,メーリングを主体に活動、
想定する授業形態と内容を前提に仕様策定

学内ネットワーク
– 基幹LAN技術の検討(FDDI, ATM, GbE)
– 基本サービスの検討(DNS,mail,Dialup等)
– LAN構成の検討(VLAN,経路制御,Firewall)

情報教育支援システム
– 140名規模の一斉授業、常時オープン利用
– 教育用端末と教育用ソフトウェアの検討
学内LANの特徴

ギガビットスイッチを核にした広帯域幅LAN
– 基幹LANは1Gbit/秒、支線LANは100Mbit/秒
– サーバー群はギガビットへ直結

VLANを利用した柔軟なLAN設計
– ギガビットスイッチのポート単位でVLANを設定
– プライベートアドレス172.16.0.0/16の利用で拡張が容易
– 経路制御はIPとAppleTalk

高度なネットワークセキュリティ
– ファイアウォール(FW)を設置し外部と内部を分離
– 内部から外部への接続はProxy、Socks経由
– PC端末はWindows NT4.0ワークステーションを採用

ネットワーク保守・管理面の負荷を軽減
– GUIのネットワーク管理専用端末を設置
学内LANの概要
Summit2
Giga bit Ethernet
ギガビット対応
エッジスイッチ
100Mbit/秒
コンピュータ
1Gbit/秒
センター
スイッチ
センター
スイッチ
ギガビット対応
エッジスイッチ
サーバー
センター
スイッチ
Summit1
ギガビット対応
エッジスイッチ
100/10M
スイッチ
情報教育システムの特徴

二つの学習形態をサポート
– 授業利用とオープン利用の環境を分離、PC機種を統一し
て授業と自習で同一の学習環境を実現
– 授業利用の環境の管理負荷を低減

ノート型PCをサポート
– プログラミング室、インターネット講義室、学生ホール
やラウンジへ情報コンセント&AC電源コンセントを設置

端末のPCはWindows NT 4.0 workstation
– 認証機構で不正利用を防止
– 安定動作が期待できる
情報教育システムの特徴(続き)

利用者IDとパスワードの一元管理
– NTドメインとUNIX(NIS)ドメインのパスワード同期
機構(*1)を採用、学生はIDとパスワードを一元管理

セキュリティを維持したホームフォルダ
– UNIXファイルサーバー上でSambaとAppleShare(*2)
を同時稼働
– どのPC(WindowsNT)からでも利用者毎のホームフォ
ルダを利用可能
– ノート型PCやMacintoshからの利用可能
(*1)Microsoft WindowsNT services for UNIX
(*2) TotalNET Advanced Server(TAS)5.2
WinNT-UNIXパスワード同期
NT Workstation
NT Server(PDC)
(1)
(2)
NT Service
for UNIX
password
(4)
(1)パスワード変更通知
(2)暗号パスワード通知
(3)status通知
(4)status通知
UNIX(NIS Server)
パスワード
同期daemon
(3)
パスワード更新
NIS-DB 更新
パスワード
File
NIS
DB
ntsv002
uxsv002
NTドメインとNISドメインの利用者IDを同一
にしておく
ホームフォルダ
ホームフォルダを提供するファイルサーバーuxsv005上で
SambaとTASを同時稼働することで...
Windowsから見たhomeフォルダ
Macintoshから見たhomeフォルダ
情報教育システム環境
授業利用
コンピュータ教室(PC 140台設置)
インターネット講義室(情報コンセント 96個)
オープン
利用
プログラミング室(情報コンセント 48個)
メディアセンター(PC 70台設置)
学生ホール&ラウンジ(情報コンセント 32個)
ダイヤルアップ環境( INS1500 )
コンピュータ教室の構成
NTserver(
PDC)
GbE
Switch(Center)
1000Mbps
GbE
Switch(Edge)
File Server(samba)
NT server(BDC)
10M
Switch
10M
Switch
10M
Switch
10M
Switch
10M
Switch
10M
Switch
10M
Switch
10M
Switch
10M
10MSwitch
Switch
100Mbps
ComputerRoom
PC x 140
Printer x 12
Printer
WinNT
WinNT
WinNT
WinNT
WinNT
稼働後の諸問題

学内LAN全体の管理・運用体制
– 旧情報システムWG一部のメンバーが柔軟に
対応(責任所在が不明確)、全学的に試行錯誤
– 6月中旬、大学と法人が一体となった暫定的
管理委員会を発足
– ベンダーSE1名を常駐体制で配置、技術的な
問題解決の実作業を担当
– 同委員会下の連絡会議という位置付けでメー
リングを中心に活動、技術面や管理面の問題
提起、運用方針等を議論(11/11現在で628通、
案件数200件)
稼働後の諸問題(続き)

技術面と思われる問題点
– GbEスイッチに関わる問題(ハード障害)
– WindowsNTの設定不良に関わる問題(システム
ポリシー、移動プロファイル、セキュリティ)
– WindowsNTサーバーとUNIXに関わる問題()
– UNIXに関わる問題(サーバーダウン)
– ソフトのインストールに関わる問題(起動不良)
– その他の問題(ディスク容量不足)
WinNT4.0の移動プロファイル
NT Server(PDC)
UNIX(File Server)
home
フォルダ
ユーザ プ
ロファイル
解放
コピー
保存
マウント
ntsv002
ログイン操作
ログオフ操作
uxsv005
password
個人環境の構築
(ディスクトップ環境)
NT 4.0Workstation
まとめ



ギガビット+UNIX+WindowsNT 環境への期待は大き
いが...
– 期待と現実の落差も大きい
WindowsNT-UNIXの混在環境の難しさ
– UNIX(簡単)とNT(複雑)のセキュリティの違い
– 大人数の一斉操作時に不安(移動プロファイルの問
題)
– 日々の運用が実験場
今後は?
– ノウハウの蓄積とWeb公開
ダウンロード

ギガビットイーサーを利用した学内情報システムの構築