XKP概説
マイクロソフトの産業別
標準化活動の取り組み
1998年 5月25日
Windows NT漢字処理技術協議会
代表幹事
マイクロソフト株式会社
インダストリーマーケティング部
部長 永久 茂
[email protected]
PCビジネス 成功の法則
低価格化
-サクセスループ-
市場の拡大
ソフトの多様化
CD-ROM・
パソコン通信
技術革新
Microsoftの
重要な資産
研究開発


強力な製品群
技術支援
優秀なパートナー
強力なプラットフォーム製品群
技術力の高い
パートナー
クライアントサーバーシステム
開発の標準テクノロジー
Win32®



すべてのプラットフォームに共通
充実した開発ツール
充実したアプリケーション
OLE/COM/ActiveX




コンポーネントベース開発
分散オブジェクト環境
充実した対応アプリケーションや部品群
開発コラボレーション
マイクロソフトの産業別標準化
(業務専用装置から開発手法の標準化まで)
業種
分野
基本技術
団体名
ATM
WOSA/XFS
日本WOSA/XFS協議会
株式情報端末
OLE for RTMD等
オープンマーケットデータ協議会
POS
OLE for Retail POS
OLE POS技術協議会
店舗システム
ActiveStore Architecture
ActiveStore研究会
3D Modeling
OLE for Design & Modeling
デザイン・アンド・モデリング技術協議会
計測制御
OLE for Process Control
日本OPC協議会
地方自治体
拡張漢字
OLE for XKP
Windows NT 漢字処理技術協議会
会計事務所
会計
ActiveX Accounting
ActiveX 財務会計研究会
テラーマシン
金融
流通
製造
PCによる拡張漢字処理標準化
OLE for eXtended Kanji Processing (XKP)
漢字不足の問題点
 特に地方自治体システム等では、多くの
外字を必要としていた。
Shift JISの利用可能漢字数
JIS第一水準
.... 2965文字
JIS第二水準
.... 3390文字
非漢字
.... 524文字
外字
.... 1880文字
合計
8759文字
人名漢字利用の面で不足する。
何が利用できるか
Windows NTではUnicodeを使用している。
UnicodeはJIS第一水準、第二水準、補助漢字さらに、
PUA(Private User Area)領域として6400文字を持つ。
Shift-JISを利用するよりも多くの漢字を
使用することができる。
しかし、現時点でUnicodeを表示できるアプリケーションが
存在しない。
特殊な方式を検討する必要がある。
Unicodeとは?
Unicodeとは?
16ビット文字コード体系
Unicode 1.1 = ISO/IEC 10646-1:1993 UCS
1995年 JIS X 0221がUCS2を採用
UCS4
群
面
群00/面00
区
点
BMP(基本多言語面)=UCS2
=
Unicode
Windows

®
NT 漢字処理技術協議会
Windows NT®漢字処理技術協議会
(XKP)




1995年4月21日設立
会員数 116社 (1998年4月3日現在)
組織
代表幹事 マイクロソフト
普及部会会長 イースト
協議会ホームページ
http://www.xkp.or.jp/
XKPとは
 Extended
 Windows
Kanji Processingの略
NT漢字処理技術協議会で
討議される仕様についての略称
協議会活動状況

現在までの活動状況





1995.8 XKP仕様書1.0版制定
1996.7 XKP仕様書2.0版制定
〃
XKP SDK説明書&技術解説書
1997.10 ホームページ(www.xkp.or.jp/)開設
1998.3 XKP仕様書2.1版制定
1998.5 XKP最新動向セミナー
XKP 仕様第1.0版
1995年8月22日制定
文字利用範囲の拡大
内字 : SJIS + 漢字5801字ほか
外字 : 1880文字
→ 6400文字
外字管理方法の定義
外字処理ライブラリおよび、インタフェースの定義
表示OCX
Shift-JISアプリケーションにUnicode表示させる
単一ユーザモデル上での実証モデル
XKP仕様 第2.0版
 1996年7月4日制定
 外字の利用数の増加
 6400文字を超える文字の利用が可能
(理論上20億文字以上)
 外字交換が可能
 交換フォーマットの定義
 UDCサイト間での外字交換が可能
 対象OS:Windows
NT 3.51
XKP仕様 第2.1版
 1998年3月6日制定
 対象OS:Windows
NT 4.0
 XKP仕様2.0版のリファイン
 より実装に留意した仕様へ
XKP技術解説書

XKP実装に関する技術的な補足解説

UDC Serverの考え方と実装手段

UDCツール(UDC管理ツール)

漢字検索部品(部首検索部品等)一覧

XKP-OCX作成例・技術的問題点/解決法

漢字検索システムに関するガイドライン
XKP仕様概要
管理ツール
IME
OCX
GDI
UDCServer
(XKPCORE.DLL)
外字FONT
内字FONT
IME
 何が異なるか?
 IMEプライベート領域の使用法を規定
データ構造体の拡張
 COMPOSITIONSTRING構造体の拡張
標準IMEインタフェースにおいて、確定/未確定
文字列情報を交換するための構造体を拡張し
IME-OCX間の情報交換を行なっている。
IME
UDCServer
(XKPCORE.DLL)
OCX
GDI
外字FONT 内字FONT
IME
多言語IME仕様
効率的な漢字検索手段の提供
XKPOCX
 何を行なうか?
Unicode文字列の表示
OCX上に表示される文字列入力上の制御
(キーボード入力)
IME
UDCServer
(XKPCORE.DLL)
OCX
GDI
外字FONT 内字FONT
UDCServer
 何を行うのか?
UDC(User Defined Character:外字)の管理
6400文字を超えるUDCの管理
同一のUDCを利用する 複数クライアント間での
UDC集中管理
UDCのPUA領域へのマッピング
UDCの入力補助情報の管理
IME
UDCServer
(XKPCORE.DLL)
OCX
GDI
外字FONT 内字FONT
普及状況
XKP準拠製品
現在までにリリースされ協議会登録されている製品
 イースト・・・KanjiLink XKP
 バックス・・・VJE-Delta for Windows/XKP
VJE-Delta for Unicode/XKP(フォントセット付き)
 日本ユニシス・・・UNICETUSシリーズ
 NTTデータ通信・・・INFRATAC外字管理システム
 日立製作所 ・・
・ XKP対応自治体向け個別業務アプリケーション
・ 証明書自動交付システム(日立コミュニティ・ステーション)
XKP導入ユーザ
千葉県柏市など10数個所
今後の活動
今後の活動
XKPソリューション推進
エンドユーザへのXKP導入を推進
各種プロダクトへの展開
OS、ユーティリティへのXKP対応の促進
参考文献
「漢字文化とコンピュータ」
伊藤 英俊著,1996 中公PC新書
「MSインダストリーソリューションレビュー」
伊藤氏の寄稿記事連載
「JIS漢字字典」 芝野 耕司著,
1997 日本規格協会
「日本語情報処理」 Ken Lunde, 1993
O’Reilly & Associates,Inc
「日本語情報処理」 Ken Lunde 著,
春遍雀來, 鈴木 武生訳,1996,ソフトバンク
Microsoft Industry Solutions Review
金融業
vol.1 ’97.1
vol.2 ’97.7
vol.3 ’97.12
公共サービス業
vol.1 ’97.6
vol.2 ’97.11
vol.3 ’98.3
製造業
vol.1 ’97.10
流通サービス業
vol.1 ’97.1
vol.2 ’98.3
MSKK Industry Solutions Web
http://www.microsoft.com/Japan
/Partners/Industry
ダウンロード

XKP協議会の活動概要