資料4
国土交通省の環境政策について
社会資本整備審議会第8回総会及び
交通政策審議会第6回総会合同会議
平成20年6月27日
Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism
国土交通省の環境政策について
説明項目
・京都議定書目標達成計画の改定
・地球温暖化対策の強化
- 京都議定書目標達成に向けた取組
- 低炭素型の都市・地域づくり
- 低炭素型物流システムの構築
- 気候変動により増大する渇水リスク及び災害リスクへの適
応策
・「環境行動計画2008」(案)の概要
1
京都議定書目標達成計画の改定(平成20年3月28日閣議決定)
○2010年度の温室効果ガス排出量の見通し
(百万t-CO2)
1,359
(+7.7%)
温室効果ガスの排出抑制・吸収量の目標
排出抑制対策・施策の推進により、
基準年比▲0.8%~ ▲1.8%に
2010年度の排出量の目安(注)
エネルギー起源CO2
1,261
森林吸収源、京都メカ
ニズムを合わせて6%
削減約束を達成
1,186
(=基準年比▲6.0%)
基準年
2005
(確報値)
2010
※本年2月の産業構造審議会・中央環境審議会合同会合の
最終報告では、現行対策のみでは2,200~3,600万t-
CO2の不足が見込まれるものの、今後、各部門において、
各主体が、現行対策に加え、追加された対策・施策に全力
で取り組むことにより、約3,700万t-CO2以上の排出削
減効果が見込まれ、京都議定書の6%目標は達成し得ると
された。
基準年
総排出量比
百万t-CO2
1,076~1,089
+1.3%~+2.3%
産業部門
424~428
-4.6%~-4.3%
業務その他部門
208~210
+3.4%~+3.6%
家庭部門
138~141
+0.9%~+1.1%
運輸部門
240~243
+1.8%~+2.0%
66
-0.1%
エネルギー転換部門
非エネルギー起源CO2、CH4、N2O
代替フロン等3ガス
温室効果ガス排出量
132
-1.5%
31
-1.6%
1,239~1,252
-1.8%~-0.8%
(注)排出量の目安としては、対策が想定される最大の効
果を上げた場合と、想定される最小の場合を設けてい
る。当然ながら対策効果が最大となる場合を目指すも
のであるが、最小の場合でも京都議定書の目標を達成
できるよう目安を設けている。
温室効果ガスの削減に吸収源対策、京都メカニ
ズムを含め、京都議定書の6%削減約束の確実
な達成を図る
2
地球温暖化対策の強化(1)
~当面の取組~
京都議定書目標達成に向けた取組
1.基本的な考え方
・ 2006年度の我が国の温室効果ガスの総排出量が1990年(基準年)比で6.2%の増加となる中、京都議定書の6%削減約束の確実な達成に向
け、最大限の貢献ができるよう、評価・見直しプロセスを重視しながら、国土交通省の各分野の政策を推進する。
・ 2008年3月に全部改定された京都議定書目標達成計画では、自動車・道路交通対策、住宅・建築物対策、下水道施設の対策を強化。
2.具体的な取組み
(注)数値は2010年度のCO2排出削減・吸収見込量。
運輸部門
家庭部門・業務その他部門
トップランナー基準による自動
車の燃費改善
クリーンエネルギー自動車を
含む低公害車の普及促進
エコドライブの普及促進
バイオマス燃料 等
環状道路
等の幹線
道路ネッ
トワーク
の整備
等
高速道路の多様で弾力的な料
金施策
自動車交通需要の調整
ITSの推進
路上工事の縮減
ボトルネック踏切等の対策
住 宅
断熱性能の向上
空調設備等の効率化
約3,800万t
CO2削減
建築物
渋滞対策等
道路整備
自動車単体対策
及び走行形態の
環境配慮化
交通流対策
約400+α万t
約2,760~2,960万t
従来から進めてきてい
る施策であり、2010年
のCO2排出量算定の
前提
自動車・道路交通対策
その他
環境負荷の小さい交通体系の構築
物流の効率化
公共交通機関
の利用促進等
約1,750~1,860万t
約270~380万t
鉄道・航空の
エネルギー
消費効率の向上
約230万t
住宅:約930万t 建築物:約2,870万t
省エネ法による一定規模以上の住宅・建築物の新築・増改築、 大規
模修繕時等における省エネ措置の届出の義務付け等
住宅金融支援機構による証券化ローンの枠組みの活用
税制による支援
建築物総合環境性能評価システム(CASBEE)の開発・普及 等
下水道における新エネ・省エネ対策の
推進(下水道における資源・エネルギー
の有効利用、下水道施設のエネルギー
使用量の削減等)
約90万tCO2削減
一酸化二窒素対策
下水汚泥の高温燃焼(850℃)
約130万tCO2削減
温室効果ガス吸収源対策
トラック輸送の効率化
鉄道、海運へのモーダルシフト
国際海上コンテナ貨物の陸上輸送距
離削減
鉄道等新線の整備
既存鉄道・バスの利用促進
通勤交通マネジメント 等
都市緑化等の推進
約74万tCO2吸収
3
地球温暖化対策の強化(2)
~中長期的な取組①~
低炭素型の都市・地域づくり
1.基本的な考え方
・ 低炭素型の都市・地域づくりに向け、①集約型都市構造の実現、②住宅・建築物、都市施設、下水道、緑地など都市の構成要素の機能向上、③都
市内での環境負荷の小さい人流・物流システムの構築を統合的に推進する。
・ これらの施策は一定の広がりの中で、様々な利害を有する多様な主体の合意形成や協働を要し、また、ストックの更新には時間がかかることなど
から中長期的な視点で大きな効果を実現するよう取り組むことが必要であり、そのためにも現時点からの施策の推進が必要。
・ また、これらの施策は、地球温暖化の観点のみならず、中心市街地の活性化、高齢者の生活利便性の確保なども統合的に実現する観点から推進
すべきものである。
2.具体的な取組み
都市の構成要素の機能の向上
集約型都市構造の実現
○都市機能の適正な立地の確保
環境負荷の低い、既存ストック活用型・都市機能集
約型のまちづくりを実現するため、広域にわたる都市
構造に大きな影響を与える大規模集客施設等につい
て郊外における立地を抑制。
○中心市街地等の整備・活性化
中心市街地の整備・活性化により、病院、学校、文化
施設など、都市の重要な機能のまちなかへの集積を
促進し、にぎわいのある「歩いて暮らせるまち」を実現。
○都市・地域総合交通戦略の推進
LRTの整備、交通結節点の改善、徒歩・自転車によ
る移動環境の整備等の取組をパッケージで支援する
都市・地域総合交通戦略を推進することにより、地域
の公共交通の活性化・再生を促進。
連携
住宅・建築物
・「200年住宅」の推進
・住宅・建築物の省エネ性能の向上
・住宅・建築物に関する総合的な
環境性能評価手法(CASBEE)の
開発・普及
緑地
・都市緑化等の推進
・水と緑のネットワー
ク形成によるうるお
いあるまちづくり
連携
下水道
・下水道における資源エネ
ルギーの有効利用
・下水再生水の利用
低炭素型の人流・物流
システムの構築
人流
・環境的に持続可能な交通
(EST)の普及展開
・都市鉄道の利便増進
・LRTの導入促進
・自転車走行環境の整備
物流
・都市内物流の効率化
都市施設
・エネルギーの面的
利用の推進
低炭素型の都市・地域づくりの実現
・グリーン物流パートナーシップの
推進
4
地球温暖化対策の強化(3)
~中長期的な取組②~
低炭素型物流システムの構築
1.基本的な考え方
・ 物流を担う各交通モード(自動車、鉄道、船舶)ごとに低炭素化に向けた取り組みを促進するとともに、各モード間の接続の円滑化等を図る。
・ また、荷主、消費者等との連携の下、輸送全体を通じての交通モードの最適な選択・組み合わせを促進する。
・ 物流基盤については、当面は、既存ストックの能力が最大限に発揮されるよう、物流結節点の整備やボトルネックの解消に力点を置くこととする。
・ 長期的な観点から技術開発の動向も踏まえつつ、低炭素の次世代型物流システムのあり方を検討する必要がある。
・ 一連の取組みにより、低炭素社会が実現するとともに、経済の活性化、安心・安全の向上にも貢献することが期待される。
2.具体的な取り組み
Ⅰ サービス供給サイドの取組
モーダルシフトの推進
(1)各モード物流事業者による取り組みの促進
自動車部門
・陸上・海上の複合一貫輸送に対応した国内物流拠点の整備
船舶部門
・低公害車の普及・促進
・国際標準コンテナ車の通行支障区間の解消
・トラックのアイドリングストップ設備の普及促進
・トラック輸送の効率化
・スーパーエコシップ等の普及・促進
連携
・国際ターミナルの整備
・港湾における温室効果ガス削減の取組の推進
・船舶のアイドリングストップの推進
・交通流対策の推進
(2)結節機能の改善
・拠点的な空港・港湾へのアクセス道路整備
(3)流通業務の効率化
・流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律の活用
・3PL事業の促進
Ⅱ 荷主等関連事業者等との連携の強化
鉄道部門
(1)グリーン物流パートナーシップ会議を通じたプロジェクトの展開
・貨物列車長編成化のための基盤整備
(2)都市内物流の効率化
・荷主ニーズに応じた輸送品質の向上
Ⅲ 環境を優先した購入・調達の促進
(1)情報提供(「見える化」)の推進
・グリーン経営認証制度の普及・促進
(2)エコポイント/カーボンオフセットの導入促進
・エコレールマークの普及
・エコシップマークの創設・普及
・サプライチェーン全体の物流におけるCO2排出量の「見える化」の調査・検討
・グリーン物流パートナーシップ会議を通じたプロジェクトの展開
・カーボンオフセットの検討
低炭素型物流システムの構築
5
地球温暖化対策の強化(4)
~中長期的な取組③~
気候変動により増大する渇水リスク及び災害リスクへの適応策
1.基本的な考え方
・ 温室効果ガスの削減を中心とした温暖化の「緩和策」を行ったとしても気温の上昇は数世紀続くことから、温暖化に伴う様々な影響への「適応策」
を講じていくことが「緩和策」と同様に重要である。
・ 具体的には、
① 渇水リスクへの対応については、従前の量的な充足を優先する方策から、危機管理、質の重視、水環境への配慮、水資源の有効活用といった
観点から水資源を総合的にマネジメントする施策に転換する。
② 災害リスクへの対応については、激化する災害すべてを完全に防御することは難しいため、「犠牲者ゼロ」に向けた検討を進めるとともに、首都
圏のような中枢機能が集積している地域では、国家機能の麻痺を回避することなどへの重点的な対応に努め、被害の最小化を目指す。
・ また、これらの分野での我が国の技術力を活用した国際協力に積極的に取り組む。
2.具体的な取り組み
国際連携・協力
総合的な水資源マネジメント
渇
水
リ
ス
ク
へ
の
対
応
災
害
リ
ス
ク
へ
の
対
応
水を大切に使う社会の構築と
安定した水資源の確保
量と質の一体的マネ
ジメント
緊急時の水供給機能低
下への対応
・節水意識の高揚
・水利用の合理化
・既存ストックの積極的な活
用による合理的な水供給
・渇水調整の見直し
・未利用水の転用促進
・渇水時の一時融通に対す
る費用負担の促進
・総合的な水質改善
の推進
・安全な水質確保へ
の対応
・取排水系統を再編
する場合の課題に
ついての検討
・アセットマネジメントによる
施設の確実な機能確保
・リダンダンシーのある体制
の確保
・緊急時の機動的な水供給
体制の確立
・備蓄の推進
・セキュリティ対策の推進
地表水と地下水が一体と
なったマネジメントの推進
・緊急時の水源として
の適切な利用
・地下水マネジメント
の運用方策
・地下水マネジメント
の社会的合意形成
豊かな水環境
の保全・創出
・生態系への
配慮
・人と水の関
わりの回復、
水文化の保
存・創造
国際的な議論への参画
・世界水フォーラムを始めとした国際
的な会議への積極的参画
・流域単位の統合水資源管理
(IWRM)ガイドライン(仮称)の作成
・下水道分野の国際貢献
施設による適応策
地域づくりと一体となった適応策
危機管理対応を中心とした適応策
国際貢献の推進
・新規施設への整備
・既存施設の安全性の維持・
向上
・既存施設の徹底した活用
・流域における施設の整備
・総合的な土砂管理の推進
・氾濫しても被害の少ない地
域づくり
・土地利用の規制・誘導と一
体となった治水対策の推進
・まちづくりの新たな展開
・住まい方の工夫
・大規模災害への備えの充実
・新たなシナリオによるソフト
施策の推進
・洪水予報・土砂災害警戒情
報や水防警報の予警報等
の強化
・先進的な予測・評価技術や
情報技術の発信
・アジア・太平洋地域におい
て、予測・対策立案・実施
を支援
衛
星
等
に
よ
る
観
測
体
制
の
強
化
6
「環境行動計画2008」(案)の概要(1) ~基本的な考え方
~
環境政策をめぐる情勢と課題
地球規模の環境問題の深刻化
~地球温暖化の危機、資源の浪費による危機、
生態系の危機~
持続可能な社会の追究
~低炭素社会、循環型社会、自然共生社会~
基本とすべき4つの視点
(1)環境と経済・社会を統合的に向上させていく
(施策例)
・ 交通流対策
・ 物流の効率化
・ 「200年住宅」に向けた取組
・ 集約型都市構造の実現
(2)総合性・連携性を重視
(施策例)
・ 公共交通機関の利用促進や環境的に持続可能な
交通(EST)の普及展開
・ 下水道の高度処理化、干潟の再生や浮遊ゴミの
回収等を含む全国海の再生プロジェクト
(3)人や企業の行動に働きかける
(施策例)
・ 住宅・建築物に関する総合的な環境性能評価手法(CASB
EE)の開発・普及
・ エコレールマーク、エコシップマークの普及・促進
・ 環境教育の推進
(4)面的広がり・時間的広がりの視点を重視すべき
(施策例)
・ 気候変動に起因して増大する渇水リスク及び災害リスクへの
適応策
・ 海洋環境イニシアチブ
・ 地球温暖化対策の推進に寄与する監視・予測情報の提供
計画期間の設定(2008~2012)と定期的な点検の実施(※)
※次期「社会資本整備重点計画」及び次期物流施策大綱の内容を十分に反映
国土交通行政のグリーン化の
定着を目指す
7
「環境行動計画2008」(案)の概要(2)~今後推進すべき環境政策の「5つの柱」~
1.京都議定書の目標
達成に向けた取組
2.温暖化に対応した
社会の骨格づくり
1-1 環境に配慮したまち
づくり・公共交通
2-1 低炭素型の都市・地域
づくり
○公共交通機関の利用促進
○エネルギーの面的利用
○鉄道のエネルギー消費効率の向上
○航空のエネルギー消費効率の向上
●集約型都市構造の実現
●地区・街区レベルの包括的な都市環境
対策の推進
●住宅の寿命を延ばす「200年住宅」
に向けた取り組み
1-2 自動車単体対策
○低公害車普及/次世代低公害車
開発・実用化の促進
○自動車の燃費の改善
1-3 交通流対策
○交通流対策
1-4 物流の効率化
2-2 低炭素型の交通・物流
システムの構築
○環境的に持続可能な交通(EST)の
普及展開
●港湾における温室効果ガス削減に向
けた取組の推進
2-3 気候変動への適応策
○鉄道貨物輸送へのモーダルシフトの促進
○国際貨物の陸上輸送距離削減
○グリーン物流パートナーシップ会議を通
じた支援
●水資源の総合的なマネジメントの推進
●気候変動に伴う災害リスク増大への対
応
1-5 住宅・建築物の省エネ
性能の向上
3.負の遺産の一掃と健全
○住宅・建築物の省エネ性能の向上
な国土に向けた取組
1-6 下水道施設における対策 3-1 水質汚染対策
○下水道における省エネ・新エネ対策
○下水道におけるN2O削減対策
1-7 温室効果ガス吸収源対策
○都市緑化等の推進
1-8 新エネルギー・新技術の
活用等による先導的取組
○官庁施設のグリーン化等の先導的取組
●ITを活用した環境負荷低減(グリーン
IT)への取組
○下水道の整備による水質改善
3-2 大気質対策・騒音対策
○沿道環境対策
3-3 ヒートアイランド対策
○屋上等の緑化の推進
3-4 水循環系の再構築
●河川における水量・水質の一体管理
○総合的な土砂管理の取組の推進
3-5 自然共生と生物多様性
の保全
○水と緑のネットワーク形成によるうる
おいあるまちづくり
○国営公園を拠点とした環境配慮行動の
推進
○多自然川づくり
3-6 海洋・沿岸域環境の
保全・再生
○全国海の再生プロジェクト
○良好な海域環境の保全・再生・創出
○漂流・漂着ゴミ対策
3-7 環境に配慮した事業
計画・実施
○計画策定プロセスにおける環境の
内在化
4.環境を優先した選択
の支援・促進
4-1 ライフスタイル・ビジネス
スタイルの変革
○環境教育の推進
○自主行動計画のフォローアップ
○政府実行計画等の着実な実施
●サプライチェーン(SC)物流環境ディ
スクロージャー調査
●環境負荷の「見える化」の推進
4-2 循環型の経済社会シ
ステムの構築
○建設リサイクルの推進
○下水道資源の有効利用の推進
○リサイクルポート高度化プロジェクト
の実施
○海面処分場の計画的な整備の推進
5.地球環境時代の技術
開発・国際貢献
5-1 技術開発の推進・支援
●海洋環境イニシアティブ
~海の10モードの開発等国際海運
からのCO2排出削減の総合対策~
5-2 調査・観測・分析・情報
提供の推進
●地球温暖化対策の推進に寄与する監
視・予測情報の提供
○地球地図などの広域環境地理情報の
整備による国際貢献
5-3 交通分野の国際貢献
●交通分野における国際連携の強化に
向けたイニシアティブの発揮
●国際航空分野の次期枠組み策定に向
けた貢献
5-4 水分野の国際貢献
●下水道分野における国際貢献の推進
○世界水フォーラムを始めとする国際
的な議論への参画
●気候変動による水災害適応策につい
ての国際貢献
5-5 海洋・沿岸域分野の国
際貢献
○東アジア海域環境管理パートナー
シップ(PEMSEA)への貢献
※●については、新規性の高い取組
8
ダウンロード

国土交通省の環境政策について(PPT形式:226KB)